2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

医療

2014年12月24日 (水)

【歩くメディア】"生命政治"炸裂する日本国! "インフルエンザ怖い怖いキャンペーン"始動中! … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!105

20141224_231851

12月24日(水)。sun

今日は、西洋社会を席巻している神様の誕生を祝うお祭り。
何を間違ったか、このプランテーション日本国では、経済と結びついた、冬の一大イベントになって久しい。

今や、大方の国民にとって疫病神となった"アベノリスク"により、世のお父さん、お母さんは、かなり厳しい日常を生きなければならないうえに、子供たちのためにと、実は、回り回って何のことは無い、グローバル大企業に可処分所得の一部が消えて行くのである。

何年か前、そう、ネットが繋がり、肌感覚で"なんか、おかしい…"っと思っていた様々な疑問を検索し、自分なりに調べて行くうちに、この、割と抵抗無く、それなりに楽しんでいた"クリスマス"という行事が、植民地政策の一貫であると、はたと気づいた時点で、全く熱が冷めたのである。

ふぅ〜〜〜 (- -)

一旦、マインドコントロールのスイッチを切れると、辺りがとたんに異なる世界を見せ始め、はっきり言って、正気を保つのがとても困難な状態に陥ったのだけど、何とか、社会と折り合いを付け、生きてきた。

そして、植民地返上なるかの、"無血の革命"と言える、09年の政権交代が、権力の暴走により跡形も無く粉砕され、国民主権が絵に描いた餅であることを目の当たりにし、続く、3.11により、日本国のコッカという本性が丸見えになってからは、こうして、発狂状態で、自分の脳をなだめるために、時々、キーボードを叩いているのだが…、

政治とは、つまり、1%の資本家のために存在し、国民の側には既になく、国民に悲惨で過酷な現実を強いる制度作りが今や政治なのだ。

そのためになら、国民を騙すことは当たり前。
メディアを駆使し、自分たちの望む世界にするために、国民を縛る法律を大量に創り出し、支配を完璧なものに近づけて行く。

これが、プランテーション日本国の、コッカ権力の正体!

ふぅ〜〜〜〜〜。

こうやって、書き出すと、妄想はとりとめも無く続いて行く。

さて、先週の金曜日、早朝の新幹線の車内で流れていた、テロップの記事。

インフルエンザが昨年よりも早い段階で流行している!
っという、"インフル怖い怖いキャンペーン"が開始!されたようです。

天下の犬HKさまもしっかり報じています。例のごとく、1週間もすると削除されてしまうので、ここに転載しますね。

20141224_142241

【東京都がインフルエンザ流行注意報】
12月18日 21時25分
東京都内のインフルエンザの患者が今月に入って急激に増えていて都は今後、大きな流行が起きるおそれがあるとして18日、インフルエンザの「流行注意報」を出して手洗いやうがいなどの予防に努めるよう呼びかけています。

20141224_142122

東京都によりますと今月14日までの1週間に都内の419の医療機関から報告されたインフルエンザの患者は1つの施設当たり10.1人になりました。

20141224_142112

これは、前の週の5.8人のおよそ2倍に急増していて、都は今後、4週間以内に大きな流行が起きるおそれがあるとして18日、インフルエンザの「流行注意報」を出しました。

20141224_142207_2

都内に「流行注意報」が出るのは去年より1か月ほど早いということです。
流行しているのは「A香港型」で9歳以下の子どもが半数近くを占めています。また都内では今月14日までに延べ346の幼稚園や学校で学級閉鎖などの措置を取っていて去年の同じ時期の8倍以上に上っているということです。都は手洗いやうがいのほか、部屋の換気なども行って、予防に努めるとともにせきやくしゃみが出る場合はマスクを着用するよう呼びかけています。


まぁ、これは、コッカ権力が支配される側の国民をコントロールするために、
"命・健康"を人質に取った"生命政治"という政治技法の上に行われていることなんだけど…、

フランスの哲学者フーコーが解明しようとした、この"生命政治論"は、今や、厳然たる事実としてリアルに行われているコッカの統治の方法なのだ。
*フーコーの"biopolitique" を "生命政治"と訳したのは、哲学者の船木亨氏である。

ようは、直接、暴力による支配ではなく、"科学"っと呼ばれる「知」を通じて、医者や研究者などの権威や地位や名声のあるニンゲンが社会の至る所に配置され、"権力"と意識されないままに国民を監視し、支配するという、政治手法。

この発狂ブログでことあるごとに、地球を牛耳る悪魔の哲学"優生学"に触れているのだけど、まさに、この優生学的思想の上に創られた支配の装置と私【歩くメディア】的には理解している。

結果、国家予算の半分近くをも費やすことになる、膨大な医療費が物語るように、国民は、自ら進んで、自分の命を権力に委ね、支配されることを望むようになる。

例えば、血圧。
少し、血圧が上がっただけで、"権力"の門を叩き、薬を貰う。
科学的根拠とされた高血圧の基準値は、しかし、権力の都合で時として変更されたりもするが、この点について、もう然程(さほど)気にする国民はいないようになっている。

そして、犬HKさまで報じたインフルエンザ。
この時期決まって、生命政治の要である洗脳箱を介し、喧伝される
"インフル怖い怖いキャンペーン!
ワクチン接種をすれば、インフルエンザに疾患することなく、健康に過ごせると、信じて疑わない国民がほとんどであるが、

実は、全くワクチンの効力など無く、効かないどころか、むしろ命取りになりかねない危ない代物なのです。

この"ステルス権力"である"生命政治"は、病気になるかもしれないっという、漠然とした不安が強迫観念となって、あらゆる病種にぴったり寄り添って、威力を発揮し、国民を支配する。

世界の国々も似たり寄ったり。
世界保健機構(WHO)の旗のもとに、稼働される"生命政治"なのであるから、
コッカを支配する構造 = 世界民を支配する構造 なのである。


そんな現代社会で、自分が自分であるために、誰にも支配されないために市民的不服従の精神を忘れること無く生きて行こう。

そして、支配されないでいる人々が増えれば、もしかしたら、民主主義が機能する世界になるかもしれない。


ときどき、ご紹介する 鍼灸師の今村光臣氏のブログ"養生法の探求"より、
インフルエンザについての記事【会話シリーズ (インフルエンザ 3)】を転載させていただきます。
インフルワクチンがどんなに効力がないか、お分かりいただけると思う。
そして、"生命政治"について、一考していただければと切に願います。

【会話シリーズ(インフルエンザ 3)】


「M子さんさぁ、インフルエンザ予防接種に予防効果なし、というデータは実は日本にあるんだよ


「えっ、マジで?でも何でアタシたちはそれ知らないの!この前振りはまさかまた先生の得意分野であるメディアが隠蔽してるとかそういう陰謀系のネタになちゃうの?(笑)」


「なっちゃうかもね(笑)、まあね年1回まじめに定期健診を受けても死亡率が下がるわけでもないし、その検査自体で健康になるわけでもないし、年1定期健診に予防効果や延命効果はまったく無いのは欧米での10年から20年かけた疫学的調査ですでに白黒ついた問題でね、学会や国が定期健診を勧めてはイケナイ!がもうグローバルスタンダードなんだよね。つまり世界の常識は、定期健診は無効である、なの。やたらとグローバル化を喧伝するわが国のメディアもこの部分だけはなぜかドメスティックにこだわってるんだよね。何か笑っちゃうよね、不思議、不思議って。でも不思議でも何でもない。ようは病気を発見すればカネモウケに結びつくから定期健診はハゲタカ産業である医療の供給側にとっては有効だというだけのはなしだね。受給側には無効でもね。いや無効どころか有害ですらある。前にも言った衝撃的なデータを見せつけたチェコレポートね、あのチェコスロバキアでの疫学的調査、肺ガン検診における胸部X線検査がもたらす外部被曝が逆に肺ガンを増やしているという調査結果が隠蔽されてきたことを見てもわかるけど、国民を覚醒させてしまうような真実の情報は常に隠蔽されるようになってるからさ、M子さんの目に触れないのは当たり前なの」


「じゃあ、何で先生だけはそうやって知ってるわけ?ずるいじゃん!」


「だって図書館に行けばさ、色んな本があるでしょ?その中にはちゃんとそういうネタ満載の本があるの。それをツラツラ覗けばね、このブログ書くネタくらいは揃えられるよ。でもそこからその情報を咀嚼して自分のものにできるかどうかってことになると、それなりの素養が必要になるかもね。基本の医学的知識もそうだけど、やっぱ実践だね。ヒトの身体を触る日々が新たな思索や洞察を生むわけなんだ。そういう意味ではM子さんの肉体も十分に貢献してると言える」


「肉体なんてイヤラシイじゃない(笑)でも貢献してる見返りのフィードバックがこういう新鮮で衝撃的な情報開示なんだから決して見返りはショボくないよね、っていうかリッチな報酬がもらえてる気がする」


「何がリッチかって言うとオレは真実を知ることほどリッチな事はないと思うし、けっこうエキサイティングだよね、真相を探るってのは。だから探求ってのは一種の快楽かもしれないね。快楽ホルモンであるβエンドルフィンが分泌してるかもね、脳じゃなくて皮膚や小腸に(笑)」


「話しを元に戻さしてもらうけどさ(笑)、インフルエンザワクチンにまったく予防効果がない、の根拠となるデータって?


「勝手に
前橋レポートと呼ばしてもらうけどさ、今から30年以上前の話なんだけどね、群馬県前橋市医師会はその頃熱心に予防医学を推進していてね、インフルエンザワクチンの接種も熱心に推奨していたんだって。でもいくらインフルエンザの予防接種を励行しても毎年のインフルエンザ罹患率に差がないことがわかってきたの。で、その有効性に疑問符が付きだした頃の1979年に接種した子がけいれんを起こして重度の障害が残るという事例が発生してしまったんだって。これがワクチン接種の作用ではないかという事で接種の中止が決まったそうだよ。でも前橋市医師会は中止するだけでなく、中止した後の1981年から5年間でインフル罹患率に変化があるかちゃんと追跡調査をしてくれたんだよ。これが世界に誇る貴重な研究データとなったというわけ」


「それでどうだったの?追跡調査の結果は?」


「インフルエンザワクチンを集団接種したり任意で接種した市とそうでない市を比較するとインフルエンザで学校を欠席した子の数にはまったく変化が見られない、また学校単位で比較した場合もワクチン接種した学校とそうでない学校でのインフル罹患による欠席率に変化なし、と判明したんだ。実に興味深い事実でしょ?でもこういういい情報が一般化しないってのはやっぱり陰謀だと思うけどね。ほら原発がらみなんてみんなこういう手合いじゃん。都合の悪い情報は隠蔽するか捏造するかカモフラージュするか御用学者がヘンチクリンな事言って煙に巻くというパターンね。おんなじなんだよね、医療ムラもさ。だって大元は一緒だもん。世界医薬産業ってのは世界原爆原発産業と同じ穴のムジナ。世界の支配構造はそうなっているからね」


「だいたいいつもそこへと話しが収斂するのはお約束(笑)でもじゃあさ、ワクチンの弊害とか有効性に疑問符がありながら日本では子宮頸ガンワクチンほか3種の定期接種がもう決まっちゃったじゃない。これってものすごい強引な手法だよね」


「まさにショックドクトリンだよね。こういう混乱期に乗じて法案を可決するのが惨事便乗型のやり口でね。大規模災害やテロで国民がポカン、くちアングリ、ぼんやり放心状態の時ほど強引な手法はやりやすいということだろうね。だって既にみんな被曝してね、軽い認知症状態だからさ。笑ってるけど、冗談じゃないんだよ」


「先生が真顔で言うと逆に冗談にしか聞こえないよ(笑)」


「まあね、この顔で深刻な事話されても信憑性がない事は確かかもね(笑)まあいいや、それでさ、結局はインフルエンザワクチンをいまだに打たせようとする政府やメディアや厚労省なんかの思惑に乗せられないで、風邪封じの養生法に徹すればもちろんインフルエンザワクチンは打たなくてオッケーってことを言いたいわけ。A型のインフルエンザが怖いって言ってもね、これは治りは早いそうだよ。インフルエンザ脳症なんて言葉がひとり歩きして恐怖心を煽っているんだけど、むしろ抗インフルエンザ薬の副作用の方が怖いくらいというか、この薬の副作用で脳症になることもあるんだって。なんだか訳がわかんねぇよね。ようはインフルエンザは怖くない、が真相なんだろうね。そんなことが一般化したら予防接種を受ける人がいなくなっちゃう。それじゃあワクチンと抗インフル薬で儲けたいハゲタカ様は頭を抱えるしかなくなる。だからインフル怖いワクチン打て一大キャンペーンが繰り広げられてきたと見なせるね」


「なぁ〜る。まあそんなとこだろうね、ってアタシがまとめちゃったよ。これで安心してインフルエンザワクチン打たないで済むわってアタシも小学生以来打ってないけど、インフルエンザには罹ってないもんね。あとは普通の風邪だけ制覇すれば万病を封じ込めることができそうね」


「普通の風邪の原因ウイルスのライノウイルスも100種類くらい棲息してるんだって。だから言ってみればウイルスとも共生してるんだよね。でも共生関係が破綻すると異常に増殖して悪さをするってことなんだと思うよ。悪さっていうかそれは自然の成せるワザであるわけでさ、増殖環境を与えたのはこっちの自己責任だから結局は自分のせいで風邪をひくということになるね。医療の根幹は身体自治である、という結論に到達したね」


「なんか真面目なシメでつまんない(笑)」

(転載終了)

m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。体も心も独立自治!がいいね。)

身体充電中!

20141224_231953

2014年11月 4日 (火)

【歩くメディア】"医道乱るれば国乱る" そして、滅ぶ!4 ・・・プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!100

20141104_222123今日は11月4日(火)。sun

霜月に入り、もう4日目。
朝からよいお天気でした。
夕焼けはまた格別で、お月様も、富士山もきれい。

夕焼け小焼け、という童謡を思い出す。

この歌は、関東大震災のあった大正12年に発表された歌なのだけど、ちょうど楽譜が世に出る準備を整えたときに、震災が起こり、版もろともすべて灰になってしまったのだそうだ。

けれど、作曲者や作詞者の関係者に渡っていた13部の楽譜が残り、その後、だんだんと広まっていった惨禍をくぐり抜けた歌だ。

お寺の鐘を描写したピアノの前奏がついていて、この鐘の音の始まりが、歌う者や聴く者を時空を飛び越え、約100年前の、遠く山寺の鐘が響く、秋の夕暮れ時に、運んでくれるから不思議である。

夕焼け小焼けて 日が暮れて山のお寺の 鐘が鳴る

お手てつないで 皆帰ろうからすと一緒に 帰りましょう

子供が帰った あとからはまあるい大きな お月様

小鳥が夢を みる頃は空にはキラキラ 金の星

20141104_222211 古き良き失われた時代の日本の美しい情景が描かれている童謡・唱歌が私は好きだ。

もしも、100年前に時計の針を戻すことができるのなら、全てを滅びに導く、核文明の出現を許す、一握りのニンゲンがその他の人を含む地球丸ごとを支配することが前提である優生学を、人類自らが捨て去り、宇宙の法則、自然の摂理に沿った、あらゆる命との共生を旨とする、人類史を築きたい。

ふぅ〜〜〜。

今頃、どんな地球になっていたことか?
 
:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・: maple :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ、久しぶりに"プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!"です。

ちょうど2年前より、この発狂拙ブログを週2、3回のペースで書き記すようになって、しばらくして勝手に名付けて始めたシリーズなのですが、この記事で記念すべき、100回を数えました!bell

誰も盛り上げてくださらないので、自分でテンションをあげておりますが、まぁ、ようは、悲しいかな、100回も数えるぐらい、このプランテーション日本国の狂いっぷりが凄まじいということで、なんにも、愉快なことではないってこと・・・。
それでね、もう本当にこの国の国会は、空虚な"政治ごっこ"のショーに成り下がっていて、国民のことなど微塵も考えることなどなく、山王ホテルで毎月2回行われる、霞ヶ関の省庁2トップの官僚様と宗主国米帝の植民地管理者様とで"日米合同会議"なる、"影の政府"であり、"実の政府"で、日本国民の末路は着々と決定されているのである。

20141104_233939_2 だから、それが証拠に、川内原発再稼働も、この国民が注目する原発の名前さえ、"せんだい"と正しく読めずに"かわうち"と真顔で声にする輩が所轄の大臣になって憚ることなく、そもそも、この輩は利益相反行為にあたる東電株を保有しているのであるから、大臣の職などに就ける資格はなく、壷売腹痛総理の任命責任を問われるとともに、存在してはいけない大臣なのである。

ふぅ〜〜〜。

終わってますよ! 本当に、この日本国は。

この、法を犯した罪人が、大臣で居続ける発狂した状態を許している第一の原因は、このプランテーションには、ジャーナリズムが死滅して存在していないってこと!

問題でしょ、中性中立の立場にない、完全に原子力村の回し者なんだからさ!

そして、何をされても、不感症の、大人しい羊のような国民。

12月10日が近づいている。目を覆われ、口を塞がれ、耳に栓をされることになるだろう。 大本営発表のみの、虚構のコッカに押し込められる日本国民。

このままでいいんですか?
いいわけないよね。 

これはね、もう、形の違う、戦争なんだよ。 わかるでしょ? 

3.11が起こり、フクイチ原発4基爆発してから、一時も止まることなく垂れ流され続けている放射能各種の、目に見えないミクロの核爆弾に、日本国民はず〜っと曝され続けているってこと!


"直ちに健康に影響はない"、"全国放射能瓦礫拡散"、"食べて応援!"
20141104_184644
奴らは、じわじわと、自国民を殺してる最中なんだよね。

本当のことをいくら隠そうとコッカが躍起になっても、焼き場が混雑して、遺体安置ホテル業が繁盛するって事実は隠せない。これからが、国民ジュノサイドの本番なんだよ。

だから、本当に発狂した国に生きていることを自覚して、どうにか、生き延びるしかない!

で、時々、このブログでご紹介している、3.11以降、内部被曝に言及し、タブーも恐れず、精力的に情報発信している鍼灸師 今村光臣氏のブログ"養生法の探求"を是非、今一度お読みいただければと思います。
というのも、ほら、発狂しているコッカだからね、宗主国が9.11直後にどさくさ紛れで作った"愛国者法"で個人ブログやサイトを言論封鎖したように、同じ憂き目に遭う可能性大だから・・・。

ご来訪の、奇特な方は決して多くはない、この発狂拙ブログでさえ(自分ではね、こんな憂国のブログはない!っと勝手に思っているんだけど…)、何故か、"反日左翼ブログリスト"にエントリーされているという…、
何をもって反日なのか!?   誠に倒錯した人がいると驚愕している次第です。

ということで、ブログ"養生法の探求"さんの最近のシリーズ"活ッ"より、転載させていただきます。ちょっと長いですが…。


【活ッ】
デング熱騒動で代々木公園で企画されていた脱原発デモが延期に追い込まれて、その後は女性大臣の相次ぐ不祥事ネタが席巻し、世界ではエボラ詐欺がやかましく喧伝されて、その挙げ句にシレッと川内原発再稼働の手続きが着々と進行しておりまして、まことに原子力帝国の威力をまざまざと見せつけられる今日この頃に、こちらポカンと口を開けて呆然としておるわけではありませんが、
まあアレだね、どうも雲行きが怪しいっつうか、このまま本当に川内原発が再稼働なんて事が実現すると、まあいずれは浜岡原発も早急に動かしたいとか何とか言い出すというか、もう言い出しているし、とはいえ、
この地球世界を見渡せばプレートテクトニクスに従い2億5000万年後にはまたひとつのアメイジア大陸になるであろうネバネバと蠢く地殻表面に429基もの原発が埋め込まれてしまっているわけで、
何と人類は愚かなのか?ということもまたポカンと口を開けて呆然と見ているだけというわけでもありませんが、しかし、やはりこの原発というモノだけは何としても現生人類の総力を挙げてすべて全廃に持ち込まなければならないと常々思うわけで、
こういった原発問題をほっといての養生法の探求などあり得ないのは、そりゃあ「原発=放射能毒排気装置」なんてのはこれもう常識であり、だからこその人類の急速な病人化、老化、劣化の進行なわけで、鍼灸師でありながらこの喫緊の原発問題、放射能問題に関心がないなんて手合いは俺に言わせればハッキリ言ってまったく存在意味などねっ!
ってのもこれまで何度も本ブログでは主張してきました。鍼灸師なら誰でも知っている病気の原因は内因、外因、不内外因、の3つなんてのはすでに本ブログフリークにも耳たこなんだけど、ここに「原発因」とか「放射性同位元素因」とか「放射能因」という言葉を追加してもいいくらいに
実は深く深くわたしたちの健康や病気と密接につながっているのが原発問題なわけで、そのへんに無頓着にして無関心でありながら「気や経絡」なる言葉をもてあそんでいるような手合いばかりじゃあ、ほんとこの先も日本の鍼灸指圧の社会的地位はいっこうに向上しないでしょうね。
現代医学の世界はすでにここまでの状況を見れば明らかなように完全に原子力帝国の配下であると見なせるのですが、では東洋医学の側はどうかと言えば全然まったく原子力ムラなんかとはいっさいカンケーねぇ!だろうがよー。
そんなら俺たち鍼灸師がもっとガンガンと情報発信してさ、いったい内部被曝するとどんな健康被害が予想できるのか?とか、では予想できる内部被曝による健康被害をいかにしてバックアップして自力で未病治できるのか?とか
こういったことをだね、ほんと親身になって困惑して救済の手を求めている国民にジャンジャンと啓蒙する事に努めるなんてのはこれ医療人として当たり前な事だったのにさ。なんでみんなそういう事を率先してやらねぇんだよ、まったく!
内部被曝への未病治アプローチを徹底的にアドバイスしたものがオレ以外にこの業界にいるかい?オレ以上にそれが出来た者がもしもいたら是非にコメント欄にでも申告してくれよ!いる?いないよなぁ〜。
まったくみんな冷たい人間たちだよね。口じゃあ聖人君子みたいに偉そうな事を言って、天人合一とお念仏を唱えているんだけどさ、でも実際には3.11後は内部被曝の防御に関しては何の役にも立たなかったってのがホントじゃね?
まあね、優秀な翻訳家であり鍼灸師である上野圭一氏あたりは、ちゃんと脱原発な発言をしていたからさすがと思ったけど、ほかの連中は原発問題や内部被曝に対して何か声明を発しているのかね?俺はいっさい業界紙とか今は読まないからそのへんの事情はほんとのところはよく知らないんだけど、
鍼灸師ブログで内部被曝に言及しているサイトがあるか検索しても、まずほとんどそういうブログにはヒットしないから、恐らくはほとんどの鍼灸師は放射能だの、内部被曝だの、3.11後の医療人には絶対に必須な「内部被曝防御コンテンツ」などには無関心なのかもしんないね。あな哀しや。
中医学では臨床において病症の本質を追究して治療することの第一に「治病求本」を掲げており、中医はこれを
「一抜其本、諸症尽除(ひとたびそのもとをぬけば、しょしょうことごとくのぞかる)」と言います。
「ひとたび原発が全廃すれば、諸症万病はことごとくこの世から消える」と思うからこそ、こんなブログをやってきたのです。
「因人因地因時制宜(ひとにより、ちにより、ときにより、よろしく、せいする)」
『3.11後という時において、放射能汚染された土地にあって、内部被曝の危機におびえる人達に向けて、いかにして内部被曝を宜しく制する防御策を提示できるか?』

日本民族の命を1500年来守り続けてきた鍼医たちの末裔であるオレが引き取った3.11後の使命とはまさにコレでありました!


日本の医療も滅茶苦茶にした、優生学。

本当に、詮無きことかもしれないが、今こそ、100年前に立ち返るべきなのです。
金儲けではなく、命のための、医療を見つめ直す時・・・。
 
                      m(_ _)m
 
(ふぅ〜〜〜。)
ニンゲンって大変だね・・・。20141104_222637

2014年8月14日 (木)

【歩くメディア】いよいよ、エボラ・ウイルス・パンデミック、創出か!? … 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!10

19 今日は14日(木)。cloud

世間はお盆休みですが、皆さまは、如何お過ごしでしょうか?

69年前、敗戦に追い込まれた太平洋戦争で、日本国民全体で、約300万人が亡くなった。
兵隊にとられた6割が、戦闘で死んだのではなく、それ以前に"餓死"で亡くなっていると聞く。

ようは、無駄死にです。

戦争は、ここだけ見ても、明らかに、コッカによる"国民殺し=口減らし"であり、
ちょっと俯瞰してみれば、何のことはない、コッカとコッカを戦争させて、両方に軍費を貸し付け、武器を売りつけ、その戦争当事国の民の命をマネーに換えて、肥え太っている一部の人間!(蜥蜴?)="悪魔"たちの存在に否が応でも気づくことになるでしょ!

人間の性によって、戦争を断ち切ることができないのではなく、戦争をどうやって続けさせていくか、絶えず、計画をし、実行している悪魔たちがいるからだ。

罠は、あちこちに仕掛けられている。
複雑に見せて、混乱するように仕向けている。
けれど、よく見れば、同じ勢力のほんの一部のニンゲンたちがこの地球を牛耳っているんだよね・・・(T_T)。

ふぅ〜〜〜。

早くも妄想爆裂です!annoy

だってさ、あまりにも、トンデモナイニュースばかりなんだもん。

プランテーション日本国の制御不能、メルトスルーっぷりが遺憾なく発揮されている呆れるニュース。

まず、これ!

犬HKさまが昨日朝早い時間にコソッと流している。
*1週間もしないうちに削除されるので、*ここクリック→ 貼り付けておきます(-_-)。

1 停止中の仏製の汚染水処理装置を廃止へ
8月12日 5時04分

東京電力は、福島第一原子力発電所で3年前に導入されたものの、トラブルが相次いで僅か3か月で停止したまま稼働しない状態となっていたフランス製の汚染水処理装置を廃止することを決めました。しかし、この装置にかかった費用は「明らかにできない」としています。

東京電力は、福島第一原発の事故発生から3か月後、高濃度の汚染水がたまり続けている対策として、フランスの原子力企業「アレバ」製の処理装置を導入しました。

5 この装置は、化学物質などを使って汚染水に含まれるセシウムなどの放射性物質を取り除くもので、東京電力は導入から3か月間で7万6000トンの汚染水を処理したとしています。

しかし、運転を始めた直後からポンプが停止するなどのトラブルが相次いで停止し、その後、別の装置が導入されたこともあり、3年近くにわたって稼働していない状態が続いていました。

7 この装置について、東京電力は、高濃度の汚染水を処理したために放射線量が高く、毎月行われる維持・管理作業のための作業員の被ばくが大きいとして廃止することを決め、近く、原子力規制委員会に申請することにしています。
東京電力は「初期の汚染水処理に役だった」としていますが、この装置の導入や維持にかかった費用については「経営にかかわることで公表できない」としています。

ドンだけの血税を注ぎ込んで、アレバ社の処理装置を買ったんだかしらないけど、たった3ヶ月で使い物にならなくて、3年間ずっと維持するだけ。それで、"莫大な費用がかかって、もうお守りできないから止めますが、その維持費は国民の皆さんにお知らせしたら吃驚仰天して怒り出すから、公表できない"って、ぬけぬけと宣うずうずうしさ!

この小さな島国を核まみれに汚染させて、福島の子供たちを89人甲状腺ガンにさせて、公表されないけど一体何人殺したか知れないのに、誰も何も責任をとらず、
お手盛りで、電気料金上げて、国民から搾取して、黒字経営だ!っと、嘯いてるじゃん。
何が、経営にかかわることだ!本当に、発狂してるよ、東電は!

ふぅ〜〜〜。(-_-)

更にね、この*ここクリック→ ニュース!

福島の地方ニュースということで、全国版に載らないんだけど、ふるさとに原発を誘致し、原発利権まみれの、電波に乗るときだけ福島弁を喋る偽黄門さまの甥っ子が知事だからね・・・。まぁ、福島県政も終わってるよ!ホント。。。(-_-) 

10 退職金返納巡り県が前知事提訴
08月12日 19時26分

公共工事をめぐる汚職事件で有罪判決が確定した、佐藤栄佐久前知事に対して、福島県は12日までに、事件に関係する期間の退職金、およそ7700万円を返すよう求める訴えを、福島地方裁判所に起こしました。

17 佐藤栄佐久前知事は、県が発注した土木工事をめぐる汚職事件で収賄の罪に問われ、おととし、有罪判決が確定しました。

これを受けて福島県は、去年6月、県の条例に基づいて、事件に関係する期間の退職金を返すよう求める命令を、佐藤前知事に対して出しましたが、前知事は応じていません。
このため県は、佐藤前知事に対して、この期間の退職金、あわせておよそ7700万円を返すよう求める訴えを、12日までに福島地方裁判所に起こしました。
18 この退職金の返納をめぐって、佐藤前知事は、「事件そのものがえん罪で、返納命令は違法だ」などとして、返納命令の取り消しを求める訴えを、福島地方裁判所に起こしています。



っていうかさぁ、そもそも、この"収賄の罪で有罪判決"っていうけど、結局、収賄の金額は0円なんだから、収賄の事実がなくて、有罪だからね!

"検察&最高裁コラボ陸山会捏造事件"と同じで、"原発マフィア&小泉政権コラボ"による検察&裁判所を使った"でっち上げ事件"で、ようは、無茶苦茶な原発政策に刃向かう都合の悪い首長ということで、不当な手段により、排除(パージ)されたんだよ。

まぁね、知事職の退職金って言うのはさ、庶民の感覚とズレズレで、ごっつく貰えるんだなぁっと感慨深いところはあるにせよ、それはそれでね、佐藤栄佐久元知事の意見が通っていれば、3号機のプルトニウムが混ざったMOX燃料が吹き飛ぶこともなかっただろうし、そもそも非常用炉心冷却装置(ECCS)がコソッと取り外されることもなく、4基が爆ぜるという苛酷事故を避けられたかも知れない。

そう考えるのは、私だけだろうか?

ふぅ〜〜〜。

本当にプランテーション日本国の現状は、国民殺し=口減らしに静かに邁進しているのである。

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  ship  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ!今日のお題、ここからは勝手にいつもの妄想で〜〜〜す!(^^)/

世界を牛耳る"悪魔"たちは、自分たちだけがニンゲンで、レッドやブラック、イエローのカラーの人種は獣以下、虫けらぐらいにしか思っていない。

だから、あの手この手で、世界の人々を混乱に陥れ、恐怖を植え付けて、人類の本来備わっている輝きを封じ、進化の邪魔に余念がない。

無から無限に生み出す金融システムを操り、富が一極に集中するように操作し、世界民を奴隷として生きていくことしか出来ないように、支配システムの構築に邁進している。

この先にある世界は、

彼らが切望している

"新世界民奴隷制""NWOの樹立"!

今、"悪魔"たちが大々的にやっていること!

お得意の"宗教戦争"とかこつけて、イスラエルではユダヤ入植者シオニストたちによる、ガザ地区のパレスチナ人の"民族ジュノサイド"="大量殺戮"が世界民が見ている中、白昼堂々と行われ、
ウクライナでは、米帝傀儡の新政府が、ロシアを悪者にし、戦争惹起に、マレーシア航空機を落とすという、今やバレバレの偽旗作戦を展開している。

そして、*ここクリック→ 西アフリカで3月の発症以来、沈静化することが出来ず、死者数が1000人を超えたエボラ出血熱がヨーロッパ、アメリカへと飛び火し、いよいよ、パンデミック到来の様相を呈してきた。

"悪魔"たちの計画は、世界民の増殖を抑え、人口をコントロールすること。
つまり、人口削減を絶えず、あの手この手で実行しなければならないのだが、その陰湿な計画を公然と行うための仕組みが、世界民が信じ切っている、当の"WHO"であるのだから、始末が悪い。

23 子どもを産めないようにする"子宮頸がんワクチン"をはじめ、ポリオやインフルエンザと、世界民を脅して、実のところは、病気にさせ、命を奪うためのワクチンであるということが、内部告発者により、明らかになってい久しいのだが、まだまだ、その真実が知られていない。

重篤な症状が顕在化し、被害者が現れて、漸く、「なんか、おかしい?」と気づくのだけれど、それでは、あとの祭りなのだ!

13 911を横目で訝しげに睨み、311を通り越した今、"陰謀論!"っと一言で切って捨てる、そんな短絡的な状況ではないと、ここへご来場の皆さまなら、ご理解いただけると思う。

動画配信により、人々の気づきと目覚めを促そうと、精力的に情報拡散に努めている*ここクリック→ "アメノウズメ塾"さんの動画をご紹介。

英語の動画を翻訳して貴重な情報を提供してくださっている、*ここクリック→ ブログ"世の中おかしい・・・"さんのブログ主、Jessica0701さんのyoutubeサイトからの紹介です。こちらには沢山の資料がありますので、是非、ご覧になっていただきたいと思います。m(_ _)m

後半部分を書き出しました。内部告発者の話です。是非、ご参照ください。m(_ _)m

11:40〜 豚インフルエンザの場合

ーエイドリアン・ギブズ博士(オーストラリア国立大学名誉教授)は40年のキャリアを持つウィルス研究者であり、抗インフルエンザ薬のタミフルを開発者でもあります。こんにちは、ギブズ博士

その中でも可能性として考えられるのは、新型ウィルスは研究所で作られた人口ウィルスであるということなのです。

11:57〜 全ミネソタ州知事 ジェシー・ヴェンチュラ & Dr.リマ・レイボー

ーあなたはアメリカから国外に移住したんですよね?

アメリカ国内にいるのが安全でないと思うからです。
話し終えたら、またアメリカから去るつもりです。なぜって?なぜならもうすぐ、それは今日とか明日、というわけではありませんが、もうすぐワクチンの強制接種が始まるからです。しかも、表面的には『自主的な選択によるワクチン接種』という名の下にです。

ー豚インフルのことですが?そのワクチンが何か問題でも?よくないものなんですか?

WHO(世界保健機構)は世界人口の90%が余剰人口だと決めているのです。WHOは1974年から人々を永久的に不妊にするようなワクチンの開発に取り組んできました。
信じられなければ、私は確たる証拠書類を人類に見せる用意があります。この計画は既に始まっていて着々と進んでいるのです。さらに悪いことにFDAによって違法に承認された今回のワクチンには【スクワリン】という物質が含まれているのです。これは免疫系を刺激し、免疫反応を促進します。
もし、スクワリン入りのワクチン注射があれば、身体の免疫組織はそのスクワリンを攻撃します。そして次には身体のあらゆる部分を攻撃し始めるのです。その症状は【湾岸戦争症候群】と同じようなものです。身体のあらゆる関節が膨れあがって耐え難い痛みにおそわれて動けなくなります。
彼らはパンデミックを創出するでしょう。【鼻への噴霧スプレー】という形のワクチンを使うのです。活きたウィルスが弱められた形で含まれています。そのワクチンスプレーを噴霧されたAはBにインフルをうつす。みんな感染していきます。
人々はワクチン接種のために時には何百人という列をなして並ぶでしょう。
ホロコーストとは何を意味するのでしょう?大量殺戮です。多くの人が死ぬでしょう。そして死なずに済んだ人達は不妊になって死ぬことでしょう。

ーもし、ワクチン接種のせいで人々が大量に死亡し始めたら、それこそ、革命とか、反乱とか、農民一揆、のようなものが起こらないでしょうか?

ほんの短時間だけ。それも420,000人の軍隊が介入するまでの話です。ノース・コム、北部司令部隊が創設された。その目的は市民の反乱またはパンデミックなどが起こった場合、人々を他の場所へ移動することが最たる目的です。

ーもし、人々がワクチン接種を拒否した場合、FEMAは彼らを国中に建設されている強制収容所のようなところへ入れるだろうと・・・

WHOがワクチンを推奨する理由。

この動画を見ると、豚インフルエンザ・パンデミックは、"悪魔"たちの計画通りには、いかなかったようだけど、

優生学者のビル・ゲイツが、実はどんなニンゲンであるがアレックス・ジョーンズ氏の話しぶりでお分かりいただけると思う。

これを見て、想像力を働かせていただければ、今、"悪魔"たちがしようとしていることが見えてくるでしょう。

エボラに感染したスペイン人とアメリカ人を現地で隔離することなく、わざわざ、国境を越えさせ、大陸を横断させて、保菌者の移動をして見せた。

"子ども心"で考えても、核物質と同じで、毒物は一箇所に置いておく方がいいのに、わざわざ危険を拡散して、被害を拡げようとしているようにしか見えない。

"悪魔"たちが実行する、支配の常套手段。それが、"混乱と殺戮"なのだから、世界中がエボラの恐怖に震えるように、パンデミックを創り出すだろう。

21 そうして、*ここクリック→ WHOが声高に、「あなたたちの命を護るためよ!」っと嘯き、効果もわからない、高額なワクチンや抗エボラ菌薬を買わされ打たれて、別の病気で命を奪われる。

"90%の人口を減らす!"という"悪魔"たちの計画がリアルになるということ。

ふぇ〜〜〜。(T_T)

*ここクリック→ ジョン・レノンが語っているように、
「僕たちは、偏執狂者たちによって、偏執狂者たちの目的を成就するために支配されている。」

こんな状態をいつまで続ければいいのだろう。
誰からも支配されることなく、生まれ持った生を全うできる世界。

そんな世界を切望する人々が増えれば、"悪魔"たちが創り出す"闇"は光に曝されることになると思う。

情報の拡散、そして、多くの人がこの情報を共有すること。
皆さま、切っ掛けはどんなことからでも結構です。

一人でも多くの人に、この"悪魔"たちの存在を話していただきたい。
そう願わずにはいられません。

                        m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。何にしろ、長いね・・・(T_T))

不ニャ〜20

2014年7月30日 (水)

【歩くメディア】ケムトレイル出現!?何を撒いているの?どうしたいの? … 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!8

11_2 今日は30日(水)。sun

え〜っと、世間では夏休みと言うことで、子どもたちは子どもたちで夏の行事があり、休みだからと言ってもそれなりに忙しく、お過ごしのことと思います。

夏休みの自由研究、休みが終わりに近づいて、泣く泣く、どうでもいいことを無理矢理研究に仕立てて、何とか凌いだ、そんな思い出が蘇りますが、

2014年の夏は、フクイチが爆ぜて否応なくミクロの核爆弾が炸裂する核戦争に突入して、3年目の夏になるのだから、ここいらで、本気で、どうやったら、病気にならない身体を維持できるのか?
こんなことを考えて、発表する児童、生徒が出現しても、ちっともおかしくない!と、発狂妄想おばさんは考えるのです!

それでね、【歩くメディア】からの提案ですが、フクイチ由来の核物質核種が蔓延する今。
これがどんなに異常事態の非常事態なのか、この発狂泡沫ブログにお越しの皆さまなら、ご理解いただけることと思いますが、

今や、このプランテーション日本国は、この異常事態が平常時というデフォルトなわけ。

だから、食物が体内に入って化学反応がそれ相応に起こっているのだから、複合汚染を避けるために、核物質以外の毒物、ようは、コンビニやスーパーで売っている加工された食品にもれなく入っている、食品添加物などの毒物を極力体内に入れないということを徹底したい、そう思います。

それでね、夏休みなんだから、袋菓子として買って食べているおやつを、おうちで作りましょう!

ということで、今日はポテチに挑戦!!!

はいっ!実は、とお〜〜〜っても簡単なのです。

4 ① まず、ジャガイモを洗って、薄くスライスする。

② さっと洗って、キッチンペーパーの上に拡げて、3〜5時間乾燥させる。

③ フライパンに1cmぐらいオリーブ油を引いて、弱火で揚げる。

④ おはしで、ポテトの真ん中を叩いて堅さを確認する。パリッとなっていたら出来上がり!

 

3_2 ⑤ 味付けはお好みで!塩&胡椒、クレイジーソルトなど。

厚さは好みですけどね、スライサーを使えば、とっても薄い物が出来ますし、
包丁で1.5㎜ぐらいにちょっと厚めにスライスすれば、歯ごたえのあるポテチが出来上がります。

ポテトの味がしっかりして、とっても美味しいですよ!

是非、お試しくださいね。(^^)/

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  pisces  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ!ここからは、いつもの妄想爆裂タイム! 

お付き合いくださいませ。m(_ _)m

世界民を脅かす、ダーク・フォースを操るある種のニンゲン(蜥蜴!?・・・(-_-))たちが"新世界民奴隷制"の創出、いわゆる"NWO"の樹立を目論み、本当に、あの手、この手でこの地球を闇に覆い尽くそうとしている。

まぁ、いわゆる、陰謀論!っと切り捨てて、陽気にいられればいいのだけど、911を訝しく横目で睨み、311を通過した今、そうもいかない。

だって、常識という常識が非常識で、うっかりすると異常事態なんだからね。

それで、人類は本来、どんな生き物なのか?

っと根源的な、本質的なことを少〜し、ない頭で考えてみると、真っ当な人間であれば人殺しは苦手であるし、嫌いだ。というより、それこそ、異常事態が発生しない限り出来ない。

だから、共食いである、"戦争=人殺し"を"正義"などと刷り込まれ、心を持ち合わせていないある種のニンゲン(蜥蜴?)たちのために、自ら同胞の口減らしに付き合わされているということに気づくと、何重にも張り巡らせた罠や幻想の仕掛けが、タマネギの皮をむいていくように、いろんな物が見えてくるのである。

宗教、コッカ、イデオロギー。

これらは、心を持ち合わせていないニンゲン=悪魔にとって、人類を束ねて、コントロールする、重宝なツールだということが分かってくる。

そして、これらを通して、教育の名の下に、洗脳が施され、悪魔の思想を持つ、"優生学"から派生した学問が、この世界のケンイと尊ばれ、崇められ、奉られて、気づけば、世界中に400基を優に超す、あらゆる命と共存不可能な、どこまでいっても毒でしかない、通常稼働で、放射能核種を環境に撒き散らす"核の地雷"が埋め込まれているという、トンデモな事態になっている。

そして、ノーベル賞だ!なんだ〜っと、ケンイのアクセサリーで飾られた現代医療産業なるものも、よくよく直視してみれば、何のことはない、原発産業と切っても切れない蜜月関係にあり、ようは、コインの裏と表なのである。

最先端の医療にして、病人が減るどころか、新たな病気が誕生して、病人が増え続け、大量の人間が殺されている。

何でだろう?

やっぱりね、この地球に取り憑いている悪魔たちの仕業なんだよ。

イルミナティ、サタニスト、シオニスト、マッドサイエンティスト、グローバリスト・・・、いろんな名で呼ばれている。

でね、この記事のタイトルにある、ケムトレイル!

10 プランテーション日本国の皆さんには、まだね、なかなか馴染みがないシロモノなんだけど、

今日夕方6時頃、窓の向こうに、2本のくっきりとした"それ"を発見したので、確認の意味で、ケムトレイルに言及している、最近の動画を紹介いたします。

以前も、この*ここクリック→ "狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!"シリーズで紹介したアルシオン・プレアデスービデオニュース"。

プレアデス星人がいるか、いないか、そこのところは100㍍ぐらい向こうに置いておいてね、ご覧いただきたいと思います。m(_ _)m



1時間11分と長い動画なんだけど、多岐にわたり、勉強になる。

福島のことは、情報コントロール下にある、大本営発表中の当事国日本では知り得ない事実が報道されている。まぁ、凄まじい現実です!(T_T)

6:48〜 福島と健康

13

そして11:10〜 ケムトレイル についてなんだけど、
21
22
19_2 ただ単に、人々を病気にさせるために、重金属が混じるエアロゾルを撒いているのではなくて、気象兵器HAARPと連動し、自然災害に見せかけた人口削減を目的に、大気を操作し、干ばつや竜巻、台風を起こしたあと、干ばつでも育つ種!っと、悪魔が囁き、遺伝子組み換えのモンサントの毒野菜の種を売りつけ、農家の命と共に生態系をメチャクチャにする計画もあるらしい。

まるで、核の地雷を埋め込んで、人々を病気にして、儲ける現代医療システムと全く同じパターン。

ようは、
マッチ・ポンプ!

32 でもね、プランテーション日本国と違って、世界の人々は気づきだした!

中国は遺伝子組み換えトウモロコシを拒否し、フランスはモンサント追い出しに成功している。

今、一番心配なのは、

世界の国々がモンサントをボイコットし、追い出しに成功すれば、
ミクロの核爆弾が炸裂しているにもかかわらず、未だ目覚めることはない日本国民を標的に定め、TPPと一緒に、GMの毒野菜がこの日本国を席巻し、在来種を絶滅させてしまうのでは?っと心配になる。


核の汚物にまみれ、毒野菜を食べて生きていく日本人!?

皆さん、もういい加減、目を覚ましてください!

っと叫んで、今日は終わりにします。

                           m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。長かったね…(-_-))

我が家の箱入り娘!
5

2014年6月 3日 (火)

【歩くメディア】移民法改正で見える、日本国民の末路!?… プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!91

5 今日は3日(火)。一応sun

今朝、ベランダの向こうの池に、今年初めてのカルガモが4羽飛来した。
そう、カモちゃんの声で目が覚めたのである。

昨日、南九州は入梅だそう。
関東もなんとな〜く、湿気を帯びたそよ風に変わったような…、
霞んだ白い空は、太陽の光があちこちで反射して、世界がいつもより膨らんで見える…。

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・  chick  ・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

さて、いつもの妄想で〜〜〜す!(^^)/

プランテーション日本国は、自滅を加速するが如く、暴政が吹き荒れている。

世界を牛耳る1%の"悪魔"たちは、フクイチ惨禍に喘ぐ、この植民地日本国のありとあらゆる命と財産をマネーに変換すべく、カルト靖国統一ナンミョウ一派のシロアリ、ハゲタカ、ハイエナの魑魅魍魎たちを跋扈させて、この島国を浸食している。

温和しい島民をコントロールするのは、簡単だ。
是が非でもやり遂げたいミッションは、やれ、芸能人の麻薬逮捕だ!北朝鮮の拉致問題だ!っと、その都度、電波の棍棒で島民の脳をこれでもか、これでもかっと音もなく殴り続けている隙に、こそっと決めたしまえばいいのだから…ね。(-_-)

特定秘密保護法、癌登録法、経済特区法・・・、いつもの手口。

そして、いよいよ、公に国体の解体を宣言しているような、外国人移民法改正案が、たった一日で衆議院法務委員会を全会一致で通り、本会議で可決された。
参院を待つまでもなく、経済特区と並んで、外国人を大量に受け入れる体制をこのコッカは内外に示したことになる…。

まぁね、壺売腹痛総理がロンドンの金融マフィアの巣窟へ、のこのこ出かけていって、"悪魔"たちに約束した通りのことをやってるのですけどね…(T_T)。

↓*9:15〜出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案(186国会閣55)決議の模様

が、このトンデモな法改正は、ネットのアンダーグラウンドにちらちら流れる程度…。

外国人が急増して、同胞がどんどん死んでいく中で、このアベノミクスやらの正体が漸く理解できるころには、あとの祭り、日本民族の滅亡ということなのだと思う。

1 311後を境に、人口が激減している。

もし、小沢一郎が政の中枢に座していれば、まず、フクイチの放射能遮断を全力でやっているはずだ。

311発災直後に、大震災と世界が経験したことのない原発4基爆発という、ことの重大性を直視し、国家非常事態宣言を出すべきと、菅直人に挙国体制を敷くことを提言したのも小沢さんだ。

結局、小沢・鳩山を売ることで、"悪魔"と取引して手に入れた総理の椅子にこだわり、国民の命と未来を引き換えた、菅とその一派は、

14 戦後一貫した米帝の植民地政策の要であった"核の平和利用"なる、実のところ、"猛毒兵器の原料精製工場である原発"を、血税を湯水の如く使って、肥え太らせ、我が世の春よろしく、国民を病気にして、マネーを巻き上げる、"原発マフィア=医療マフィア"という、コインの裏表一体の巨大利権の頭目たちと一緒になって、

このフクイチ惨禍を"個利個略(これ、菅の好きなコトバ…(>_<))"に利用した結果、今を招いているのだ。

だから、菅直人など、所詮はどんなときも自分のことしか考えない、決して人の上に立たせてはいけないニンゲン。

私たち国民の不幸は、あの時、この男が総理だったっという事実。

ふぅ〜〜〜。

本当に、悔やんでも悔やみきれない…。

カラダに触るね、ホント…(T_T)

それで、ここまで書き殴っておいて、なんだけどね、そう、菅も、野田も、安倍も、要は、人の上に立つニンゲンではなかった。

そう言うニンゲンを選ばされている日本国民、もう、いい加減気づきましょうよ。

このイエローの人種が住む、この島は、"悪魔"たちの実験場なんだよね。

69年前に戦争とういう名の下に行った、*ここクリック→ 焼夷弾や種類の違う原子爆弾の人体実験、その後は、原発の煙突から排気される、何百種類の放射能同位体元素がどんな病気を生み出すのか、それから、食品への人口合成添加物に、農業に農薬、生活日用品に化学薬品の混入…。

あらゆる、薬や毒が、"日の丸"国家権力のお墨付きで、血税を使い、合法的に、検体の国民に散布されているってこと。

10_2 これが、電波を通ると、テクノロジーなの、エコなどと、耳障りの良い"お題目"となって、後生大事に我々検体モルモットは、このコトバを崇めるようになり、愛するようになるのだ。

そして、気づけばね、原発が4基爆発して、*ここクリック→プルトニウムが混ぜ込んであるモックス燃料が吹き飛び、*ここクリック→ 「爆発したらまた死んじゃうんだぜ!」と叫ぶ吉田所長の聞き取り調書を、3年以上も隠蔽し、「直ちに健康に影響はない。」などと国民を煙に巻いて、大量被曝を強い、"食べて応援!"キャンペーンに、"放射能瓦礫拡散!"と、じわじわと死に至らしめる、誠に発狂した"コッカ"に成り果てていたのである。

*本記事の参考にさせていただいたブログ右岸便りさんの記事、*ここクリック→ 一刻の猶予もならない福島原発事故の収束ー① は、多くの国民の皆さまに読んでいただきたい内容です。是非お読みください。m(_ _)m

3 311のフクイチ過酷事故による、大量被曝で、多くの国民が死を早めることになった。

コッカも焦っているのだろうか? 

いや、地球を牛耳る"悪魔"たちの予定通り、計画が進行しているだけなのか?

「高度人材外国人」は滞在3年で永住権取得!+ 使用人と家族(血縁以外も可)帯同可。

兎も角、これから、被曝して先細る原住民を管理するために、"高度人材外国人"が正面から堂々とお供の者を引き連れて乗り込んでくることを、このコッカが希求し礼賛しているということだ。

今までは、目の色の違うニンゲンは顔が見えなかった。

でも、これからは、目の色の違う、顔の見える外国人が直接我々を管理することになるのだ。

"国民ジュノサイド"政策の一環、形の違う、TPPが始まる。

新奴隷制だ。

"日本民族解体"が加速し、いよいよその時が迫っている!

小沢さんの"自立と共生"の世界は幻に終わるのか?

どうやって、生きていきますか?

                          m(_ _)m

(ふぅ===dash キテマスね、私の脳…(-_-))

来世は猫でひとつ!6

2014年5月29日 (木)

【歩くメディア】69年前の5月29日、横浜大空襲で1万人が焼夷弾投下実験で殺された!また繰り返すのか!? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!90

9 今日は29日(木)。sun

時折、薄雲り、心地よい風が通りすぎる、穏やかな初夏の一日。
築山の向こうから、うぐいすと四十雀の鳴き声が聞こえてくる・・・。

お日様に輝く木々の緑、風が運ぶ外の匂いに鼻を膨らませ、私の傍らで丸くなる猫たち。

せめてもの、今を生きる私の救い。

こうして、ささやかな幸せに浸っている自分をよそに、同じ時を、このプランテーション日本国は、もの凄いスピードで亡国へと突き進んでいるんだよね。(T_T)

                              clover

次から次へと、ため息の出るニュースが流れてくる。

3 また、*ここクリック→ 千葉県で給食の牛乳に異味、腹痛や下痢の体調不良1000人以上!

*ここクリック→ 一月前も、神奈川県で異味・異臭問題があったばかり。

食の不安から、これから先ずっと、この植民地日本国に生きる国民は逃れることができない。

311以後、壊れた4基の原発から一時も止まることはない、数え切れないほどのミクロの核爆弾が炸裂中なのだから…。

なのに、この"コッカ"のケンイのお化けのような大学病院を筆頭に全国津々浦々の病院と言われる病院から、内部被曝のなの字が、語られることはない。

"食べて応援!一億玉砕国民ジュノサイド"政策施行中!
5 せめて、子供たちを守るために、給食ぐらいは最善の配慮をはかるべきなのに、全国の牛乳を混ぜて薄め、ベクレルを落として、流通させ、子供たちに飲ませていると言われている。

異味や異臭がする給食の牛乳!

こんなの、末期でしょ!
国として、共同体として、末期、終わってるよ!!!

一度ならずも、また…。
*ここクリック→ 福島では、安全をピーアールのために、コメをはじめ、幼児にも地産地消を強いている。

6 私はもう、*ここクリック→ 現政権を牛耳る壺売腹痛総理をはじめとしたニンゲン共を日本国民とは思っていない。

「切れ目のない防衛体制をつくることで抑止力を高め、国民の生命と財産を守りたい」

よくもこんな心にもないことをぬけぬけと国会で言えるものだ!

それならば、真っ先に、89人の甲状腺ガンを患っている福島の子供たちを救いなよ!
疎開なり、移住なり、親子が、家族が安心して暮らしていけるようにしてみろよ!

甲状腺ガンは通常、100万人に対し1〜2人の発症率なのに、*ここクリック→ 現在既に、100万人に310人の発症率!なんだよ。

これでも、被曝と認めない!このコッカの為政者たち!

子供たちの命を見殺しにしておいて、なんで、他国の戦争で異国民をカラダを張って自衛隊員が護る仮想話を、大の大人が雁首揃えて、ぐちゃぐちゃつついてるんだ!?

自国の子供の命を救えよ!!!

っと叫んでみる…。

ふぅ〜〜〜。(-_-)

空しい、哀しい、こんなちぐはぐな発狂した"コッカ"を許しているってことが。

1*ここクリック→ 69年前の今日、5月29日。
1万人が亡くなった横浜大空襲
があった。

焼夷弾攻撃でどのように燃えていくかのデータを収集するために、米軍が横浜の街で真っ昼間に実験を行ったということだ!

米帝に潜む、優生学を拠り所にするマッドサイエンティストが世界中を混乱に陥れ、まるで愉快犯の如く、命と言う命を弄び、"戦争=口減らし"を引き起こし、命をマネーに換えている。

国民を見殺しにしているカルト靖国統一ナンミョウ亡国政権は、悪魔たちの手先に過ぎない。

イエローの私たちのように、カラーの人種は真っ先に彼らの実験の対象なのであるから、69年前からずっと、この島国は、いろんな薬物や毒物の試験場であり、島民は検体モルモットなのである。

福島の子供たち、関東の子供たち、本州の子供たち・・・。

一瞬で黒こげにはならない、

しかし、確実に命を蝕む、違う形の戦争!

結局、この脆弱な地盤にもんじゅを入れて55基の核の地雷が埋め込まれた事実が何よりの証拠なのだ!

私たちの敵は、人間ではない。

一切の、予断は許さない、そう、彼らはいつも
"悪魔"なのだ!

このことを、人間の私たちは心しなければいけない。
そもそも人間の考え方は適用できないのだ。

もうね、彼らは"悪魔"であると頭に叩き込まないと、本当に日本人は殲滅を免れないっと思う。

甘い幻想は棄てよう!
気づきましょう!本当の敵に!

                          m(_ _)m

(ふぅ===dash かなりキテマス(-_-))

cat10

2014年5月12日 (月)

【歩くメディア】被曝大国日本を生き抜くには?"自立と共生"が鍵だっ! … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!87

3 今日は12日(月)。午後からcloud、強風。

築山の木々が風に煽られ呻いている…。
あんなに穏やかだったのに、ひとたび風が吹き荒れると、全く違う姿を見せる。
自然の法則は、いつも大変厳しいものだと実感…。

やっぱりね、人間も地球に生きる一つの種。どこまでも謙虚じゃなきゃ、いけない。

どこで、はき違えたのか、傲慢なニンゲン中心主義のもと、あらゆる命を生み出し、育んできた母なる地球を穢し、痛めつけた、悪魔のような人間たち。(実際は、1%にも満たない本当の悪魔たちが企図し実行してきたと思っていますがね…)

*ここクリック→ 昨日もこの泡沫発狂ブログに記したのだけど、西洋文明がもたらした、"核文明のなれの果て"を身をもって体験している今こそ、180度方向転換し、新しい価値観のもと、地球の再生に乗り出さなければならない。

この破滅的な世界を生み出した元凶は、人類なのだから、おとしまえをつけるのも、我々人類がやらなければならない。

それには、人々の意識のパラダイムシフトが必至なのだが、
幸いなことに、私たちには、小沢さんの"自立と共生"という、この地球の再生を可能にする、揺るぎない理念がある。

それぞれの地域社会が自立し、お互いにその存在を認め合い、そして、ヒエラルキーのない、横に手を取り合って繋がり、共に生きていこうという、世界を創り出すことができる。

だからこそ、小沢一郎議員を応援し、支持しているのだ。

ふぅ〜〜〜。(-_-)

さて、カルト靖国ナンミョウ亡国政権の頭、安倍首相が悪魔の巣窟、金融マフィアの総本山ロンドンのシティで、またもや、トンデモない約束を悪魔たちと交わしたらしい。

破綻していると言われている、それでも、虎の子の年金資金128兆円を、ゴールドマンサックスなどの国際金融マフィアの悪魔たちに投資運用を委ねるってこと。
ようは、国民の血税でギャンブル!賭場である、現在の金融システムに投げ入れて、メルト・スルーよろしく、溶かしちゃって、国民ジュノサイドを加速させようってことか。
もうこうなると、愉快犯だよね。(T_T)

*詳しくは、*ここクリック→ 【世界の真実を探すブログ】さんのブログ記事に出ています。どうぞ、ご覧いただきたいと思います。【世界の真実を探すブログ】さん、掲載ありがとうございます。m(_ _)m

まぁ、発狂しているコッカなのだから、やることなすこと、全部異常なんだから、国民は自分自身で身を護る術を身につけると致しましょう。

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ!(^^)/ 今日のお題です!

被曝大国日本を生き抜くには?"自立と共生"が鍵だっ!

もうね、プランテーション日本国は核戦争の真っ只中!毎日、放射能同位体元素の飛び交う中、命という命が生きている。
でも、この"コッカ"のやっていることは、"食べて応援!"一億総被曝玉砕政策を執っているのであり、頼りになるはずだった医療界からは、未だ、内部被曝のの字も囁かれることはなく、昨今の漫画"美味しんぼ"騒ぎで明らかなように、放射能による健康被害はこの"コッカ"では決して起こってはいけないことになっている。

はぁー、いい加減にしてよ!っと言っても、いい加減にしてくれないのがこの日本国だ。

つまりは、この国の医療は、原発マフィアの傘下にしっかり組み込まれていて、マネーの換算なら、原発マフィアを軽く凌ぎ、年間38兆円を超える巨額の利権集団だ。
主力の稼ぎ頭は、"早期発見早期治療"のうたい文句で、国民を騙し、癌製造のベルトコンベアーに載せて、猛毒の核物質が原料の抗ガン剤を使い、命をマネーに変換する、一連の"ガン患者量産キャンペーン"なのだが、その疾病の元凶である、核物質をまき散らす原発マフィアとのコラボというところも、全くふざけている。

早い話が、表の医療には一切期待できないということだ!

どうして、こうも、西洋医学が発展したことになっている現代医療が、人々を救うどころか、命を弄ぶ"殺人医療"に成り下がっているのか…?

このWHYの謎に、時々、ご紹介させていただいている、*ここクリック→ ブログ"養生法の探求"さんが【ミッシング リング】という記事で、教えてくださっていますので、長いですが、転載させていただきます。

【ミッシング リング】

1966年、北朝鮮民主主義人民共和国のキム・ボンハン教授を筆頭とする研究グループは、東洋医学の根幹概念とも言える生命エネルギーである気(き)の環流するルートである経絡(けいらく)の解剖学的性質に関する一連の動物実験を行った。

キム教授はウサギの経穴(けいけつ、ツボの意)にリンの放射性同位元素P32を注入して、周囲の組織に取りこまれるのを観察した。マイクロオートジオグラ フィーという技術を用いた結果、リン32が直径が0.5〜1.5ミクロンの細い管状の構造にそって取りこまれていくことをキム教授は発見する。

ま さにこの管状構造の流れは古代から伝えられた経絡の走行に一致し、経絡を離れた部位のリン32濃度はまったく無視できるほどに低いこともわかった。またリ ン32を静脈に注入した場合には経絡内にリン32が検出されることはなかった。このことにより経絡系は血管系とは独立した循環機能であることが推定された。

これが経絡の解剖学的実体を証明した学説として今や闇に葬り去られ、幻の学説とされる「ボンハン学説」誕生のいきさつである。

フランスの研究者、ピエール・ド・ヴェルヌユールらによる追試再現実験によれば、放射性同位元素テクネチウム99mを患者の経穴に注入し、ガンマカメラを用 いて放射性テクネチウム99mを追跡すると、わずか4分から6分で経絡にそって30センチも離れた場所まで放射性テクネチウム99mが拡散伝播することが 確認された。

ド・ヴェルヌユール博士は対照実験として静脈やリンパ管に放射性テクネチウム99mを注入した場合に、経穴に注入したと同じ 結果を得ることは出来ず、また皮膚にツボを無視して無作為に注入しても、やはり同様の結果を得ることができないこともわかった。このことからド・ヴェルヌ ユール博士もまたキム教授と同じく経絡系は独立した経路であると推定するにいたった。

キム教授らが発見した解剖学的な経絡である「微小管系」は表層部位においては従来のわたしたち鍼灸師が目にする経絡の走行に一致した流れであるが、深層部位である体内においては、静脈や動脈やリンパ管をも 自由に出入りし、よく知られたこれら循環系よりも古い起源を持ち、胎児形成期においては動静脈リンパ管よりも早い時期に発生すると予測された。

新たに発見された「解剖学的経絡」は血管網と同じような構造を維持し、血管が最終的に毛細血管になり細胞に酸素や栄養素を与えるのと同じく、微小管系も最後には終末微小管になり、その行き着く先は細胞内の細胞核であることが判明した。

微小管から抽出される液体には、血液中と比較してはるかに高濃度のDNA、RNA、アミノ酸、ヒアルロン酸、16種類の核酸、アドレナリン、ミネラルコルチコイド、エストロゲンなどのホルモンが含まれる。経絡中の液体から検出されるアドレナリン濃度は血中の2倍にのぼる。

このことから微小管系すなわち解剖学的経絡は明らかに内分泌ホルモン系と密接な関わりがあることが示唆された。

キム博士による解剖学的経絡の最終到達地点が細胞の遺伝情報の中枢である細胞核であることの発見、経絡切断実験における当該臓器の廃絶による経絡の臓器栄養 説の立証なども素晴らしい業績であるが、ニワトリの胎児において受精後15時間以内に経絡系が形成されることを明らかにしたことは特筆すべき発見と言え る。

経絡系はすべての臓器組織に先駆けて形成される、いわば生命体の鋳型のような役目をしており、細胞の遊走性をある方向へと導き、組織臓器を三次元に立体化する波動的ガイド役を経絡系が担っていることがわかってきた。

解剖学的経絡ルートはすべての細胞核DNAと連結したネットワークが維持されていることから、もしかすると細胞核DNAのセントラルドグマにエピジェネティックな修正加筆を加える系が経絡系だろうとの推論も導かれてくる。

私たちは見えざる微小管系によって実はDNAをコントロールし、地球環境いな宇宙環境に適応しここまで生き抜いてきたのかもしれない。

経絡(けいらく)あってこそのわたしたち「命」、なのだろうか?



血液が骨髄ではなく腸管壁で造成されていることを発見した千島喜久男博士の「千島学説」も、小保方晴子博士のマウスの幼若リンパ球に弱酸性の刺激を与え幹細胞に惹起させる「STAP細胞仮説」も、何らかのバイアス(横やり)により闇に葬り去られつつあるが、

経絡の実体を解明した一大スクープとして1960年代に世界中の東洋医学界を熱狂させた「ボンハン学説」も今や幻のトンデモ仮説とされて久しい。


なにゆえに「ボンハン学説」が信憑性を失ったかというと、世界中の研究者が追試再現に失敗したからなのだが、果たして「STAP細胞仮説」騒動に見るまでもなく、それとて「真相は闇」であろう。

「気や経絡は寝言」が持論であるワタクシが満を持して寝言と対峙します。

人体に隠された秘密の継ぎ目、失われた環(わ)「ミッシング・リンク」に

なんと、ドンキホーテ・ハリィ〜が挑みます。

おい、ほんとにお前なんかで大丈夫かよ(笑)

(転載終了)

専門用語が沢山使われていて、初めて読む方は、何が何だか分からないかも知れないけれど、311後の世界は"自分が自分の医者である!"との気概で臨まないと生き抜くことは出来ないだろう。(だから、何度も読んで、慣れてくださいね。(^^))

前述したように、核(原発)マフィアとコインの表裏一体の医療マフィアなのだから、自分のスケール(物差し)を持つ必要がある。

ノーベル賞が出来て100年が経ち、人類の叡智が積み重なって世界はよりよい環境になっているはずなのに、科学毒の汚染は進み、病気は一向に減ることはなく、寧ろ、毎年夥しい新たな疾病が誕生し、病人が増え続けている。

そんなに人類にとって有り難い研究成果が溢れているのなら、今頃、病気は撲滅されていてもよさそうなものだが、そんな気配は露ほどにない。

だからね、養生法の探求さんが述べられているように、本当に人類の為になる真実の、本物の医療は、隠され、抹殺され、貶められ、闇に葬られてきたということなのだろう。

小沢さんの理念"自立と共生"にあるように、自立するには、まず、国民一人一人が自分の頭で考えて、自律し、自立することから始めなくてならない。

それには、自分の身体をまず、他人に委ねることなく、自分で律し、自分で管理する。

この、過酷な状況下にある私たち国民にとって、今がそのチャンスなのかも知れない。

自分の身体を自分で見つめる。

これこそ、"自立と共生"の体現の始まりなのだ!

皆さん!頑張りましょう!

                          m(_ _)m

(ふぅ===dash 毎度、暴走気味で〜〜〜す(T_T))

小さい猫heart7

2014年5月 1日 (木)

【歩くメディア】地球を牛耳る"悪魔たち"。その存在を認知しよう! … 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!5

22 5月1日(木)。sun

昨日とうってかわって、陽の光に輝き、風になびくけやき…。
早いもので今日から皐月、初夏の訪れを感じます。

世の中は、ゴールデンウィークということで、無意識にグローバリストに荷担し、
一緒にマネーを追い求めていく人々にとっては、例年と変わらない、GWなのでしょうか…?

まぁ、ここを訪れてくださっている皆さまは、この発狂寸前の【歩くメディア】と、きっと同じ思いを共有してくださっていると、勝手に思っております。
ですから、いつもお越しくださいまして、本当にありがとうございます。
どうぞ、今後とも、ご贔屓によろしくお願い申し上げます。

                         m(_ _)m

あれ?何か、末尾のような挨拶になってしまいましたが…、

はいっ!元気に、あんまり人気のない"もっとトンデモな世界をしろう!5"で〜〜〜す!(^^)/

え〜〜〜っとね、プランテーション日本国の発狂ぶりもさることながら、世界を、地球を、宇宙を見渡せば、俄に信じられない事実が転がっていたりして、一見、トンデモと即座に切り捨てられてしまう事象が、どっこい、私たち暮らしに直結していたりする…!?、そんなことが確信に変わった311後の現在。

今回も多岐にわたっている、あのサイトの、ビデオ・ニュースのご紹介です!

まぁ、優生学から、世界銀行やら、超常現象やらUFO動画まで、今年の2月から3月までに起こったことを中心に、本当にいろんなニュースが盛り込まれています。

プランテーション日本国のCIA電通経由の記者クラブが流しているニュースでは、決して扱わないモノばかりだから、今後の日本国の行く末を占う意味において、有効な情報であると【歩くメディア】としてお薦めいたします。

一挙にご覧になるのもよし、ちょこちょこ区切ってご覧になるもよし、是非、エンタメ感覚で楽しみながら見ていただき、これらの情報を頭の片隅に置いていただければ嬉しいです。

ざ〜っと、このビデオの内容なんだけど…。

24_2 冒頭より、5:00頃〜 
悪魔たちが地球工学と称してやっている、優生学を使った恐ろしい実験!
ケムトレイルについて。
実際に健康被害に陥り、死亡者が多数出たことが証言されてます。
ここ、植民地日本国でも時々、異様な"飛行機雲の空模様"に見舞われることがあるけれども、全く、スルーです…(-_-)

7 12:00頃〜、フクシマからの放射能拡散について、語られている。
世界の皆さんがどんな風に思っているか、一端が観察できます。 
一つだけ、アホ菅についての評価は、いただけない。私たち国民にとって、被曝を強いた最高責任者なのだから、牢屋に入って当然のニンゲン。脱原発の指導者などと断じて肯定できないと言わせていただく!

25 19:00頃〜 ウクライナのクーデターをNATOが擁護したこと。
まぁ、米帝とEUは悪魔たちが牛耳っているのだから、世界のあちこちで、内乱やクーデター、テロを創出して、自分たちの都合の良い、傀儡政権の樹立を常態的に行っているのだからね。
グローバリストの言うことを聞かない指導者やトップは、あの手この手で抹殺される!
27 リビアのカダフィ大佐、ベネズエラのチャペス大統領…、小沢さんだって危なかった!

それでもね、クリミアは、誠に透明な選挙で、民主的にロシア併合を選び取った!


30 32:00頃〜 悪魔たちが仕掛ける、
世界民の健康コントロール!
"食"を操作し、支配する。
皆さんが大好きな、コカ・コーラだけど、どんだけ、砂糖が含まれているかご存じ…?
EUのコカ・コーラの社長を目の前にして、一杯の紙コップを逆さにすると、お砂糖がこぼれてくる。こんな辛辣な問題提議をテレビで伝えるって、ここプランテーション日本国では、犬HK様はもちろん"報ステ"や"そもそも総研"でも出来ないでしょうね…(-_-)

31
"医食同源"という言葉があるように、口に入れる食物こそ、最善の注意を払わなければいけないのに、洗脳箱や洗脳紙に誘導されるがまま、不必要な、否、危険なモノを喜んで食べている私たち。
放射能核種が蔓延するコッカで、今こそ、こんなに"食"について真剣に考えなければいけない時はないと思う。

34 35:00頃〜 911以降、米帝は"アメリカ愛国者法"なる国民を問答無用で縛る法律を創り出して、警察コッカになったのだけど、その発狂ぶりが紹介されいる。
カルト靖国亡国政権が創出しようとする、近未来の日本国を見ているようで、背筋が寒くなる…。もう始まっているかも知れないね…、この島国のどこかで…。


36 39:00頃〜 俳優のスティーブン・セガール氏が登場!
オバマ政権を批判している。
なかなか出来ない発言だと思う。

悪魔たちが大衆操作に重宝している3S政策。

まぁ、彼らのお仲間がウジャウジャいるハリウッドで仕事をしている、俳優さんだから、悪魔たちにけんかを売っているようなもの。
マイケルやジョン・レノンにならない保障はない…。(T_T)

17 逆に悪魔たちに魂を売っている俳優やミュージシャンがこの方たち。
*ここクリック→ ジョージ・クルーニーさん婚約、独身主義崩れる
これ、数日前のどうでもいいニュースだったんだけど、

よ〜く見たらね、あれ?もしや、ウクライナの、ティモシェンコのお顔かなぁ…そのTシャツ!ってことは…。

←写真クリックすると大きくなります!

彼が活動しているダルフール問題って?!推して知るべし。

ふぅ〜〜〜。
19
43:00あたりに、登場のU2のボーカル、ボノさんはね、EUの悪魔たちの愚民操作に一役買っているということらしい。もしも、ボノさんが、彼らを裏切るようなことになれば、マイケルやジョンやホイットニーのようになるのでしょうか…。

この後は、

米帝に潜むグローバリストの億万長者数が過去最高になっとこと。
バチカン情報
宇宙
光子と量子の新しい概念
UFO目撃情報
オーロラ現象
っと、

最後は、まぁ、宇宙人の存在を仄めかして終わりますが、そこは、個々人の裁量でお楽しみくださいませ。


本日も、誠にありがとうございました。
                        m(_ _)m

おまけ:もっとトンデモな世界を知ろう・シリーズ こちらもご覧ください。m(_ _)m

【歩くメディア】この世は知らないことだらけ!… 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!1

【歩くメディア】エボラ出血熱ニュースから悪魔たちの所業を直視しよう!… 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!2

【歩くメディア】"ケンイのお化け"が取り憑く日本!目を覚ませ、日本人! … 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!3

【歩くメディア】世論を信じる者は、自分で目を隠し、自分で耳に栓をしている。 F.ニーチェ … 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!4

(ふぅ〜〜〜。ニンゲンはキツイっすね…(-_-))

仲良くお昼寝…heart45

2014年4月17日 (木)

【歩くメディア】トンデモな世界に生きる私たち。自分の身体は自分で護る! … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!83

22 今日は17日(木)sun

卯月も半ばを過ぎました。

桜の季節が過ぎて、緑も日に日に濃くなっていく毎日。
その割には、陽がかげると寒くて、ずっと暖房のお世話になっていたのだけど、
今日はその暖房のスイッチを押すことなく、過ごせました!

何たって、温暖化!っと世間様は声高に言ってますから、どんどん暖かくなるでしょう。(-_-)

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ、いつもの勝手な妄想で〜す。(^^)/

23 相変わらず、*ここクリック→ "CO2削減しなくちゃ、だから原発稼働だよ〜・キャンペーン"を展開してますが、だいたい、この"マネー巻き上げ詐欺キャンペーン"に参加しているコッカはどこなんだろうね?

*ここクリック→ 中国・ブラジル・インド、それから、米国・カナダは参加してないんだよね。
EU27か国とクロアチア、アイスランドの計29か国は共同でいいらしい。

311が起こる前から、中部大学の武田邦彦先生が、この"CO2地球温暖化詐欺"について、明らかにしていたんだけれど、世間様は、当然、トンデモ扱いしていたのでした。(T_T)

それで、このIPCC総会の報告書について、武田先生が解説してくださっていますので、もしも、地球温暖化を信じている方がいらっしゃいましたら、是非、お聞きいただきたいと思います。

*STARS LIFE ☆ YouTube / 清瀬 航輝さんが音声をアップしてくださっています。ありがとうございます。m(_ _)m

また、ネット検索しますと、この温暖化詐欺については、本当に沢山の情報がありますが、ルロイ・ブラウンのブログさんの*ここクリック→ 「地球温暖化」詐欺も限界に来ています。 という記事も興味深いことが書かれていますので、是非お読み下さい。

ルロイ・ブラウンのブログさん、貴重な情報ありがとうございます。m(_ _)m

そこには、プランテーション日本国は8年間でこの"温暖化詐欺"対策に官民あわせて20兆円も使っているそうです。(T_T)

先日も消費税増税に紛れて、ガソリン代金にCO2温暖化対策税もしっかり入っているそうだから、本当にやめてほしいです。

というように、

トンデモな嘘が常識である世界ですから、ゆめゆめ、コッカがやっていることは信じない。

というよりも、まず、コッカが言っていることの真実は、その真逆であると理解しましょう。

で、今日のお題です!

ふぅ〜〜〜。

こんなトンデモな世界に生きているのですから、自分の身体は自分で護る!

24 これに尽きると思いますので、時々、この拙ブログにてご紹介している、*ここクリック→ ブログ"養生法の探求"さんこと、

鍼灸師 今村光臣さんの、

山崎農業研究所発行の『耕』2014春№132に寄せた、"311福島原発事故後の『養生法』とはなにか"

という記事をご覧いただけばと思います。

*ここクリック→ 山崎農業研究所さんのHPに、この記事のPDFがございます。

10ページのボリュームで読み応えがありますので、是非、ダウンロードしてください。(最初の1頁と2頁を貼っておきます。)

 

25_2

山崎農業研究所さんは、命に直結する、一番大切な農を1974年から、故山崎不二夫東大名誉教授を中心に、「農業に関 する調査研究を行い、また、研究、調査を援助し、それによって日本の農業の発展に役立つこと」を目的とし、農村の現場での調査研究や各種研究会の開催、書籍の出版など幅広く、地道に30年近い活動をしてこられた団体です。

福島の原発事故が全く収束していない今、汚染されていない食糧をどのように確保していくか、このコッカが直面している大きな問題なのだけど、"食べて応援"一億総被曝キャンペーンが施行されているのであるから、ますます、このような命と向き合おうとしている農業研究所の存在は、私たち国民にとって、大きな救いなのです。

是非、この機会に、知っていただければと思います。

ということで、本記事はまじめに終了いたします。

ありがとうございました。

 

                          m(_ _)m

(ふぅーーー。今日は養生して、早く寝よう(-_-))

大きい猫heart19

2014年4月15日 (火)

【歩くメディア】"ケンイのお化け"が取り憑く日本!目を覚ませ、日本人! … 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!3

10 今日は15日(火)。sun

桜の季節が過ぎ、若葉のやわらかな緑が青い空に栄えている…。
風にそよぐ木の葉がさわさわと陽の光に輝きながら、なびいている…。

311後の世界、どんなに美しい時の経過を見せてくれようとも、私の心が晴れることはない…。(T_T)

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ!気分を変えて、元気にフル・スロットルで妄想全開で〜す!(^^)/

まぁ、いつもの勝手な妄想ですけれどね…、

原発利権を凌ぐ、巨額なマネーを生み出す医療利権。

人の足元を見て、不安と恐怖を利用して金儲けの殺人医療が現代医療なのだけど、
これは、このブログで何度も書いているように、ようは、世界を牛耳る"悪魔たち"が創り出した"口減らしと金儲け"が同時に出来る一石二鳥の仕組み。

やり口は、とっても簡単!
まず、病気は怖いモノ、中でも癌は最強最悪に恐怖するように仕向け、病気のメカニズムは素人には分からない、誠に複雑なモノと思いこませて、ケンイの鎧を着た"センモンカ"に絶大な権限を持たせ、一度、病気になれば、その"センモンカ"にすがるように仕向ける。

人口ウィルスに病原菌 libra ワクチンや治療薬

実のところ、どちらも、悪魔たちがマッドサイエンティストに造らせている、"命をマネーに換えるマッチ・ポンプの仕掛け"であるが、電波を使って、新手の病気を喧伝し、その予防だっ 薬だっ と騙して、人々に"恐怖&安心セット"を刷り込めば…。

あとは、放っておいても、催眠術にかかったように、人々は自ら現代医療に頼るようになるのであるから、悪魔たちは笑いが止まらないだろう…ね。

キチガイ医のアカウントでtwitterやfbで、世界を冷たい目で見て情報発信をしてくださっている内海聡氏

独自のルートによる世界のタブー情報を惜しみなく発信してくださっているベンジャミン・フルフォード氏

"月刊ムー"編集長 三上丈晴氏の進行で、このお二人が現代医療の真実を話されていますので、是非、ご覧になっていただきたいと思います。

このプランテーション日本国が狂っているのも、カルト靖国亡国政権が暴走しているだけではないことがお分かりいただけると思います。


と、言うわけで、冒頭に出てくる子宮頸がんワクチンについて、

*ここクリック→ "生活の党"参院議員であった、はたともこ氏が国会でエビデンスを示し、既に重篤な副作用(こちらが実は本作用なのだが…(>_<))の症状が出ている女子が沢山おり、如何にトンデモないワクチンであるか、立証して下さったお陰で、全員接種義務化まで、あと一歩の危ないところで、一旦止まったのであったが、殺人医療マフィアは、まだその手を緩めることなく、接種義務化を諦めていない。

全く"悪魔たち"の存在に気づかない人が、このような動画を目にすれば、到底信じることは出来ないだろう。

でも、全ては繋がっているのだ。

今、プランテーション日本国では、CIA電通が元締めになり、犬HK様はじめ、記者クラブを総動員して、小保方氏を生け贄に、STAP細胞を亡きモノにしようと必死だ。

あれだけ持ち上げたあと、奈落の底に落とすが如く、叩きに叩いている。

世界民が大好きなノーベル賞も、今では金儲けのお墨付きを与えるための、悪魔たちが重宝している世界民操作のための、"ケンイのアクセサリー"であるから、ノーベル賞ほど胡散臭いモノはない。

それで、ここが塩梅なのだろうけれど、
悪魔たちの本音は、

ノーベル賞モノの新医療は、マネーを生み出す投資対象であっても、本当に癌撲滅に貢献して貰っては困る! っということ。

だから、ips細胞の再生可能細胞は、"細胞の癌化"による増殖だから、実用化はかなり難しいのだろうが、その間、マネーを転がして稼げればいい。

方や、stap細胞は、幹細胞から新たに再生する細胞だから、この細胞の存在は、癌医療の根幹を変えてしまう、ようは、癌利権をそっくり失うことになるのだから、何としても、亡きモノにしたい。更には、このstap細胞の特許もろとも利権を横取りしたいっというのが、悪魔たちの本音なのだ!

以前、この拙ブログでご紹介したことがある、*ここクリック→ さゆふらっとまうんどさんが、誠に的を射たメッセージを動画で発信してくださっています。

7:07〜より、"地球温暖化詐欺"をいち早く国民に明らかにしてくださった武田邦彦先生の見解も興味深いところですので、是非こちらもご覧いただければと思います。

*さゆふらっとまうんどさん、動画配信、誠にありがとうございます。<(_ _)>


それで、今とっても気になること。
本日のニュースに
*ここクリック→ 「メスの幹細胞もある」小保方氏が朝日新聞記事に反論 という、
12日の朝日新聞記事に対して不満があり、小保方氏が弁護士を通して、9日会見の補足説明を文書提出しているのであるが、気になることは、現在の小保方氏の体調!
どうも、具合は悪いようだ。追記部分を転載しておきますが、皆さんも記事を読んで妄想していただきたいと思います。

追記

 4月9日の会見は「不服申し立て」に関する記者会見であり、準備期間も不十分で、しかも公開で時間も限られた場であったことから、STAP細胞の 存在や科学的な意義についての説明を十分にすることができませんでした。しかしこのような事情をご理解頂けず、説明がなかったとして批判をされる方がおら れることを悲しく思っております。理研や調査委員会のご指示や進行具合にもよりますし、私の体調の問題もあるので確かなお約束はできませんが、真摯(しん し)な姿勢で詳しく聞いて理解してくださる方がいらっしゃるなら、体調が戻り次第、できるだけ具体的なサンプルや写真などを提示しながらの科学的な説明や 質問にじっくりお答えする機会があればありがたく存じます。(会見形式では到底無理ですので、たぶん数名限定での説明になると思いますが…。)

最悪、悪魔たちの常套手段なのだけど、"体調が悪い"、"心身が大変だと言っていた"、
"元気が無かった"などのインフォメーションを予め流しておいて…。

・・・ (>_<)

さゆふらっとまうんどさんがおっしゃっているように、小保方氏を悪魔たちの手から護らなければと思います。

多くの国民が、トンデモな世界に生きていると認識すること!

ケンイのお化けが私たちに取り憑いて、トンデモない世界にしているのです!

全ては繋がっている。

トンデモな情報の共有!
これが311後を生き抜く鍵になるのです。

1人でも多くの皆さまに、伝えて参りましょう!

                         m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。発狂しそう(-_-))

大きな猫ですheart13

より以前の記事一覧

広告

  • google
  • amazon