2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

音楽

2014年12月29日 (月)

【歩くメディア】この島の大人たちの力が今ほど試されるときはない。… プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!106

20141228_175009

今日は29日(月)。朝からrain     *昨日のケム→

どんよりと世界はグレーに染まり、気分も何となく重い。
お天気は、心の持ち方を決定的に左右するってことか?

まぁ、本日の空間放射線量だけど、これを見ると、この先もず〜っとミクロの核爆弾に曝されながら、うす〜くとも毒が降り掛かった食物を食べ続けて、生きて行かなければならないことが分かります。(> <)

20141229_180241

今年も残すところ、あと3日。

必要となくなったモノは淘汰される。この宇宙の法則からすると、ニンゲンという生き物、とりわけ、この極東の島の住民は、その先駆けになるのを自ら望んでいるかのように、アポトーシス誘導を起動し、つまりは、"細胞死"である、コッカによる国民ジェノサイド=日本民族の自滅 に前進した2014年であったように思う。

 

先日の総選挙の結果、私たち日本国民は、識字率が世界一高いと言われていながら、自虐的に自ら滅びゆく道、"この道しかない"自公政権をどうして選択したのか、ここで少し考えてみたい。まぁ、勝手な妄想です…(- -)

 

世界の冷戦構造が終わり、代わって国境を越えたグローバル資本の世界支配という、"地球丸ごと我らのモノ!"っと、イエローやレッドにブラックのカラーのニンゲンは家畜とみなす"シオニスト"とも"イルミナティ"とも"グローバリスト"とも"悪魔"とも言われるほんの一握りのニンゲンたち(?)が富と権力を独占出来るよう、地球を回し始めて久しい。

 

世界民にとって、このコッカという檻さえ、軽く飛び越え、マネーの力で独自の文化や文明を持つ国までも支配して行くという、人類は"新しい脅威への対抗"にステージはとっくに移っているのに、プランテーション日本国は、どうか?っといえば、300万人の国民が犠牲になった戦争の総括ができないまま、

 

米帝の植民地政策の下、戦後70年、一貫して左派が決して政権を取る事は無い、共産党コラボ自民党一党独裁が続いている。

 

これは、取りも直さず、大衆操作の要である、3S政策の賜物であり、教育の成果でもある。

 

植民地である、紛れもない事実を隠し、生活は政治に直結する事実を遠ざけるために、洗脳箱と洗脳紙を使い、国民の脳内はコントロールされ、ファンタジーでパロディの、クレイジーな幻想を刷り込まれ、3.11後の今、レッドデータブックの一番上に記載されているであろう、絶滅危惧種になっても尚、未だにその事実を直視出来ずにいる。

籠の中の鳥状態。
思想的に成長出来ず、3.11の震災&フクイチ原発過酷事故の継続により、物理的に危機的状況にあるプランテーション日本国の人々。

 

ふぅ〜〜〜。

 

ここまで書きなぐっていて、自分でも嫌になるのだが、
来る2015年は、"この道しかない"暴政が吹き荒れ、1%の資本家のために、次々に国民を縛るしくみを量産していくであろう。

20141210_140423

自民党の改憲案は、そっくり97条の人権を削除しているが、特定秘密保護法・癌登録法の施行により、知る権利、表現する自由は既に侵害されている。


福島の子供たちは、検体モルモットになっていて 、
南相馬の人々も、汚染地に永久に縛り付けられる事になるかもしれない。
全町民避難の浪江町の人々が、補償を受ける前にどんどん亡くなってもいる。

20141229_174439

公共放送のはずのNHKは、既に安倍総理のお仲間が牛耳っていて、国営御用放送局に成り下がり、電波利権を独占しているテレビ局の首魁たちも首相と寿司や天ぷらを一緒に食べるお仲間だ。

先日ブログにしたためたように、口を噤まされる前に、"一郎・太郎となかまたちの国民!"は行動に移さなければならないと思う。

20141229_112028_3

60年前に、エノケンの愛称で親しまれた喜劇王 榎本健一さんのプロテスト・ソングが話題になっている。

1945年の、氏が主演するNHKのラジオドラマ『とかくこの世は』の挿入歌なのだそうだが、そのまんま、今の、安倍自公政権に対する歌になっていて驚く。
*ブログ"TAP the POP"の記事→ "60年前のプロテスト・ソングが今も通用する「これが自由というものか」"が詳しく紹介してくださっています。
是非、聴いてください。

歌詞を転載させていただきますね。

「これが自由というものか」作詞・作曲:三木鶏郎

知らない間に実験で  
知らない間にモルモット
知らない間にピカドンで(フクイチで) 
知らない間に水爆病(ぶらぶら病)
これは呆れた驚いた   
何が何だかわからない
これが平和というものか 
あちら任せの平和論

知らない間に値上げして(改憲で) 
知らない間にMSA*(TPP)
知らない間に教育法(徴兵制)   
知らない間に機密法(共謀罪)
これは呆れた驚いた   
何が何だかわからない
これが自由というものか 
あなた任せの自由論

知らない間に金上げて  
知らない間に金取って
知らない間に税金で   
知らない間に自衛隊(国防軍)
これは呆れた驚いた   
何が何だかわからない
これが政治というものか 
おかみ任せの政治論

*「MSA協定」は日本の軍事力増強を図るためにアメリカが援助を与えることを主旨とした協定で、この歌ができた1954年の3月8日に調印された

(括弧)は、今風に置き換えたらこうかなぁと書いてみましたが…、
この歌が歌われた1954年と今と決定的に違うところ。
それは、この歌がどうやって存在していたかと言えば、敗戦後の、NHKで流れていたという事実!

 

ようは、ファッショ政権が誕生し、見えないミクロの核爆弾による、言わば核戦争の最中、"集団的自衛権行使閣議決定"ありの、リアルに目に見える戦争へと邁進している今とは、国民を取り巻く政治状況がまるで違うということ!

 

さぁ、どうやって、人権を取り戻し、子供たちを護るのか!?

 

この島の大人たちの力が今ほど試されるときはないと思う。
皆さま、 心して生きて参りましょう!

                 m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜〜。)

いつも二人!

20141229_195035

2014年7月 8日 (火)

【歩くメディア】もう一度、国民の手で"政権交代"を 起こすしかない!それが革命だ! … プランテーション日本国だもの、勝手に妄想、お許し願います。2 (-_-)

20 今日は8日(火)。嵐の前の静けさ?sun

昨日は、七夕さまでしたね。
私は、都内にある施設で歌の仕事に出かけ、七夕さまに因んだ歌を歌いました。

日本の唱歌っといわれる、簡単なメロディーの歌に、私は日本のよき時代の情景が写し取られていると考えていて、西洋音楽を学んできたのに、今は、これらの小さな歌が持っている世界観が愛おしくてなりません。

だいたい、文部省唱歌っと言われるものは、教育の名の下に、ある種の洗脳を目的に作られていると考えられ、文部省のお役人が合議の上(一曲を何人もの役人で)作ったので"作詞者不詳・作曲者不詳"という曲があるのはこのためです。

ふるさと や 朧月夜 など、作詞者・作曲者の名が明らかになっている曲は、普通の多くの歌がそうであるように、作詞者・作曲者一人ずつで作られた曲ということですね。

「蛍」っという、昭和7年に作られた歌があります。

もう、街では見ることが出来なくなって久しい昆虫。
お星さまのように、キラキラと光りながら、宙を舞う、何とも幻想的な虫。
幼いときに、祖母に手を引かれて、観に行った記憶が微かにあります。
私が育った家は、玄関の先が田んぼで、夏になると蛙の合唱が賑やかな、のんびりした田園の中にありました。それでも、蛍を見た記憶が残っていません。

そんな、朧気にしか記憶にない蛍なのですが、この歌は、切れ切れになった記憶を繋げてくれる、否、見たことのない人でも、細胞のDNAに眠る先祖の記憶を呼び起こし、情景と共に、虫を愛でる文化と伝統を感じさせてくれる。そんな力がある歌なのです。

蛍  作詞:井上 赳 作曲:下総 睆一

蛍(ほたる)のやどは川ばた楊(やなぎ)

楊おぼろに夕やみ寄せて
川の目高(めだか)が夢見る頃は
ほ、ほ、ほたるが灯をともす

川風そよぐ、楊もそよぐ
そよぐ楊に蛍がゆれて
山の三日月隠れる頃は
ほ、ほ、ほたるが飛んで出る

川原のおもは五月(さつき)の闇夜(やみよ)
かなたこなたに友よび集(つど)い
むれて蛍の大まり小まり

ほ、ほ、ほたるが飛んで行く


作詞の井上
赳さんは、ちょうど"先の大戦"の戦前・戦中と文部官僚であった人ですが、wikipediaによれば、文部省図書監修官になって、国語教科書の編纂、戦況が激しくなる41年には、軍部の圧力にも屈せず、児童中心主義を貫き、44年、図書局廃止に抗議して辞職しています。

文学や音楽、芸術に携わる人が、決して、してはいけないこと。

それは、時の権力に利用されることを許すこと。


それも、平和な時代ならまだしも、1%の悪魔たちの企図する、"口減らし"と"金儲け"が一緒になった戦争を前提とする、軍事政権下の時こそ、まさに、今。

既に、311以降の日本国は、ミクロの核爆弾が絶え間なく蔓延する空間に生きる、正に、核戦争の最中。

14 こんな非常時に、平和を維持してきた憲法を平気で無視し、今まで平和を培ってきた歴代の知恵を蔑ろにして、人殺しの道具である"武器・弾薬"を製造して*ここクリック→ 他国に売ることを決め、*ここクリック→ 自衛隊を米国の戦争に否応なく派兵させることを決める、こんな軍国主義の安倍自公政権を許している日本人。

誠に情けなく、とんでもない事態へと引き寄せられているようで、恐怖を感じる毎日です。

皆さんはどのようにお感じになりますか?

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  fish  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ!ここからは、いつもの妄想で〜す!!!

ふぅ〜〜〜。(-_-)

いや〜ね、本当に昔の童謡・唱歌には、日本の、強いて言うならば、江戸文明の香りがする歌が沢山あるのですよ。
それで、そんな歌の情景を妄想しつつね、化学物質や核物質に汚染される前の、日本島の美しさは如何ようだったのだろうか・・・?っと、しばし目を閉じ、沈思黙考すること数秒。

まぶたの向こうに、現れ出るのは、それはそれは美しい田園や、さざ波の音が心地よい浜辺や、綺麗に並ぶ瓦屋根の波が見え、しっとりした緑に覆われた小山から、鳥の声が聞こえてくる・・・。

そう、
*ここクリック→ "逝きし世の面影"

本当に、文明の発展とは、一体何だったのか?

核文明のもたらした惨禍を直視すれば、これは、決して、人類の進化なのではないことが明らかだ!

23_2 もう、幻想の世界を続けるのは止めましょうよ。
嘘だと心の底で感じるのに、それを押し殺して、テレビ・新聞・NHKが言うことを信じようとすることを止めましょうよ。

あれから、3年と4ヶ月が過ぎようとしている。

これから、秘密保護法施行、癌登録法施行で、福島の甲状腺ガンを患う子供たちの情報をはじめ、放射能によるガン患者や死者の増加の事実など、国民に知らせたくない"真実"はますます隠されてしまう。

22 対外的なことに目を向けさせようと、仮想敵を作って敵視させ、オリンピックで国威高揚を煽り、苛酷を極める
*ここクリック→ フクイチ原発の実情や放射能汚染の実態を覆い隠すために、これでもかっと国民無視の暴政が吹き荒れている。

今こそ、法律家や文学者たち、芸術家たちが大声を挙げて、カルトが母体の安倍自公政権を倒すために立ち上がるときだと思う。

次期選挙は、いつになるか、定かではない。

10 けれど、民主主義の国民主権の唯一無二の権利は、選挙で投票行動をする、選挙権にある。

平和憲法の前文を堅持することに共通点を見出すならば、
"原発政策"と"集団的自衛権解釈改憲行使"について、同じ考えをもつ野党が結集して、このカルト靖国一派が牛耳る、"独裁軍事政権"に対抗する受け皿となり何としても、もう一度、本当の"政権交代"をおこさなければならない。
そうでなければ、この日本島に生きる日本人は殲滅を免れないだろう。

まあね、読んでいる方も非常に少ないブログなので、こんなことを書いても、聞いていただけないでしょうが、共産党員さんに、少し、お考えいただきたい!

本気で政権を取る気はなく、自民党政権のガス抜きとしての役目を戦後一貫してやってきた共産党。その出自も米国主導と言われている。

*右も左も集団主義(全体主義)なんですよ。気づいてください。↓

カルト靖国統一ナンミョウ亡国政権を倒すというなら、共産党は、きれい事ばかり言って、純真な人々を騙し、党勢ばかりを追い求めるのではなく、他の野党と協力して、政権交代を本気で起こして欲しいと切にお願いしたい。

ふぅ〜〜〜。

なんか、思い詰めたような内容になってしまったけど、本当に、ヤバイでしょ!このままじゃ!

何とかしないと・・・。

                          m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。頭が割れそうに痛い(T_T))

でっかい猫!24

2013年11月 4日 (月)

【歩くメディア】恒例新宿、2日(土)の"生活の党・小沢支援"街宣活動のご報告!

19今日は4日(月)。rain
世間では、文化の日の振り替え休日。

 

横浜は冷たい雨が降ったり止んだりの一日だった。
だから、当然のことながら、ガンマ線の空間線量も上がる。…(T_T)

17_2

ふぅっ‥。

はい、気を取り直して…、遅くなりましたが、
恒例新宿、2日土曜日に参加した"生活の党・小沢支援"街宣活動のご報告です!!!

同志の*ここクリック→ 中ちゃんレポートでUSTREAM配信をしてくださっています。
是非、ご覧ください。m(_ _)m


Video streaming by Ustream

Video streaming by Ustream

え〜っ、いつもの様に"小沢悪"とマインド・コントロールされている、多くの国民の皆さまに小沢さんこそが99%の国民の味方であるとご理解の切っ掛けになればと、*ここクリック→ マイ・チラシを挟み込んだ、生活の党の黄色いチラシを30枚用意してのチラシ配り。

"国民の生活が第一の政治を実現する会"が9月21日より、毎週土曜日の新宿西口街宣を再開してから、5回目の参加となったこの日。

小雨がちらつく、冷たい陽気にもかかわらず、新宿は本当に多くの人々が行き交う。
小田急前には、いつもの"生活の党"の旗に、より沢山の"日本共産党"の旗まではためいている。近づくにつれ、街宣車も来ている。どうやら、街宣活動が重なってしまったらしい。

平成の治安維持法=特定秘密保護法 に対して、反対署名を広く募っている。
さすがは、組織力が違うよね。っと思いながら、私は私、生活の党の小沢さんだ。

みんなの新宿駅前である。いろいろな主義主張が行われて、辛うじて、民主主義の社会を保てているようで、何となく、安心する。
妙な心持ちだが、このまま、カルト政権の暴走を阻止できなければ、この活動もいずれお縄になる…かもしれない。

115 次の日、歌の仕事があり、なるべく、声を使わないように、気遣いながら、いつものように【歩くメディア】の三角帽子に、看板を背負って、呪文を唱える。

「テレビ・新聞・NHKに騙されないでくださ〜い。」
「生活の党を支持しています。」
「小沢さんは99%の味方で〜す。」

中々、受け取ってもらえない。今日も、沢山あまっちゃうかな?

そんな風に感じながら、一生懸命配る。

にやにや笑いながら近づいてくる男性:
「生活の党、消えてなくなるよ。民主党をでたんだから。」

「今や、民主党は自民党と同じですよ。」とお返事。

奥様とご一緒の大柄な男性:
「俺、ずっと小沢支持なんだよ。毎回、選挙の度に、入れてきた、家族にもお願いしてね。小沢さんはいい人なんだよね。」

「はい、今、日本を救えるのは小沢さんしかいないと思います。」


学生らしい、3人の女性の一人が、手を差し出しチラシを受け取ってくれる。

「小沢さんのことが書かれているチラシが入っていますので、是非、3人で読んでくださいね。」
「分かりました!」
と気持ちよいお返事をいただく。

今度も若い女性:
「チラシ、ください。」

「あっ、先程の3人組の方?」


「いいえ、一人です。」


「少し、お聞きして良いですか?どうして、興味を持たれましたか?」


「私、メディアに興味があるので…。」


(あっ、そうか、私は【歩くメディア】だった!)

「そうですか、記者クラブって知っていますか?」

「あまり知りません。」


「(…(-_-))日本にしかない、組織で、この中にあるチラシにも書いてありますので、よく読んでくださいね。今、本当に大切なことは、私たち国民には知らせないようになっているのです。フクシマの子供たちが病気になっていることや、フクイチの大変な状態とか…。」


「えっ?そうなんですか?」


「はい、小沢さんのことも多くの国民の皆さんが誤解したままなのです。是非、本当のことを知ってください。お願いいたします。」

気づけば、用意した30部のマイ・チラシ&生活の党チラシセットは、全て配り終えていた!(^^)/

新たに、同志の方からチラシを分けて貰う。

115_2 すると、【歩くメディア】の看板を見入っていた男性が声を掛けてくださる。

「この通りだね!本当に、私も小沢さんの主張と同じ。TPP、消費税増税、秘密保全法、原発、全部おかしいし、全部反対!」

「そうですよ。今、国際金融資本のグローバル勢力に、乗っ取られている状態ですよね。 右も左もない、あるのは、お金に操られた勢力ですよ。」


「実は、共産党の党員なんだけどね。」


「冷戦が終わって、もう、右・左の論理で対処できないですよね。アメリカの歴史学者さんが言っていることですが、右も左も、根っ子は同じ。」


「そうなの?う〜ん。社会主義をずっと目指してきたんだけどね。」


「共産党さんは、選挙に300議席出すでしょ? 結局、自公を勝たせることをしてるじゃないですか?反原発で勝てそうなところも、票が割れて、お陰で勝てない。」


「そうね。志位さんに言っておきますよ。」

とっても素敵な方でした。結局、共産党の党員の方々は、素直で純粋な方が多いのだと思う。

でも、もう気づいて欲しい。

*ここクリック→ 右・左は、悪魔たちが編み出した、世界民を束ねるためのイデオロギーの"装置"!

どちらも、先の鋭くとがった、プラミッド型の世界。
1%にも満たない一部の人間たちが暴利を貪る世界。
人々が幸せになるのではなく、組織が存在するために99%が犠牲になる世界。

小沢さんは、東西冷戦が終わった時に悟ったのだと思う。

今や世界に誇れる"日本国憲法"に書いてあるとおりの、
真の民主主義を国民の手に!っと、ずっと踏ん張っているのが小沢さんなのです!

ふぅ〜。

兎に角、この日は、初めて用意したチラシがなくなる、素晴らしい体験をしました。
へこたれずに、頑張って、"真のナショナリストは小沢さん"を伝えていこうと思います。

                          m(_ _)m

(ふぅ〜。think

猫たちheart18

2013年3月12日 (火)

【歩くメディア】結婚式のアメージング・グレイス。そして、陸山会事件は終わっていない!

2 今日は12日。
昨日は、悲しい一日だった…。
そして、ちょうど2年前の今日、プランテーション日本国の"原発政策の破綻"が始まった。

原発4基爆発という、全世界が仰天する、カタストロフィーに直面し、今なお、その真っ只中にある。

我々日本人は、これからどうなっていくのだろう?

ドイツはフクイチを見て、2022年までに全原発を廃炉にする。
ドイツにできて、どうして日本にできないのだろう?
全く情けない、日本島の住民は、思考を失った愚民の衆だ。

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

まぁ、いつもの妄想で〜す(^^)/。

先日、親戚の結婚式に出席した。
結婚して、家庭をもち、家族を増やし、種を維持してゆく。
情緒を抜きにして、生物の当たり前の姿であると思う。

縁のある人間がお祝いをし、披露宴の席を分かち合う。
これ自体、意義あることであると思うのだけど、いわゆるウエディング産業が提供する、
"レンタル牧師による結婚式"に出ると、何とも言えない、複雑な気持ちになる。
ヴァージンロードと言われる絨毯の上を、新婦とお父さんがしとしとと歩くのだけど、
それ自体は、良いとして、後に流れる音楽が"アメージンググレイス"なのである。

奴隷貿易で巨万の富を得た、奴隷船の船長が航海途中で嵐に遭い、神の加護により一命を取り留めたという、逸話に基づく歌である。いくら、その奇跡が起こり、改心し、敬虔なクリスチャンになって、後に牧師になったと言え、だから、何なんだ?
敬虔なクリスチャンになれば、それまで何人、人を殺そうと許されるんだね?
都合の良い宗教である…(T_T)。

こうした、歌の由来を考えれば、到底結婚式にはふさわしくないと思わないではいられないが、このアメージング・グレイスが重用され、いつもがっかりさせられる。

きれいな旋律であるから、意味などどうでもよいのだろうか?
"黒人奴隷を運ぶ船長が改心した歌 & 希望に溢れた前途ある若い2人の結婚式
この二つが一緒って、正しく、パロディな世界じゃないですか?!

こういった一見些細なことのように思えること。
でも、この些細なことが積み重なって、色んな見えないところで齟齬がおき、気づいたら、ファンタジーでパロディのクレイジーな、トンデモな国になっていた!っということだと思う。

明日、
"検察&最高裁&発狂国会議員コラボ捏造陸山会事件"二審の判決がある。
1
あちこちが発狂しているプランテーション日本国での裁判。
全く期待できない。

裁判長は、*ここクリック→ "東電OL殺人冤罪事件"を起こした犯人の一人、飯田喜信クン。

新たな無実の証拠を採用しなかった、職務を全うしようとしない裁判長、ヒラメ判事である。
結果は、悲しいかな、推して知るべし。

あ〜、*ここクリック→ また"小沢パージ"が始まるね。

*ここクリック→ 白が黒、黒が白の、壮大なウソの上に地球は回る…

日本だけじゃないんだよ!!!世界が狂わされているのです!
一人でも多くの人間が気づくこと!
真っ当な世界を創るには、本当のことを知るしかないのです!!!
奴隷にならないために…。


                                               
m(_ _)m

(ふぅ〜、だいぶ疲れています…(-_-))

仲良しなふたりheart
3

2012年12月25日 (火)

【歩くメディア】3S政策の中の"音"

久しぶりの更新で〜す。(^_^)
今日の横浜はいいお天気ですsun

寒桜です。↓

5_2 昨日、旅から戻ってきました。

歌の仕事で出かけていたのですが・・・。
歌や、音楽で人様を元気にするには、演奏者自身が元気でないといけませんよね。

でも、16日以来、心が晴れない私。(T_T)

ふぅ〜っと、ついつい、ため息が出てしまう世界にいても、音楽って不思議・・・。
その音楽が持つ"力"で、歌っている自分も元気になってくるのです!!!

さて、世界の民を支配する手段として、悪魔のような人々(?)が好んで採用する "3S政策" ←ここクリック なるものがあります。

"この地球に住む人間社会とは、いったいどうなっているのかな?"

疑問を持ち、調べていけば、早い段階で出会う用語です。

実は、私は、中学生の時、年度末の終業式に、転任される理科の先生から、この用語を初めて聞かされました。肺を病んでいる20代の男の先生で、病気で長いこと休職されていた先生の全校生徒に向けた"転任の挨拶"での演説でした。

「3S政策に注意してください。スクリーン・スポーツ・セックスの3つのSです。」

その先生は、そうおっしゃったのです。

そして、永い年月が経ちましたが、時々、ふとするとこの言葉を思い出します。

今、この日本、いや、世界中の国々で、この"3S政策"なる効果が花開いています。
Wikiでは、"大衆の関心を政治に向けさせないように取る愚民政策のひとつ。"っと書かれていて、世界を見渡せば、まさしく、今、その先生が危惧していたとおりの世界になっています。

私たちは、国家という"仕組み"の中に、うまれてきて死んでいきます。
好むと好まざると、その国にうまれた以上、死ぬまで政(まつりごと)と関係なく生きてゆくことはできません。

人間として、何をして、生きていくのか・・・。

政に関心を持ち、ひとりひとりが真剣に考えて、生きてゆくのなら、自ずと世界は違ったモノ、地球は別の色合いをしているのでは?っと考えてしまいます。

"音"に携わっている私。

"音楽で人を癒し、元気を与えることが出来る。"とよくヒトは言います。

反面、ややもすると、S3政策のど真ん中に貢献するかもしれない危険が潜んでいる音楽。
スクリーンを介して、利用される"音"。

ナチがワーグナーの音楽を利用したように、"音"は人間の感情を左右する効果がある。
"音"が政に直接利用される時代が、すぐそこまで来ているように感じてなりません。

名もない人が楽しむ、ささやかな"音"が踏みにじられることがないよう、注意していこうと思います。(私一人だけじゃ無理だから、皆さんも注意していてくださいな(^^;))

            <(_ _)>

来世があるなら、cat希望!6

2012年12月 4日 (火)

12月4日がやって来た!言論の自由を確保する。(^_^)v

今朝は小雨が寂しさを増すrain、、、そんな冬の朝。
さぁ、気合いを入れて、ますます頑張らなくっちゃ!
今日は、選挙の公示日です。

昨日は、朝から仕事で、まぁ、仕事と言っても、バリバリ稼げる仕事ではありませんが、
皆さんに喜んでいただける仕事だと思って、お声がかかれば出かけています。

昨日のお客様は、プライベートの関係がほとんどのコンサートでしたが、
赤ちゃんからお年寄りまで、年齢層が幅広いので、演奏する曲目も考慮しないといけません。でも、私が信条としている"日本語の歌"を選ぶのは欠かせません。(^_^)

石川啄木の詩に平井康三郎さんが曲をつけた「ふるさとの」と言うピアノ・歌・ヴァイオリン(フルート)の歌があるのですが、本当にいい音楽ですよ。
多くの人に聞いていただきたい日本の歌です。

ふるさとの

ふるさとの 山に向かいで 言うことなし
ふるさとの山は ありがたきかな

やわらかに 柳青める 北上の 
岸辺めに見ゆ 泣けと如くに

岩手の北上、ふるさとの山と川を詠っている詩。
音楽も雄大で柔かでぬくもりのある景色が浮かんでくるような、素晴らし音楽だと私は思っています。

・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・::・:・:・:・:・:・
今、自分がこんな政治的な行動をとるようになるなんて、思ってもいなかった。

この世の中の、あまりに理不尽で、あまりに悲しい現実を前にして、
日本の未来を、子供たちの未来を考えたときに、私がずっと続けていきたい、「マイクを使わないで生の声を、生の音楽を楽しむ。そして、日本の歌を歌い続ける。」
そんな小さな、ささやか"行為"も理解し、一緒に楽しんでくださる、日本人が居なくなってしまうのではないか、日本の言葉を大切に、歌い継ぐことの意味がなくなるような、そんな国になってしまうのではないか、
こんなような漠とした恐怖をひしひしと感じるようになったからだ。

日本語を失ったら、日本人は滅びる。

今、日本人は絶滅危惧種だ。
誰か(1%)のレッド・データ・ブックにはしっかり載っているだろう。

どんなに大きな力が動いていようと、真実が真逆のハリボテ国家、ファンタジー&パロディの狂気の国、日本に生きているのだがら、私は、砂粒のように小さな存在だが、正気を保つために、言葉や音で表現していきたいと思う。

       <(_ _)>

ふぅ〜、さて、岡本さんの事務所に出かけます!

catニャンで〜す20

2012年10月10日 (水)

そうだったらいいのにな

"そうだったらいいのにな"っという童謡がある。

作詞 井出隆夫 作曲 福田和禾子 の作品である。

子供が素直な、しかし、荒唐無稽な希望、夢を歌うのである。

まずは、かけ声 あるいは、呟き。

そうだったらいいのにな そうだったらいいのにな

それから、夢想した願い。

うちのお庭がジャングルで 子犬のタローがライオンだ

そして、もう一度、呪文。

そうだったらいいのにな そうだったらいいのにな

私も、替え歌で、無邪気に夢を歌いたい。

そうだったらいいのにな そうだったらいいのにな
日本は空気が澄んでいて、美味しい食べ物食べ放題
そうだったらいいのにな そうだったらいいのにな

もう一丁

そうだったらいいのにな そうだったらいいのにな
正直者が尊ばれ、泥棒・嘘つき誰もいない
そうだったらいいのにな そうだったらいいのにな

それから、もう一つ

そうだったらいいのにな そうだったらいいのにな
共生・自立の理念では、世界はみんな手をつなぐ
そうだったらいいのにな そうだったらいいのにな

国民の生活が第一、国民の命が第一。
他に何があるというのか?

広告

  • google
  • amazon