2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

経済・政治・国際

2014年9月 2日 (火)

【歩くメディア】"ディスクロージャー・プロジェクト"から13年と4ヶ月。世界はまるで変わらない!? … プランテーション日本国だもの、勝手に妄想、お許し願います!4 (-_-)

2 今日は9月2日(火)。sun

久しぶりに緑の向こうに青空が覗き、蝉の声と一緒に、爽やかな秋の風が吹いている。

こんなのどかな日は、心底、311が起きなければ・・・っと思ってしまう…。

今日の空間放射線量は、風向きだろうか?ここ1年ほど、ず〜っと40がデットラインといったところだったが、先月末辺りから、38、37と最低を更新して、今日は36まで落ちているので、3年と5ヶ月ぶりに、洗濯物をベランダに干した。

6_2

風に揺れる洗濯物。 以前は当たり前だったのに、今は、何とも感慨深い。

そんな世界に突入している。これが現実である。

ふぅ〜〜〜。(-_-)

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  pig  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ、久しぶりに、妄想爆裂!ぶっ飛んでみようと思いま〜〜〜すsign01

え〜〜〜っとね、この話題は、放射能惨禍に見舞われるプランテーション日本国においては、未だにディスクローズされない、トンデモ扱いだっということを百も承知で、初めてブログに取り上げるんだけど、まぁ、ここは、"泡沫発狂ブログ"っということで、お許し願いたいと思います。m(_ _)m

前置きが長くなりましたが,

じゃ〜〜〜んsign03 "ET(地球外生命体)=宇宙人"についてです。

私は、自分が"宇宙人"であると気づいた時から、まぁ、この広い宇宙には別の星に"地球人と似て非なる宇宙人"が存在するだろうと確信していたのだけど…、

2001年5月9日に、宗主国において、スティーブン・グリア博士が目撃者から膨大な事実証拠や証言を集めて、ホワイトハウス付きのジャーナリストが主催する記者会見にて、21人の証言者と共に、政府が隠している"ETとUFO"の存在を公表した。ようは、半世紀ほど前から既に、"ET"とのコンタクトがあったという事実!

ここへご来場の皆さんの中にも、既に、この"ディスクローズ"について、ご存じの方も沢山いらっしゃると思いますが、2659ybm87657さんが、youtubeにアップしてくださった動画を紹介しますね!(^^)/

*在米の斉藤弓子さんが訳したものを2659ybm87657さんが動画に字幕をつけてくださり、*ここクリック→ 2時間近くある会見動画を10分割して、アップしてくださっていますので、その1をまず、添付いたします。m(_ _)m


*字幕のテキストは、*ここクリック→ "UFOの真実"というサイトで全文が読めます。
動画を追いながら読むのが苦手な方は、こちらをじっくりお読みいただければと思います。
”UFOの真実"さん、情報の掲載、誠にありがとうございます。

紹介者ジョン・サイファー氏のイントロデュースのあと、3:00からのスティーブン・グレア博士の冒頭挨拶を転載させていただきますね。

ありがとう、ジョン、記者の皆さん、アメリカ国民の皆さん、そして世界中の方々。
今日私たちは、今まで50年もの間、馬鹿にされ、疑問に思われ、そして否定され続けてきた問題の真実を明かすためにここにいます。今日ここにいる人たちとそれに加え350人以上もの軍事、諜報機関のいわゆるUFO、宇宙人の目撃者たちは、この宇宙に存在するのは私たちだけではないということを証明します。今日ここにいるサラ・マクレンドンに感謝します。彼女はホワイトハウスの記者で、今日の主催者です。ありがとう、サラ。(拍手)
 
 1993年に私はこのプロジェクトの軍事関連のアドバイザーとバージニア州の田舎町で会い、一般市民と軍事、諜報部員、そして他の人々が一緒になってUFO問題の真実について明かす時が来たという意見で一致しました。その後、私は個人的にクリントン政権の最初のCIA長官だったジェームス・ウールシー氏と会見し、また国防諜報部長、諜報参謀長、上院諜報委員会のメンバー、多くの国会議員、ヨーロッパの閣僚たち、日本の国会議員や世界の他の人たちと会って話をしてきました。誰もがUFOの存在については驚きませんでしたが、皆一概にUFOプロジェクトにアクセスできないことについて恐れていました


 私たちが身元を確認した現時点で400人以上にものぼる証人たちは、CIA, NSA (National Security Agency, 国家安全保証局)、NRO(National Reconaissance Organization 国家偵察局)の職員、また空軍、海軍、海兵隊、陸軍の隊員とあらゆる分野での諜報機関部員、軍の機関職員、また会社員、政府の請負企業の会社員で構成され、彼らを通してこの問題を確証できます。
 
 彼らは闇の予算や極秘の未確認のプロジェクトに参加してきた人たちです。これらの未確認の特別プロジェクトは1年に少なくとも400億から800億ドルを費やし、世界を永久に変えることのできる技術の上に腰をおろしているのです。
 
 私たちが今公然と現れた理由は、アメリカ国会とブッシュ大統領にこの問題に関して公式な調査と公表を促してもらいたいからです。この課題は人類の未来、アメリカの国家安全保障、そして世界平和に密接な関係があります。

 特にUFOと地球外飛行物体に関する技術は、一般に公開されそれが平和的なエネルギー生産と推進に利用されれば、深刻なエネルギー危機問題を解決することができ、また地球の温暖化に終止符を打ち、今地球が対面している環境問題を改善することができるのです。
 

 また私たちは社会共同体として宇宙に武器を配置することの妥当性について討議し始めることが必要です。もし私たちだけが宇宙に存在しているのではなく、他の文明と領地を共有していることが証明できれば宇宙に武器を配置することは無分別なことで状況を不安定にしかねません。この問題はアメリカ国内と国際社会にとって認識の範囲外だったので議論されてきませんでした。ですからこの問題を認識の範囲内に置くことが必要なのであってそのために私たちは今日ここにいるのです。
 私たちはUFOが時速何千マイルものスピードで飛び、停止し、そして右に曲がったのをレーダが捕らえたことを証言することによってこの問題を確証することができます。それらの飛行物体は反重力推進力方式を使って動きます。この方式はすでにアメリカ、イギリスや他の国々での機密プロジェクトでどのように作動するのか研究され、解明されています。 
 UFOは地球にすでに着陸しており、特にアメリカの特別チームによって撃墜され、また回収されてきました。そして少なくとも50年もの間、異星人も回収され彼らの飛行物体は没収され徹底的に研究されてきました。
 私たちは今日公開する証言と書類によって私たちが知っている限り少なくとも2代に渡る大統領の政権によってこの課題が議会のメンバーから隠されてきたことを証明できます。
 
 
合衆国憲法はこれらの機密プロジェクトの増大する権力によって堕落させられてきました。
 これは国家の安全保障にとって非常に危険なことです。

 ここで強調したいのは、異星人たちは私たちに対して敵意をもっているという証拠はどこにもないということです。ところが異星人が私たちの敵意を懸念しているという証拠はたくさんあります。
 彼らが私たちの大陸間弾道ミサイルを作動不可能にしたり、発射能力を鈍らせたりしたこともあります。今日、証言者たちがこれらの出来事についてお話します。
 
ETは私たちに宇宙に兵器を配置して欲しくないということを明らかに示してきました。しかしながら私たちは危険な道を押し進めています。

 
国会と大統領そして国際社会によって管理されてこなかったので、この問題は国家の安全保障を脅かすものになってきました。

 だから私たちは事実を明らかにしなければらないと感じているのです。これが 「秘密暴露のキャンペーン(ディスクロージャー・プロジェクト)」の始まりです。先週ブッシュ大統領に渡したメモに、私は私たちの目的がたっせられるまでこのキャンペーンは続けると書きました。

そしてその目的とは

 ・UFO問題についてアメリカ議会で率直で公正な公聴会を持つこと。

 ・恒久的な宇宙への武器配備の廃止と、すべての地球外物体への攻撃の禁止。

 ・これ以上の環境破壊を防ぐのに間に合うように石油の使用を撤廃し、また今後10年間に確実におこるはずのエネルギー危機戦争を防ぐために、どのようにしてこのUFOに関する技術を明らかにし、そしてそれを使ってどのように平和的にエネルギー生産ができるかについての十分な研究をすること。


これは最も緊急な事項です。もちろん今までUFO問題はばかにされ続けてきました。私は緑色の小人について記事を書きたがる多くのマスコミの人々を知っています。
 
しかし実際はUFO問題が笑われるのは、それが大変重要だからです。私はペンタゴン(アメリカ国防省)や議会のメンバーである大の大人たちが泣いてこういうのを聞いてきました。「いったい私たちはどうしたらいいんだ」と
 私たちは、この問題が正当に世間に明らかにされるのを見届けます。私たちがすでにビデオでインタビューした100人以上もの中の勇気のある最初の21人の証人たちが前に出て真実を語ります。
 人々は猜疑的な目で見ると思いますが、無分別にそうするとは思いません。
 なぜならこの証人たちは信用に値し、自分たちが何者であるかを証明でき、また人類にとって最も重要な出来事の第一目撃者たちだからです。彼らの何人かはアメリカで核兵器の扱いを指揮し、国家の安全保障についてのすべてにおいて多大な信用を得てきた人たちです。私たちは今彼らの言葉を信用しなければなりません。

 バチカン市国のバルドゥチ司祭は最近のインタビューでこう言いました。「この目撃者たちの証言を受け入れないのは愚かなことだ」と。疑問に思うのは結構です。でも偏見をもって見たり頭でっかちな態度でにこれに対応したりするのは見当違いです。これはとても重要な問題なのです。マスコミ、科学学会、そして政府の官僚たちがこの問題を真剣に受け取り、人類と私たちの子供たちにとって正しい行動をとって欲しいのです。
 私たちは何十人もの最高機密の目撃者たちの500ページ近い書類と証言のコピー、そして4時間にまとめたビデオをメディアと国会のメンバーのために用意しています。このビデオは商業用ではなく、私たちがインタビューした120時間にわたるビデオを4時間にまとめたもので、マスコミと国会議員の人たちに見てもらうために用意したものです。

 
私はこの問題が真実で人類の未来にとって非常に重要だということを確証できます。今これを聞いているすべての人々にお願いします。議会のメンバー、世界の国々のリーダーたちにコンタクトをとり、この問題について率直な調査を行うように、また私たちは他の生物と宇宙を共有しているので、宇宙兵器の廃止を支持するよう頼んでください。

 
そしてこれが人類の子供時代の終わりだということを理解してください。今こそ私たちが宇宙文明の一員である大人に成長する時なのです。そのためには私たちは平和的な文明にならなければならず、宇宙に進出するのは辺境に兵器を配置する目的ではなく、他の文明と協力していく意図の下でなければなりません。

 証言者はあなたがたの向かって左側から順番に始めます。彼らが自己紹介し、どんな政府や軍の仕事に従事し何を個人的に経験したかを話すまで質問はしないでください。会の終わりに会場が閉まるまですべての質問を受け付けますし、あなたがたが必要なすべての情報を提供します。それでは最初の証人から始めます。ジョン・カラハン氏です。

14年前2001年の5月9日に発表されたこの会見の、4ヶ月後、ブッシュJr.政権のもとに"同時多発テロ911"が起こされ、世界は、米国がやり出す大義のない"テロ戦争"へと巻きこまれ、国連も承認しない"米軍のイラク侵攻"に、プランテーション日本国にあっては、小泉政権が自衛隊を派兵し、罪もない人々を私たちの血税で殺戮するという、愚挙を行っている。

スティーブン・グリア博士と情報提供者たちが証言するように、ETたちからの、ゼロサム・エネルギーという、必然的にパラダイムシフトを起こすことになる、新エネルギーの存在が明らかになれば、石油やウランの化石燃料争奪のための戦争が消滅することになり、

核文明に変わる平和が前提の新たな地球史のスタートとなり得る程の、ショッキングな事実であったのに、世界の人々に浸透する隙を与えることなく、"闇の政府"が自作自演を演じ、4000人とも言われる自国民を犠牲にして、WTC爆破をやって見せ、世界を盲目なテロ戦争へと導き、その先にある"悪魔"たちが企図する、"新世界民奴隷制"="NWOの樹立"に突き進み、今に至っている。

つくづく、真実とはわからない、見えないモノであると思う。

人類をいつまでも進歩のない、下等な種に縛り付けている概念。

それは、
"戦争はなくならない。"という、自己暗示にも近い1%の悪魔たちの罠に嵌っているってこと!

人類は元来共食いである"戦争"など自らしようとは決して思わない。いつも昔から為政者たちに、無理矢理やらされているに過ぎないのであるから、いい加減、卒業すればいいのだ。

スティーブン・グレア博士とその賛同者たちが、満を持して21世紀到来と共に、世界の人々に訴えたこの"ET(地球外生命体)の存在と、その隠蔽の事実"を、
311を通り越し、常識が非常識で、全てが幻想、真実は真逆の、"原発は夢のエネルギー"や"安全・安価・クリーン"のお札をペタペタ貼り付けたような、ファンタジーでパロディのクレイジーなハリボテ・コッカ、プランテーション日本国に生きる今、改めて、この
既出の事実についても同時に考えるべきことなのだと思う。

何事も、繋がっている!

今、大きな声で、"宇宙人が存在する!"っとまだ言えないかもしれない。
でも、頭の中で、いろいろと考えを巡らし、事実は事実と受け止める、大きな心構えが必要だ。タブー視し、見て見ぬふりをすれば、それこそ、"悪魔"たちの思う壺!


"核文明をやめるか、人類をやめるか" の瀬戸際である今だからこそ、一人一人が考え始めるときだと思う。

ぎゃ〜〜〜〜〜!キテますね〜(>_<)

それで、【歩くメディア】的には、今、一番気になること・・・。

平和な世界を"自立と共生"の理念で構築しようとしている小沢さんが、明日3日から3日間、韓国を訪問するとのこと。なんだかんだと、世界は"世界大戦モード"に突入といった感じだから、本当に、何事もなく、無事にお帰りになることを祈っています。

"悪魔"たちは何だってやるからね、とっても心配!

ふぅ〜〜〜。(-_-)

世界を変えるには、まず、身の回りから変えるしかない。
だから、生きること、すなわち、このコッカの政(まつりごと)を変えるしかない。

でも、このまま、国民の皆さんの覚醒がないと、ますます、手の届かないところに、行ってしまいそう…。

ぐるぐるがらがら、頭の中でいろんなモノが回っている…
まるで脱水槽で絡みついた洗濯物のよう。

今日は、この辺で終わりにします・・・。

                          m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。宇宙人か・・・?)

俺はさ、実は猫型宇宙人なんだ(^_^)v
5

2013年10月27日 (日)

【歩くメディア】核物質にまみれる日本島は守銭奴たちの楽園!?… プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!42

27_2 今日は27日(日)。sun久しぶりの日向ぼっこ→

台風が通り去った後、休日のお天気。暖かい日差し。
素直に、お天道さまの効用をありがたく思えます。
昨日は、恒例の土曜日、新宿"生活の党・小沢一郎支援"街頭宣伝活動も台風の影響で
お流れになりました。

まぁ、地球様のご機嫌には勝てませんし、この発狂する、カルトが牛耳るプランテーション日本国の政(まつりごと)がしばらく変わることはないのであるから、気長に、しかし、ぶれることなく、オザワイズムを拡散していくしかないのだと思っています。

さて、今日は、政ではなくて、
マネーを牛耳る頭目たちの、米帝ナイズされた金銭感覚!!!
を皆さんにお考えいただければと思います!

*ここクリック→ これ↓

27 私はね、
経団連の猪豚米倉会長が自分とこの、モンサントの遺伝子組み換え毒野菜の種と一緒に農薬も売って、バカ儲けしたいがために、「TPPに入らないと世界の孤児になる。」などと、嘯いているのを見て、まぁ、*ここクリック→ 守銭奴に成り下がった、植民地の御用聞きぐらいに思っていたのだけどね。

小沢さんがおっしゃっていたように、日本は、グローバリストが蔓延るようになって経済人のモラル・ハザードが半端ない状態になっているとずっと思ってはいましたが、このみずほ銀行の事件で、その金銭感覚に触れ、痛感したしだい!(T_T)

これ、どういうこと?

事件化してしまったので、ペナルティを課して年俸を半分にしました。
それが、7600万円!!!
えっ?!
 

他人のお金を操作し、信用創造で、無からマネーを生み出し、核マフィアと結託して、311でフクイチが4基爆ぜて、とっくの昔に不良債権と化している原発と"悪"夢の核燃サイクルを未だ資産に数え、中小企業を貸し渋りや貸し剥がしで強引に倒産に追い込んだりしておいて、法人税は払ってないはで、メガバンクの存在自体が、まるで広域暴力団なのに、会長と頭取は、平気の平左衛門で年俸1億1400万円!って、あーた、ふざけんじゃねぇ!っと言いたいですね。(下手したら、小さな村の年間予算ぐらいあるじゃん?!)

事件そのものは、"日の丸"国家権力の"務"のつく省庁の権力闘争ではないか?ぐらいにしか、思っていなかったのだけど…。

ちょっと調べたら、面白いことがわかった。
この"暴力団員らへの融資問題"ぐらいで、何で、みずほだけなの?って思うでしょ。

だってね、メガバンクが、アコムやレイクの消費者金融(サラ金)の母体なんだから、そもそも間接的に暴力団と通じているのは常識じゃないかって、思ってたのだけど…。

ところが、どうも、みずほだけは、サラ金を持っていないらしい。
だから、直接、暴力団に貸しちゃったのが明るみになったってこと?

プロミス 三井住友銀行
アコム  三菱UFJファイナンシャル・グループ

アイフル 
三菱UFJ銀行・福岡銀行・熊本銀行・親和銀行・西日本シティ銀行他
レイク 新生銀行

26       何故が、犬HKは減給の金額は流さないらしい(>_<)→

あとね、みずほが総務省管轄の"宝くじ利権"を持ってる。
これも、狙われた理由かも知れない。

壺売腹痛ナンミョウ政権下で、みずほを締め上げる理由?
なんだろうって…。

腹痛総理は、*ここクリック→ 国会議員になる哲学が、そもそも外国資本に国を売ることらしいので、宝くじ利権も丸ごと、カジノ構想に混ぜちゃって、"外資に売っ払っちゃおう、キック・バック、ヨロシクねheart"ってことじゃないかなぁ?
まぁ、完全な妄想です!

それで、発狂するプランテーション日本国だから、何でもありなのだけれど、要は、知らない間に、1%未満のグローバリストの悪魔たちは、99%から、これでもか、これでもかっとマネーを吸い上げ、力を蓄えているということ。

核物質にまみれる日本国で、ヤツらが平気のヘイサで、およそ命とかけ離れた悪行をビジネスと称して、やっていられるのも、マネーの妖怪になってしまったからなのだろうね。
日本島はこんな、核戦争下の有事でも守銭奴たちには楽園なんだ!

復興も利権、除染も利権、TPPも利権、五輪も利権、ワクチンも利権、医療も利権…。

命を蔑ろにし、ファンタジーでパロディのクレイジーな世界を作り続けるプランテーション日本国。

メルトスルーは、止まらないのでしょうか?

アベコベミックスのペテンを鋭く追及する、生活の党・衆院議員畑浩治さん。
政府側にいる、暴力団の幹部のような、カルト議員たちとは、目の色が違います。
こういう、命を第一に考える、99%側に立つ国会議員が必死で頑張ってる。


変わらず、支援していきましょう!

                          m(_ _)m

おまけ!
"大きな国の木の下で"

REGINA RICOさんが出演している、YOUTUBEの社会派動画"らっきーデタラメ放送局"です。分かりやすいし、迫力があって素晴らしいと思います!

2013年4月25日 (木)

【歩くメディア】守銭奴に成り下がり憚らない、売国実業家たち?…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!5

1 今日は、25日。
卯月も残すところ、一週間を切った。
何かと言われている2013年も3分の1が終わる。

今日は都内へ仕事に出て、帰りはオレンジ色のお月様が薄曇りの夜空に煌々と照っていた。
太陽の光が反射して、あんなに明るいお月様。

あの月から、この地球を誰か眺めてたりして…。

あのね、悪いことを考えると、そのように世界はなってしまうって、考え方があるけれど…、

もしかしたら、本当は、99%の世界民が手を取り合って、1%の悪魔たちをこの地球から追い出して、恐ろしい命を損なわせる430基埋め込まれた"核の時限爆弾"を無害にして、お金の概念はそこにはなくて、それぞれの土地ゞで独自に適った暮らしを自給自足して、それらの共同体には、優劣がなく、だから、発展途上や先進などと言う言葉はなく、カラフルに染め抜かれた土地が、パッチワークのように散らばって平らに繋がり、青さを増した地球は宇宙でも大変美しく、命のみなぎる惑星である…

あ〜、こんな地球が別の次元では、存在していたりして、で、私は心根が悪いから、この発狂した地球へ放り込まれているのかも…(T_T)っと思ったりして…ね。

既にかなりの妄想爆裂発狂状態で〜す!bomb

いや〜、もうね。
本当に、日本国は終わりじゃないか!?っと思っているわけですよ。

結局、この国の大人たちが、マネーの権化に成り下がってしまっている。
プランテーション日本国で、もて囃されている"実業家"っていうのが、
人間の倫理や哲学を無視した、マネーの論理だけで突き進む、"守銭奴"たち。

6_2 ふぅ〜、昨日、ユニクロの親分、柳井社長が"TPPカモ〜ン、この世は年収100万か1億のどちらかになるなる歓迎グローバル"世界同一賃金もちろん正社員の一部に適用)を高らかに宣言した。
非正規雇用をそのままにして、よく言うよっと呆れましたがね…。

すると、国民殲滅作戦アベコベミックス爆走中の壺売腹痛政権とズブズブの関係である、"マネーが命"の守銭奴たちの集まり、経済同友会の長谷川閑史代表が、それに応えるかたちで、この世紀の守銭奴柳井社長を「本来はそうすべきで、基本的に賛成だ」っと後押しているのですよ。

中日新聞と、国民の皆さんの受診料で賄っている御用放送犬HKと、両方の記事を見ていただきたい。

*大事なこと この柳井社長長谷川代表は、同郷で同窓ですね。要は、壺売腹痛総理と同郷ってこと! なんでかなぁ〜、タブセシステムかなぁ〜

3

4
切り口が全く違うのがわかるでしょ!

この国は独立していない、未だ米帝の植民地。
こんなカタストロフィに直面した、ボロボロの島が、まだ、命よりもマネーを優先するグローバル万歳に大人たちがかまけていたのでは、本当に日本人の滅亡は避けられないだろう。

1%の悪魔たち(蜥蜴?)が目指す世界統一政府 = NWO。
その地ならしである TPP に邁進するアベコベミックス壺売腹痛政権。

脱原発などTPPが決まれば、永久に出来ないだろう。

今、一番に護国・民族派が結集して阻止しなければならないのは、このTPPだと思う。

その上で、生活の党、社民党、緑の風がようやく参院選での選挙協力に合意したようだ。
(おせ〜よ〜・・・(T_T)。何で去年の衆院選でやらんのだよ!(>_<))

7
兎に角、
この島を悪魔とその僕である守銭奴たちから護らねばならない!
大人たちよ、目を覚ませ!

                         m(_ _)m

(ふぅ〜、本当に発狂しそうです… (T_T))

小さい猫で〜すheart
2

2013年3月27日 (水)

【歩くメディア】何故、未だに4号機爆発映像が公開されないのか?…プランテーション日本国。その発狂ぶりを直視せよ!2

5_2 今日は朝から雨が降っていました。

桜が満開ですが、花冷えの日。
花がビックリしているでしょうね…(>_<)。

ビックリしていると言えば、この国の有り様は、まさに、驚愕する発狂状態にありますね。

まぁ、いつもの妄想で〜す(^^)/

プランテーション日本国は、"原発真理教"一神教にマインドコントロールされて、久しい。

"安全・安価・エコでクリーン"。

いつのまにか、事実とは全く真逆のお題目を唱えて、オール電化などと、原発マフィアが仕掛けるマネー収奪に、喜んで参加していた島民だが、311が起き、少なくとも、唱えていたお題目が、間違いだと理解した…と思われる。

4基も壊れて、未だに詳細は不明、毎日2億4千万ベクレルがジャジャ漏れだもの、
大方の島民が安全でも、安価でも、エコでもクリーンでもない、と認識していると思う。

がしかし、未だに、原発がなくては、電気が足りない、高くなる、と"原発真理教"に洗脳されている島民も多くいる。

なんでだろうね・・・。

今、この島の住人は、見えない数え切れない、何十種類ものミクロの核爆弾に、襲われ続けている、まさに、核戦争真っ只中の、戦時なのに!!!

その上、原発真理教の元締め、米帝日本占領政策の出先機関、自民党が"日本国民殲滅大作戦を展開中"だ。

もう既に、"自由と民主主義"を標榜していた"独立国家"というモノが、幻想であったのであり、そもそも国民主権など未だ島民が手にしたことはなく、もしかしたら、手にできるかもしれない可能性があったたった一度のチャンスであった、09年政権交代が、亜流に変節されて、その夢も泡と消え、それから、数々の非人道的な、国家権力が暴力装置となる事変を経て、とうとう、TPPを邁進し、弱り切った島民の命と国土を1%の悪魔たちに売り払う算段をしている。

本当に、亡国寸前である。

原発マフィアの一員であったが、学問と経済を切り離して考えることが出来る、この島国においては特異な学者である、武田邦彦氏は、311後、正直に、ご自分の見識を包み隠さず、島民のために開示してきた御仁だ。
発災から2年が経過した今、"プランテーション日本国の発狂ぶり"を指摘している。

是非、ご覧いただきたい。

ブログ原発のない社会をめざして さんより、うみそら居士 さん、ありがとうございます。<(_ _)>
*ここクリック→
 原発事故から二年、武田邦彦教授が思うこと

3

・事故から2年が経つが、事実が不明。
・マスコミが持っていると思われる4号機爆発映像が未だ公開されていない。

・福島の女子高生の「生き抜いてやる。差別との闘い」と言わしめるこの国の有り様。

世界を牛耳る1%の悪魔たちが仕掛ける、地球温暖化のウソも、いち早く、島民にしめし、その結果、随分、危ない目にも遭ってきた武田先生。
私は、当たり前のことを、当たり前に話してくださるこの先生を支持したい。
武田先生がおっしゃるとおり、この国のジャーナリズムはとうに死んでいる。国民に事実を開示しないどころか、真実を隠蔽し、この島国を誤った方向へ導こうとさえしている。原発マフィアの利権そのものである、洗脳箱と洗脳紙は、子供たちの命と未来の引き換えに、今も甘い蜜を吸い続けている。

傲慢で野蛮な、自分の子供を喰らう大人たち。

326pxfrancisco_de_goya_saturno_devo                        我が子を食らうサトゥルヌス(ゴヤ作)

"何のために生きるのか"の哲学がなく、あるのは、マネーの倫理でウソと隠蔽を繰り返し、狂気の社会を創り続けている…。

何もかもが、発狂していると言ってもいいかもしれない。

本日、権力の暴力装置が作動し、微かに残っていた民主主義の破壊を決定的にした"小沢秘書捏造事件"で有罪にさせられた、大久保さん、池田さんのお二方が、上告を見送った。

*ここクリック→ 小沢氏の元秘書2人が上告断念 有罪確定へ (だって!)

納得がいく。

このプランテーション日本国において、法は、1%の利権者が権力を維持するための暴力装置であって、そもそも、民主主義を渇望する島民のための安全装置ではない。
どんなに、お天道さまが納得する、正義をかざしてみても、全く意味をなさないのである。
民主主義を否定する、原発真理教一神教に洗脳された一党独裁の共産主義社会にあって、裁判に乗せられた時点で、負けなのである。

あきらめとはちがう、こう言う発狂した世界に、私たちは生きているのです。

冷徹に、事象を見つめて、一人一人が考える。
決して、3種のお猿さんにならないために、とことん、この国の発狂ぶりを見つめなければならない。

                        <(_ _)>

(ふぅ〜、毎日キツイです・・・(T_T))

小さいcatで〜す。
6

2013年3月25日 (月)

【歩くメディア】1%の悪魔たちが切望した"究極の幽霊審査会議決"…プランテーション日本国。その発狂ぶりを直視せよ!

22 今日は、25日。はっきりしないお天気。

弥生も最後の月曜日。

文化放送"夕焼け寺ちゃん"がこの"春の番組改編"で終了になるので、月曜日のIWJの岩上さん出演が、本日最後。

感慨深いですね…、ほんと。

311前より、白が黒、黒が白の、アベコベの世の中を、少しでも正常な情報をと、99%の国民側に立ち、ご尽力されていた岩上さんと寺島さん。強いて言うなら、この放送を許していた、文化放送は頑張っていたと言える。

寺島さんは、朝の番組に移動、そして、こちらも御用番組に組さず、情報を発信し続けた"ソコトコ"率いる吉田照美さんが、夕方の番組に移動するとのこと。

原発真理教万歳の壺売腹痛政権下、原発マフィア直轄の電波業界だもの、何の陰謀も圧力もなく、単なる"春の番組改編"だと俄に信じがたいが、まあ、この4月から、ますます細くなるであろう"言論の自由"の行く末を注視していかなければいけない…(T_T)。

必見です!!! *ここクリック→  0325文化放送「夕焼け寺ちゃん活動中」最終回。

地球温暖化キャンペーンのウソ。
正しく、原発マフィアが仕掛けた世界を騙すペテンだったのだけど、犬HKを筆頭に、一蓮托生の御用メディアでは、絶対に流せない真実を岩上さんは言っちゃってます!
世界の構造を短い時間に示してくださってますよ!

18_2
世界は、だいたいがウソとファンタジーの上に動いている。
そして、ウソの火元はいつも同じ。
1%のマネーを操る悪魔たち。

*ここクリック→ 【歩くメディア】壮大なウソの上に地球は回る…(T_T) 気づきだした人々。

いい加減、気づきましょうよ!

さて、今日も、プランテーション日本国の発狂ぶりを、目をつぶらずに見ていただきたいと思う。
御用メディアは、絶対に取り上げないから、国民の責任で見なければいけません!!!

*ここクリック→ 森ゆうこ議員 H25年3月21日 法務委員会質問

         ゆうこさん、いつも針の穴のようなところから、追及くださり、頭が下がります。<(_ _)>
         TPPの文書を理解できない、その馬鹿さ加減を披露した大西議員とは、えらい違いです。


19
米帝の占領下、原発真理教万歳の政権下で、法律は、行き着くところ、米帝に巣くう1%の利益を護るためにあると言える。

俯瞰すれば、"小沢パージ"は、1%の悪魔たちが切望した。
どこに権限があるのか、宙ぶらりんの、検察審査会。
市民の個人情報保護法を盾にとり、"非公開"と連呼すれば、国権の最高機関である国会議員の追及ですら、逃れられると見込んだ、ブラックボックスなる検察審査会制度を悪用し、民族派の総理誕生を阻止した、戦後一貫してやってきた、完全に米帝の植民地政策であったと思う。 

とは言え、この3月21日の参議院法務委員会の森ゆうこ議員の質問に対する、答弁を見て、想像するに、まぁ、石川議員を調べ上げてウソの調書を作った田代検事が"たとえ、検査が起訴できなくても、検察審査会がある"と言っていたように、検察審査会という制度自体が、一般人が権力を監視するという建前とは全く真逆の、既に、権力を維持するための、強力なアイテム=武器であったということ、だと思う。

そして、この小沢さんを検察審査会に嵌める、っという、1%たちがやってのけたことは、彼らにとって、正しく、本懐を遂げる"究極的な使われ方"を達成した快挙だった

要は、幽霊審査会を開いて、9月14日の民主党党首選に当てた、捏造強制起訴の成功だったということ!

この役人たちのシドロモドロ答弁から伺えるように、この検察審査会制度は、日頃は、どこの省庁でも血税をかすめ取るために行われている常套手段の"裏金作り"に貢献していたのでしょう。
支出経費の開示請求に、まともに答えられない役人たち。
一体、どれほどの税金が、裏金に消えているのであろうか?
それにしても、自民党や他党の議員たちは、この組織犯罪を理解しているのだろうか?

凄いですよね、まったく!

元愛媛県警の仙波さんが告発の警察の裏金問題。
元大阪高検の三井さんが告発の検察の裏金問題。
そして、
一市民Tさんが追及の
最高裁事務総局・裁判所の幽霊検察審査会&裏金問題。
  *ここクリック→ 一市民が斬る!

人間の集団で一番大切なことは、"何のために生きているのか?何のために生きるのか?"というような人間を人間たらしめる哲学であると思う。
でも、この哲学を持ち合わせていない、日本国にあっては、もう自滅の道しかないように思う。

本日、広島高裁にて、一票の格差が違憲であると、「衆院選無効」判決が出た。

23 ← いつもの如く、記者席がガラガラ…(>_<)。どうせ、記者クラブの談合情報しか流れないのだから、1席用意すれば十分じゃないかねぇ?

当然、広島県だけが違憲であるはずもなく、衆院選のやり直しが成されるようなら、もしかしたら、亡国に歯止めがかかるかもしれない…。

でも、違憲でも無効にしなかった高松、金沢、福岡各地の判決が既に物語っているように、まぁ、ガス抜き、バランスを取るっといった、いつもの"国民騙し"のレベルでしょう、きっと…(T_T)。

1%の悪魔たちが仕切る"日本国"。
発狂社会は、盤石ですな!!!

                         <(_ _)>

(ふぅ〜、花粉症が酷いですthink

猫たちheart
21

2013年3月22日 (金)

【歩くメディア】発狂し続けるプランテーション日本国。安倍政権支持70%?(>_<)

13 今日は22日。

桜が咲いている。

先日の夏日で、慌ててしまったのかな?
寒暖の差が激しいこの頃。
体調管理も大変だ。

さて、いつもの妄想で〜す。

毎日新聞の世論操作で、壺売腹痛政権の支持率が70%!?
日本滅亡大作戦TPP交渉支持が63%!?

マジかて?
大丈夫ですか?
TPPは、既に交渉に口を出す権利はないのですよ!
もう、900ページに及ぶルールは出来上がっていますよ!
一文字も変更は許されないのですよ!

それなのに、"TPP出遅れ挽回狙い対策本部、各府省から約100人を集めた対策本部(本部長・甘利TPP相)の設置を決めるなど、体制の大枠を固めた。"っといつもの国民騙し"TPP交渉ごっこ"が始動した!この甘利って、「日本人はどうなってもいい」っと言った人らしい。

あ〜あ、だから、交渉なんてできないんだってば!!!

*ここクリック→ TPPは日本滅亡大作戦の最終兵器!これでも自民党に騙され続けたいですか?

"日の丸"国家権力は、実のところ"星条旗"国家権力。
これ、この島国の常識なのだけど、まだ、わかってない人が多すぎる。
洗脳箱を使って、ずっと羊の如く、誘導され、飼い慣らされてきたがゆえの、米帝傀儡自民党の独裁が続いてきた。ポダム正力松太郎の日本テレビ放送網の網を使い、国民はずっと騙され続けてきた。311で占領政策の証、55基の原発埋め込みの4基が爆発してもなお、騙され続けている。

まだ目が覚めませんか?
いい加減、気づきましょうよ・・・(-_-)

TwitterのTLで話題になっていた動画。
本当にたまげたのだけど、やっぱり、もうダメかもしれないね。
こんな程度の、底の浅い人間(?)が国会議員をやってるのですよ?
先の衆院選はやっぱり不正選挙だったんだと、こんなのを見ると思ってしまう。

*ここクリック→ 03.21 衆議院総務委員会 大西英男議員(自民)

11

NHKの偏向報道を問題にしたかったのだろうが、そもそも、指摘している孫崎さんのTPP慎重論が正論であるので、偏向も何もない。TPPが主権の放棄である事実を報ぜず、TPP万歳の御用ばかりを重用していることが偏向なのだから、言っていることがアベコベである。
自分の家族のことを例に取りだし、馬鹿さ加減を披露しているが、本当にこの人間は字が読めるのだろうか?TPPに関する情報は、文章にもなっていて、多くの国民も読んでいることだ。

もっと見ていて混乱すること。

NHKについて、"公共放送"と言っていたが、もう既に御用テレビに成り下がって久しいことは、国民の周知の事実だ。海外向け報道経費として30億円の血税が投入されていることをもって、国会の場で、こうした、「報道の中立性」を訳のわからない例を引いて、国民に三文芝居を見せたところで、"もっと御用になれ!"と言っているようにしか聞こえず、憲法にある言論の自由に反することを強いているように聞こえる。

こんな呆れる質疑が真顔で繰り広げられている!

いいんですか?こんなんで!!!

これが国権の最高機関、国会である・・・トホホ(T_T)。

 

先日13日に終わった、シンガポールで行われていたTPP第16回交渉会合の声明文をIWJさんが訳してくださっている。→http://iwj.co.jp/wj/open/archives/67743

(声明全文邦訳)
アメリカ通商代表部(USTR)による声明発表

2013年3月13日
TPP交渉は第16回の会合で順調に進展

シンガポール — TPP交渉の第16回会合が本日終了したことを受けて、交渉責任者たちは本会合で設定していた目標を達成したと報告した。すなわ ち、オバマ大統領と他10か国の首脳が想定する、2013年という時間枠で次世代の包括的な合意の締結に向けて加速することへの交渉がまとまった。

TPPを通じて、アメリカは貿易や投資の枠組みを設立し、21世紀のアメリカの利害関係者が直面する問題に対処し、アメリカの競争力を高め、ダイナ ミックなアジア太平洋地域におけるアメリカの貿易を拡張することにより、アメリカの雇用創設を後押しすることを目指している。アメリカはまた、透明性や労 働権、環境保護など、核となるアメリカの価値観について合意を進めることも目指している。

アメリカの主席交渉官でUSTR代表補のバーバラ・ワイゼルは、TPP参加国がこれまで達成した非常に多くの交渉問題に関する意見の一致に基づき、 本会合において11か国の代表は、残存する問題について相互受け入れ可能な道筋を見つけ、合意の法文化を進める動きを進展させた。活発な会期間の折衝や、 会合における全参加国が見せた実用主義や柔軟性の結果、関税、通信、投資、サービス、貿易における技術的障害、衛生や植物検疫の手法、知的財産、規制の統 一、開発やその他の問題など、多岐に渡る領域において、多くの問題に対する解決を見出すことに成功した。こ の進展をもって、関税(customs)、通信(telecommunications)、規制の統一(regulatory coherence)、開発(development)を含むいくつかの交渉グループは、今後の会合で法的文書に関して再度集まっての議論は行われず、こ れらの分野において残った課題は、合意がファイナルとなる最終ステージの会合で取り上げられる予定である。このことにより、TPP参加国は、知的財産 権、(公的機関の)競争、環境といった、残った最も難しい問題の解決に努力を集中させることができる。

11か国はまた、本会合において、商品やサービス、投資、政府調達のための市場アクセスを提供する包括提案を継続して進めることにおいても進捗を見 せた。産業製品、農業、繊維製品の関税一括法案に加え、原産地規則、そしていかにアメリカや他のTPP参加国の企業にとって有益となるための地域的なサプ ライチェーンの発展を最大限促すかということについて、生産的な意見交換が行われた。また、交渉担当者は、サービス、投資、政府調達の市場を開くための各 国の提案を議論した。11か国は前回の会合から進展した市場アクセスに基づいて、会期間のさらなる課題についても合意に至り、各国首脳が目指す高いレベル の志にふさわしい結果に向けての動きを続けた。

3月6日、TPP交渉は一時中断し、交渉官たちはTPP参加国から300以上のステークホルダー(利害関係者)が参加するイベントに出席し、議論を 交わした。ステークホルダーからのリクエストに応じ、シンガポール政府は交渉官と直接議論できるような場と、60のステークホルダーがあらゆる問題につい てプレゼンテーションを行う場を用意した。その日はまた、ワイゼルや各国の交渉責任者はステークホルダーに交渉の概要を説明し、TPP会談の内容や進捗状 況についての質疑を行った。

4月半ばに、インドネシアのスラバヤで行われるAPEC貿易担当大臣会合の合間に、TPP担当大臣の会合が行われ、これまでの進捗状況の議論や交渉 官に対するガイダンスの提示が行われる予定である。交渉が最終段階をむかえていることから、残るセンシティブな問題に対処すべく、各国政府高官同士によっ てさらなる積極的な議論が行われることとなろう。

TPP交渉の第17回会合は5月15−24日、ペルーのリマで開催される。

USTR声明原文リンク先
http://www.ustr.gov/about-us/press-office/press-releases/2013/march/tpp-negotiations-higher-gear

"関税(customs)、通信(telecommunications)、規制の統一(regulatory coherence)、開発(development)を含むいくつかの交渉グループは、今後の会合で法的文書に関して再度集まっての議論は行われず"

もう、決まってしまっているということですよ。

日本滅亡大作戦、炸裂中!
このまま、人間牧場の檻の中に入っていきますか?

あ〜、疲れます。

                     m(_ _)m

(ふぅ〜、日本国民やめたい・・・)

大きいネコですheart

12

2013年3月16日 (土)

【歩くメディア】生活の党、岡本英子さん、お元気です!(^^)/

13 今日は16日(土)。
いいお天気だったsun

先の衆院選挙後、初めて、岡本英子事務所の呼びかけによる、後援会"聖英会"会合があり、参加した。

英子さんによる、後援会メンバーへの挨拶があった。
いつもきれいな英子さんである。(^_^)

10

未来の党惨敗。「国民の生活が第一」の多くの大切な議員さんたちを失った。
英子さんも、バッチを付けていただくことができなかった。
私たち国民の力が圧倒的に足りなかったのだ。
私たちの所為なのだ。

英子さんは、今、"生活の党"の党自体があまりに小さな所帯となってしまい、運営がとても困難であること。その中で、神奈川支部を担当することになったこと。
しかし、以前のように事務所を構えることが現在できていない中で、どうやって、活動をしていくか、模索しながらも、参院選候補者を支援していく、そして、4年後の衆院選を視野に入れて戦っていきたいと話された。

私は僭越ながら、街頭に立って、国民に直接"生活の党"の存在を訴えて欲しい、そして、ここに"岡本英子あり"とツイッターやブログで表現して欲しいとお願いした。

今、この島国日本で、本当に国民の命である"国益"を護ろうとしている政党は、"自立と共生"の理念に支えられた"生活の党"だけであると思う。
私たちは、ただ慎ましくも平和に生きていたいだけである。理不尽に踏みにじられることなく、当然の生きる権利である、生存権を死守したいのである。

昨日、どうも心根も日本人ではないであろう、壺売腹痛総理が、無茶苦茶な作文を読んで、日本国滅亡大作戦最終兵器TPPを丸腰で飲むことを高らかに宣言した。

私たちは、このままでは、生きていけない。
生存権は護られない。
そんな世界が現実になる。

小沢さんは、そのTPP交渉参加宣言を受けてすぐ、"生活の党"HP上で、声明を出した。
誠に持って、世界共通認識である、至極当然の日本政府のペテンを指摘している。
先日記事にした*ここクリック→ 米国のNGO・パブリックシチズンのロリ・ワラックさんが警告していることと、当たり前だが同じですね…(T_T)。

小沢さんの言葉を貼っておきますね。

安倍総理のTPP交渉への参加表明を受けて

                   

平成25年3月15日

生活の党代表 小沢一郎

 本日、安倍晋三首相が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加表明を行った。生活の党はかねてより、TPPが単なる自由貿易協定ではなく、日本国民の 命と暮らしを脅かし、社会の仕組みの改変を迫る異質な協定であることから強く反対してきた。しかし自公政権が日本の国益を守るより、米国の言いなりにな り、TPP交渉に参加表明したことは、国家百年の大計にもとる重大な誤りであり、即時撤回を強く求める。

 世界やアジア各国の成長を日本に取り込むために自由貿易を促進し関税や非関税障壁を撤廃し、人、モノ、金、サービスを自由に行き来させることによって、 新たな可能性が広がることは事実である。しかしTPPは、農業生産者が指摘するように、「単なる農業分野の関税引き下げ問題ではない。米国主導であらゆる 規制の緩和、ルール改正を同時並行で進め、国民の命と暮らしよりも大企業の利益を最優先する。食の安全・安心、医療、外国企業からの訴訟など多くの問題を 抱えている」など、国民の生命と財産を守るための協定では全くないのである。

 加えて、今参加表明しても、先般シンガポールで開催されたTPP準備会合で明らかになったように、米国側は各国交渉者に「日本が交渉に参加した場合、すでに確定した内容について再交渉も文言修正も認めない上、新たな提案もさせない」と伝えている。この交渉実態を見れば、安倍首相の「TPP交渉は聖域なき 関税撤廃が前提ではない」との主張が全くの欺瞞であることが分かる。自民党の衆院選公約である6項目は到底守られず、公約破りは明白である。

 米国の市民団体もTPPの草案文書を基にして「TPPは表向きは貿易協定だが、完全な企業による世界統治だ」と告発している。国民の生命、財産を守るこ とが国政を託された国会議員の最大の使命であり責務である。自公政権は今すぐ、TPP交渉への参加表明を撤回すべきである。

 今、日本政府が最優先すべきは、命、暮らし、地域を守るために震災復興、被災地域再生、原発事故の早期収束、原発ゼロへのエネルギー政策の大転換である。生活の党は引き続き、日本政府のTPP交渉参加阻止に向け、各界各層と連携し闘っていく。

どこまで、騙され続けたら気づくのだろう。
この国では、白が黒、黒が白。
アベコベの、ドンデモのファンタジーでパロディの本当に発狂した国になるべく、突き進んでいる。
ジョンやマイケルが警告していたとおりの世界が創られていく。
国民の命を無国籍の1%の悪魔たちに売り払う、安倍晋三とその一派!
誠に発狂した人間(?)たちがこの島国を牛耳っているのです!!!
このままで、いいんですか?

                          m(_ _)m

(ふぅ〜。。。(-_-))

猫ネコアップheart
14

2013年3月15日 (金)

【歩くメディア】TPPを仕掛けるモノたち。"世界は狂人によって支配されている"のです…(T_T)

8 今日は15日。弥生も半分が過ぎました。
早いものです。



震災から、2年。
ショックドクトリン、よろしく、自ら勇んで亡国協定TPPに突き進むプランテーション日本国。

壺売腹痛総理が、わけわかんない、TPP参加宣言をしましたね。

あ〜あ、こんなにも国民が嫌がっているのに、全く聞く耳を持たず、"星条旗"国家権力のシナリオ通り、この島国のあらゆるモノゴトは進んでゆく。

とっくの昔に、主権などこの国にはなかったのでした…トホホ(T_T)

選挙をやるたんび、住み辛くなる国、日本。

気づかなすぎですよ!

TPPは日本滅亡大作戦の最終兵器。
米帝に潜む1%の悪魔たちは、"カラーの羊たち"をどうやって、コントロールしてきたか…。

敗戦後、政の機能を失っている日本国、弱みのある戦犯・岸信介を使い、米帝に都合の良い傀儡党である自民党を作った。これが右手。そして、左手は、決して、与党にはならない共産党と社会党(社民党)、こちらも忘れない。

私たちは、ずっと騙されてきた。こうやって、"イデオロギーごっこ"に明け暮れているうちに、密かに"日の丸"国家権力を使い、国民の財産を収奪していった先の締めくくりが、強引にNWOに投げ込まれるための"下地作り"である、TPPなのだ。

ジョン・レノンもマイケルも、警告していたこと。

911、311を通り越した今、紛れもない真実であると実感するでしょう。

文字起こしをしましたので、彼らの言葉を噛みしめてください。m(_ _)m

*ここクリック→ ジョン・レノン「世界は狂人によって支配されている」
loveyoufolksさん、動画投稿、日本語訳詩、誠にありがとうございます。m(_ _)m
1_2

社会はすべて、狂人によって動かされている。
キチガイじみた目的を実現するために。
僕はこのことに16歳とか12歳とか、ずっと幼い頃に気づいていたんだ。
でも、自分の人生を通じて、このことを違った方法で表現してきた。
僕が表現しているものはいつも同じことだった。
でも、今は、このことを言葉にして示そう。

「僕たちは、偏執狂者たちによって、偏執狂者の目的を成就するために支配されている。」とね。

イギリス政府やアメリカ政府、ロシア政府、中国政府が実際にやろうとしていること、その方法や目的を紙の上に書くことができるならば、彼らが何を行っているのか、僕は是非知りたい。

彼らはみんなキチガイなんだ。

でも、それを表現すると、僕は、キチガイ扱いされてきっと消されてしまうだろう。

これこそが、キチガイじみた現実なのだ。


発狂しているのは、私たちではありません!!!
発狂している世界を創っているのは、私たちではありません!!!
私は発狂していない!!!

(叫べば叫ぶほど、発狂しているように見えてしまいます…(>_<))

マイケルは、エンディングのバックコーラスの歌詞の中に、1%の悪魔たちの名を歌っています、世界を狂気に陥れて、喜んでいる"無国籍の金融マフィアたちの名を。

*ここクリック→ マイケル・ジャクソン Money の歌詞&日本語
 Jessica0701さん、いつも貴重な動画投稿、そして、日本語訳、本当にありがとうございます。m(_ _)m

2

マネー
そのために嘘をつく
そのために人を探る
そのために人殺しだってする
そのために命を落とす

それを信頼と言うのかい?
でも僕に言わせればなりふり構わない強欲にまみれた悪魔のゲームだよ。

彼らは気にしてなんていないさ。
彼らはお金のために僕に迫る。
彼らはどうだっていいって思ってるさ。
僕をお金のために利用する。

それで教会へ行って聖書を読む。
生活の一部としてね。
全くばかげてるよ。

彼らは気にしてないんだよ。
彼らはお金のためだったら人殺しだってするんだ。
なんだってするんだ。
お金へのぞくぞくするほどの喜びのためにね。

旗に敬礼し、国のお墨付きを貰う。
そしてバッジを身につけ、今やごく少数の選ばれし者と呼ばれる。

そして、戦争を起こしている。
兵士は従わなければならない。
決して君たちを裏切ったり、騙したりないと言う。
でも、現金を目の前にすれば、懐に入れるさ。
泣けと言うなら、泣いたフリをするさ。
手を出されれば、その手を握るさ。
金のためなら何だってするんだよ

なんでも、なんでもだ。
お金のためなら何だってするんだ。
嘘だってつくし、命だって捨てる。
悪魔に魂だって売るんだ。

保障?
どこに忠誠心があるんだい?
それが大丈夫だというのかい?
そうは思えないけどね。
どうだっていいんだろ。
お金のためだったら彼女に何でもするんだ。
それが当然かのように彼女を訴えるんだ。

お金のポットが欲しいんだろ。
ミダス王に触れて欲しいんだろ。
魂だって売るんだろ。
だって君の神はそんなものだから。
どうだっていいって思ってるさ。

お金のためなら人殺しだってする。
何でもするんだ。
お金へのスリルのために

君も同じ病気にかかってるのかい?
とめどない欲望の病に。
だとしたら満面の笑顔の奴等に気をつけて。
無駄にしゃべる連中に気をつけて。
彼らは背中から刺すんだから。

嘘だとわかっていても、本当だと誓うだろう。
罪の意識を感じてもそれを隠すだろう。
リスクがあるとわかっていても敢えてそれを冒すだろう。
お金のためだったら何だってするんだ。

なんでも、なんでもだ。
お金のためなら何だってするんだ。
嘘だってつくし、命だって捨てる。
悪魔に魂だって売るんだ。

世界中の金を積まれたって
そんなことはしないと言うけれど。
そうは思わないね。

もし誰かを見つけたらその誰かを売るだろう。
嘘をつけと言われれば嘘をつくだろう。

もし神と取引してるとしても神だって地獄に送るだろう。
金のためなら何でもするんだろ。

なんでも、なんでもだ。
お金のためなら何だってするんだ。
嘘だってつくし、命だって捨てる。
悪魔に魂だって売るんだ。

・・・・・・・・・・・・・・

(お金が)欲しいんだろ。
自尊心と共に稼ぐんだろ。

バッフェット
モルガン
ロスチャイルド
ロックフェラー
カーネギー
K K K (メーソン最高位)

う、本当の人類の敵に、気づきましょう。
人間であり続けるために…。

こちらの動画も是非、ご覧ください。
*ここクリック→ 集団主義者の陰謀

                    m(_ _)m

(ふぅ〜、本当に発狂しそうです…(-_-))

来世はネコで!
3

2013年3月14日 (木)

【歩くメディア】TPPは日本滅亡大作戦の最終兵器!これでも自民党に騙され続けたいですか?

8 14日。
午前中はしとしと雨が降っていた。
放射線量が高いですが、もう慣れっこになってきましたね…(T_T)

昨日は、思った通りの、発狂したプランテーション日本国には、正義などとうに消滅していたことを立証した、"星条旗"国家権力プロデュース、三宝会協賛、"検察&最高裁&発狂国会議員コラボ捏造陸山会裁判"2審の結果でありました。

とっくに、暗黒時代に突入してたわけですね!
思い起こせば、正常な政権交代を阻まれた、2009年3月3日、大久保秘書逮捕から、燻っていた"権力の暴走"に火が付いたのでした。
もう、丸々4年ですよ・・・、亜流の政権交代、みるみる変節し、アホ菅で米帝の好き放題を許し、"小沢パージ&増税&TPP&オスプレイの売国セット"がロックオンされ、とうとう、壺売カルト政権の復権で、日本国終了は時間の問題となりました…(T_T)。

さあ、その最終兵器、1%の悪魔たちが99%の世界民を"羊"にする、TPP。
売国腹痛総理は高らかに参加宣言をするらしい・・・。

米国のNGO・パブリックシチズンのロリ・ワラックさんが、日本のTPP参加について、驚くべきことを言っています!これが真実でしょう。
 *ここクリック→ "日本のTPP参加は主権の放棄"

是非、ご覧あれ!!!

11文字起こししました。この言葉を噛みしめてください。↓

ロリ・ワラックさん 
 パブリック・シチズン グローバル・トレード・ウォッチ部門

私たちは、TPP交渉が行われているシンガポールにて、日本政府がTPPに参加しようとしていると聞き、大変心配しています。

日本が、ルールづくりに参加する権利も、何に合意するのかを知る権利すらないのに、参加しようとしているからです。

日本は、これまでの全ての合意を受け入れると言った。
私たちは、そう理解しています。

それは、900ページもあるルールに、日本の既存、および未来におけるすべての法制度を合わせなければならないということです。

貿易だけでなく、医薬品の価格やアクセス、食の安全や食品表示、郵便の規制エネルギー輸送サービス、銀行、消費者の権利保証などの分野においてです。

数多くの、貿易に全く関係の無い国内政策が指図されていくのです。

何が書かれているかを見ることもできず、たった一文字の変更も許されないままに、このルールを受け入れること。

それが、日本がTPPに参加する際に要求されます。

つまり日本は「交渉」に参加するのではなく、「すでに条項の定められた協定」に参加するわけです。

なぜ安倍政権が、日本にとって、こんなにも無礼で危険なプロセスに合意しようとしているのか、とても不可解です。しかしそれが私たちの聞いたところです。

すでに協定に参加している国では、強力な反対運動がいくつも起こっています。しかしそれらの国は、すでに規定された条項が押しつけられているわけではありません。

日本の人々にとって、TPPへの参加は二重の危険であり、二重の侮辱なのです。

本日の産経新聞の記事との"違い"を確認してください!


お里が知れた、*ここクリック→ "産経新聞"の本日の記事

10「参加するにしろしないにせよ、最終的な判断については、われわれが政権についたのは去年の暮れで、すでに時間が残されていない中における決断となってしまった。この機を逃せば、中で議論をする権利を失うわけだから、(もう既に、ルールに参加する権利はないのです、ウソをつくなよ、腹痛クン!)この段階で決断をしなければならないと思う。大変短い期間で濃密な自民党らしい専門的な議論をしていただいたことに感謝申し上げたい」

「いずれにせよ
日本の国益、国柄をちゃんと守っていく。(だから、もうルールが出来上がっているのですよ、国益は護れない、丸腰で飛んで火に入る夏の虫になるんだよ。)これは心に刻みながら決定をしたい。自民党はしっかりと議論した中においては一つにまとまっていく。これが自民党に対しての信頼なのだろう。(一つにまとまって、この国を玉砕させるつもりなんだね!?)同時に私には大きな責任があり、その責任をかみしめながら決断をしたいと思う(米帝に忠誠を誓った犬としての責任?)


どちらが発狂しているか、火を見るよりも明らかですよね。

900ページにのぼるルールは既に出来上がっている。
のこのこ、後から参加する日本国は、そのルールに何が書かれているか見ることさえできず、参加するのだそうだ!!!
これって、自殺行為!
最初から参加している国々でさえ、大変な反対運動が起きているのに、米帝に巣くう1%の悪魔に喜び勇んで、主権を売り渡す、一国のトップ。

真っ当な神経の持ち主なら、ただただ、日本国のトップのこうした行動が不可解でしかたがないのだろう。

当たり前ですよね。

発狂しているのですよ、この国は!!!

正常な政権交代がなされていれば、TPPを受け入れるなど、あり得なかったことです。
増税もオスプレイも無かったはず。
"小沢パージ"の意味が、今になって、痛いほどわかっても、あとの祭りなのです!

子供たちの未来を潰した、私たち大人が、ここから、何をするか?
問われているのだと思う。

                          m(_ _)m

参考:【歩くメディア】TPPは国家などとっくに飛び越えた、国際金融マフィアの世界民奴隷制。

(ふぅ〜、気分が塞がれますね…(-_-))

ネコになりたい…7

2013年3月 5日 (火)

【歩くメディア】TPPは国家などとっくに飛び越えた、国際金融マフィアの世界民奴隷制。

14 今日は5日。
穏やかな日でした。(^_^)

春の陽が、木々の葉に輝き、心地よいまぶしさを与えてくれます。

そよ風をうけ、葉の上で戯れる光のダンス。
何時の世も同じ、宇宙のなせる技は永遠…っと遙か昔、古の佳き日を思ってしまいます。

いつもの妄想で〜す(T_T)

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

日本の植民地への道は、明治イシンと共に到来したのだけど、
当時、江戸文明破壊と共にやってきた、"産業革命"という名の1%による"奴隷制"が
今日の世界を席巻し、マネーがマネーを呼ぶ、トンデモな世界を創り出している。

その最終兵器、じゃーん、TPP!!!

米国民も反対する貿易協定に名を借りた、世界民99%からの搾取による新世界秩序NWOの地ならし、"新奴隷制条約"!!!なのです。(>_<)

*ここクリック→ アメリカ市民団体がTPPについて報道した脅威の内容とは

Ultlman Taroさん、動画投稿、ありがとうございます。<(_ _)>
元は、Democracy Now! の、2012年6月の記事でした。↓そちらもご覧ください。

             TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具

おもに、ロリ・ウォラックさんの言葉を文字起こししてみました。
彼女の言葉をよく噛みしめたいと思います。
12

ー 市民団体パブリック・シチズンのロリ・ウォラックさんです。

表向きは「貿易協定」ですが実質は企業による世界統治です。
加盟国には例外なく全ての既定が適用され、国内の法も規制もTPPに合わせなければなりません。
全26章のうち貿易関連は2章のみ、他はみな企業に多大な特権を与え、各国政府の権限を奪うものです。
私たちのサイトに掲載したTPP投資条項によれば、外国の投資家がTPP条約を盾に米国政府に民事訴訟を起こし、国内規制が原因で生じた障害の賠償を請求できるのです。→ISD条項
米国の企業はみな同じ規制を守っているのに、これでは国庫の略奪です。

ー 極秘に進行するTPP交渉には議会も不満を申し立てています。約600人の企業顧問はTPP情報にアクセスできるのに、米国の議員はできないのですね?

こんな酷い内容をそれもリークで知るとは驚きです。内容が酷いだけでなく、これは"1%"が私たちの生存権を奪うツールです。交渉は極秘で行われました。暴露される2年半も水面下で交渉していた600人の企業顧問には草案へのアクセス権を与えながら、上院貿易委員会のワイデン委員長はカヤの外です。TPPを監督する立場なのに草案にアクセスできない。たまりかねた委員長が監督責任のある協定の内容を知る権利があるとする法案を提出したありさまです。
ワイデン氏は情報委員ですよ、核関連の機密も知る立場なのに貿易協定という名の「企業の権利章典」は見られない。実に見事な"トロイの木馬"です。
通りのいい看板の裏に表に出せない内容を仕込む。製薬大手の特許権を拡大する条項も入手しました。医薬品価格を急騰させます。
TPP情報の分析や行動への誘いが私たちのサイトにあります。
TPPはいわばドラキュラです。陽に当てれば退治できる。米国や全ての交渉国で市民の反対運動が起きます。企業の権利の世界的な強制なんて私たちは許さない。民主主義の説明責任に反します。

ー 米国通商代表部から届いたコメントを読みます。「TPPの交渉経過には高い透明性を確保してきた」「議員たちと協力し関係者を毎回の交渉に招き」「説明会や個別交渉によって透明性と市民参加を高めてきた」
これについては?

透明性と言っても市民には「映らない鏡」です。説明会で意見を言うことはできる。でも公益団体の意見は何も草案には反映されていない。環境から消費者、労働者まで公益は何一つ反映されない。国民を全く無視した過激なまでの強硬策です。
金融制度の安定のため、各国が施行する金融規制にすら、米国は反対しています。そこには米国民の意見がない。
でも間に合います。
歴史的な観点で見てみましょう。1990年代のFTAA(米州自由貿易協定)は2年かけて34カ国が協議し全草案が各国で公開されました。
TPPは3年目ですが一行たりとも公開しない。おまけに締結後4年間は非公開という密約もあった、秘密をさらに隠すのです。
カーク通商代表に聞きました。なぜ公開しないのか?
お世辞にも透明といえないWTOさえ草案を公開したのに。
彼の答えは「FTAA交渉は公開したら暗礁に乗り上げた」
それってどういう意味ですか?
密室でこそこそやる理由は、国民や議会に知られるだけで危うくなるような内容だから
しっかり押さえてください。
TPPの狙いは貿易ではなく、セメントのような作用です。一度固まったらおしまい。全員が同意しないと変更できない。
リーク草案が示唆するのは司法の二重構造です。国民は国内法や司法を使って権利を譲り要求を推し進めますが、企業は別立ての司法制度を持ち、利益相反お構いなしのお抱え弁護士たちがインチキ国際法廷に加盟国の政府を引きずり出し、勝手に集めた3人の弁護士が政府に無制限の賠償を命じるのです。規制のおかげで生じた費用を弁済しろとか、不当な扱いを受けたとか言って、国内の企業には同じ規制が一律に適用されているというのに。
NAFTAにも似た制度があり、有害物質規制や都市区画法の補償として、3億5千万ドルが企業に支払われた。ISD条項
こういう悪巧みは、明るみに出せば阻止できます。

ー 交渉に関わっている8カ国の国名は?交渉方法の問題や参加国が急増する可能性は?

リークが重要な意味をもつのは、これが最後の交渉になる恐れがあるからです。NAFTA以来、大企業は貿易協定を姑息に使って規制を押さえ込み、底辺への競争を煽りました。交渉のたびに規制が緩和され、企業の権限は拡大した。今回がとどめです。
いったん固まれば門戸を開き、広く参加国を募ります。企業の特権化を保証する世界的な協定になりかねません。為替と貿易制裁が強制手段です。TPPは強制力のある世界統治体制に発展する恐れがあります世界的なオキュパイ運動に対する企業側の反撃です。旧来の悪弊が一層ひどくなる。さらに交渉のゆくえによっては、既存の国内法が改変され、進歩的な良法が無くなるばかりか、新法の制定さえもできなくなる。交渉国は米国、豪州、ブルネイ、シンガポール、ニュージーランド、チリ、ペルー、ベトナムでマレーシアも加わります。(昨年6月時点では、日本は入っていませんね。このままだと、"飛んで火に入る夏の虫"になる日本…(>_<)。)
NAFTAと同じく企業の海外移転をうながす特権があり、新たな特権も付与されます。医薬品や種子の独占権が強化され、医薬品価格つり上げのため、後発医薬品を阻止する案まである。オバマ政権が医療制度改革法案に入れた医薬品についても、他国(米国以外の製薬会社)が使用する権利を奪おうと密談がされています。(参考:ここクリック→世界を狂わす米国の医薬品会社)
各国の金融規制も緩和させられ、高リスク金融商品も禁止できない。米国政府が金融制度改革で規制強化を進めている時にです。

TPPは地方財政にまで干渉します。全国で搾取労働の撤廃や生活賃金を求める運動が広がる中でTPPは地域産業の優先を禁じます。地産地消や国産品愛好は許されないのです。(地域主権が不可能に!)
環境や人権に配慮する商品も提訴されかねません。
TPPは企業に凄まじい権力を与えます。密室だから過激になった。どの国の人々もこんなものは御免です。過激な条項を推進するのは米国政府です。だから陽の目にさらして分析することが重要です。何が起きているか、人々に知ってほしい。
                      〜
オバマ大統領については、2通り考えられます。1つはTPPが密室交渉だったので、把握していなかったケース。だから、リークが重要でした。国民や議会に警告した。大統領は通商代表部の監督が甘かった。クリントン時代にNAFTAを通過させた連中が好きにやった。
もう一つは結局お金です。"1%"を喜ばせる協定なのです。"1%"の夢なのです。ありったけの金とロビイング力をつぎ込んで未来永劫に力を振るうのです。

やだやだ、1%が世界を牛耳るための地ならし協定、TPP。
読めば読むほど、メリットなどもともとないじゃないか!

どうして、この島民は、*ここクリック→ さんざっぱら騙されてきた自民党に、騙され続けるのだろう…(T_T)

学習能力が極端に劣っている国民ということでしょうか?

それにしても、民主党の菅・野田は売国奴以外の何ものでもなかったですね。
絶対に、*ここクリック→菅の所業は忘れない!こんな男に、脱原発などできるわけがない!
いい加減、気づいてくださいね。

1%が仕掛けた"網"が張り巡らされた世界。

ファンタジーでパロディのクレイジーなトンデモな世界なのです。 

*ここクリック→ 国民の3%が目覚めれば、世界は変えられるのです!!!

                         <(_ _)>

参考動画:ここクリック→ サルでもわかるTPPがヤバい7つの理由

(ふぅ〜、今日もイカレています…(-_-))

heart CATS. 13

より以前の記事一覧

広告

  • google
  • amazon