2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

日記・コラム・つぶやき

2015年4月17日 (金)

【歩くメディア】自公政権はフクイチのデブリそのもの。メルト・アウトは止まらない!… プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!108

20150417_150155

17日(金)。sun

 

久しぶりのブログ更新です…。

 

え〜っと、実は転居することになりまして、何かと忙しく、落ち着かない日々を送っておりますが、久しぶりにいつもの妄想で〜す。(^ ^)/

 

3.11後、4年が過ぎた。

 

フクイチの建屋が吹っ飛び、人類史上経験したことのない制御不能となった格納容器からむき出しの燃料棒が溶け出し、地中でデブリとなり、何種類もの目に見えない核物質の猛毒を一時も休むことなくまき散らしているが、つまり、これが、このプランテーション日本国の実像、そのものとなっている。

 

このコッカの真ん中で国民の生命と財産を守ると言いながら、実のところ、国民の命を弄び、この島国を切り刻み、売り飛ばしている、ほんの一握りの権力者たち。

 

日本人ではないかもしれない、カルト靖国一派が真っ赤に燃えた核の塊のように、この島国の中枢で暴れまくっているのである。

 

子供たちの命を守るどころか、子供を犠牲にして、自分たちの権益拡大に手を緩めることがない。

 

犬HKさまで報じられていたニュースを2つ。
怒りが込み上げてきて、この国の滅亡は避けられないのでは…と心底かなしくなったニュース。
とっくに削除されているので、ここへと記録を残しておくことにします。

20150412_91534_2

20150412_91551_2

子供の貧困ってさ、子供が勝手に貧困になってるんじゃないんだよ。

つまり、親が貧困状態、職にまともにつけず、働いても働いても稼ぎが追いつかず、
貧乏になってるってこと。

これは、つまり、アベノミクスが99%国民の生活を苦しめる政策であると言うことにつきるし、ブラック大企業を優遇し、8割を非正規雇用にしようと、"固い岩盤"である国民を守る国内法を壷売腹痛の安倍が自らドリルとなってぶっ壊してるんだからさ。
そうやって、国民を飢えさしておいて、何が国民運動なんだよ!!!
ここへ、雁首そろえて並んでる大人は一体何者なんだ!?蜥蜴種なの?

皆さんは、何をお感じになりますか?

もう一つ、こちら!

復興担う人材を ふたば未来学園高が開校
4月8日 17時18分

20150414_123459

東日本大震災と東京電力福島第一原発の事故からの復興を担う人材を育てようと福島県広野町に設けられた県立ふたば未来学園高校で、8日、開校式が行われました。
福島県立ふたば未来学園高校は、原発事故で避難を余儀なくされた子どもたちが学べる場を確保し、将来の復興を担う人材を育てることを目指して、今月1日に原発からおよそ25キロ離れた広野町に開校しました。

8日午前10時から開校式が行われ、学校名の「未来」の文字をデザインした校章が描かれた新しい校旗が丹野純一校長に手渡されました。そして、福島県の内堀知事が「輝かしい1期生として入学される皆さんが未来を歩む姿は、復興のシンボルになると確信しています。双葉郡はもとより世界に未来を告げる人材に育ってください」と、激励しました。

20150414_123545

1期生となる新入生152人のうち97人は避難区域に指定されている双葉町や大熊町など原発周辺の双葉郡の出身です。ふたば未来学園高校は今後、県内各地に場所を移している双葉郡の中学校と連携して地域の課題や復興の進め方を考える授業や原子力防災の研究などにも取り組むことになっています。
また、オリンピック選手や元宇宙飛行士、劇作家など、およそ20人の著名人が特別授業を行うことになっています。

入学を機に避難先の福島県いわき市から広野町の自宅に戻ったという佐藤遙さんは「将来は建築士になって家を建てる仕事を通して復興に役立ちたいので、大学進学に向けて勉強を頑張ります」と話していました。

復興担う人材育成が目標

ふたば未来学園高校は、福島県双葉郡の南部、原発事故の避難区域の外側の広野町にあり、東京電力福島第一原発からおよそ25キロ離れています。
広野町の中学校を仮の校舎として使用し、平成31年度までに新しい校舎と体育館や校庭などの施設が建設される計画です。
学校は、福島の復興を担う人材を育てることを目標に、大学進学を目指すコースと、サッカーやバドミントンなどのトップアスリートを育成するコース、それに福祉や商工業などのスペシャリストを育成するコースの、3つの専門コースに分かれます。

地元の中学校と連携して復興の進め方を考える「ふるさと創造学」を行うほか、生徒たちが地元の住民に話を聞くなど、地域の特色や課題などに目を向ける機会を積極的に設け、学習のまとめでは、生徒たちが課題や解決策などをまとめ、復興への提言として国や福島県に対して発表することを目指しています。

また、文部科学省が指定した「スーパーグローバルハイスクール」として、大学や企業と連携して再生可能エネルギーの研究に取り組んだり、原子力防災を学ぶための海外での研修も積極的に行ったりすることにしています。

このほか、元オリンピック選手や元宇宙飛行士、劇作家、俳優などおよそ20人の著名人が講師として年間100時間の特別授業を行います。今月15日からは、劇作家の平田オリザさんの指導で、地域の特徴や課題を調べる授業が毎週2時間、3か月間にわたって行われる予定です。

はいっ、もう言葉はありませんね。
こうやって、大人たちのマネーの倫理、マネーの論理で雁字搦めにして、偽善を押し付けて、子供たちの命を、クイモノにする。
授業料は、一体いくらなのだろう? もしかして、フリーなの?
大衆をコントロールするための為政者たちが重宝する道具"3S政策"の要、電波芸者を使って、コッカ権力は、"フクイチ大丈夫神話"の創出に子供たちをダシにして、邁進しているのである。

 

米帝に救うマッドサイエンティストが核の地雷を埋め込み、散々クイモノにしてきた日本島。

悪魔たちの傀儡として機能し、一般会計の3倍、4倍もの血税という源泉を好き放題出来るピラミッドの巨塔を築いてきた官僚機構と、あたかも、民主主義コッカであるように装うため、顔の見えるフロント役として機能してきた自由民主党という一党独裁体制が、
この赤々と燃え、日本の中枢でトグロを巻く日本国の実像なのだ。

 

ふぅ〜〜〜。

 

薄黄緑の若葉が勢いよく、のびている。
宇宙の摂理、自然の法則で生きている植物たちは、獰猛なニンゲンたちの思惑とは関係なく、計り知れない時間軸で命をつないでいる。

 

私も自然にいつか帰る日が来る。

 

そう考えれば、この不条理な時代もほんの一瞬…。
目に焼き付けておこう。

             m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。風が出てきた…)

おかあたん…、大丈夫?

20150417_151137

2015年1月11日 (日)

【歩くメディア】テレビを見る暇があるなら、これを見よう!【必見動画!必聴音声!】 … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!107

20150111_153544

11日(日)。sun

 

今日はある種のニンゲン(?)たちが好む1が三つも並ぶ日!だけど…、

朝からお日様が輝くよいお天気。
窓際を陣取り、猫たちが日向ぼっこしながら寝息を立てている。

 

猫の寝顔を横から眺めていると、この国が亡国へと突き進むコッカにいながら、幸せな気持ちになるから不思議だ。

 

やっぱりね、ヒト以外の"人生"、すなわち"猫"生ならぬ"生き物"生は、マネーという言葉の存在はないから、命延命の本能のままに生きているのである。

 

ニンゲンは、マネーの奴隷になったけれど、ニンゲン以外の生き物たちは、宇宙の法則、自然の摂理に従って生きているだけに過ぎない。

 

ニンゲンも"悪魔"たちが編み出したマネーの呪縛を解いて、他の生き物たちを見習わなければ、先は長くないだろうね。

 

さて、妄想しだすととりとめもないから、リアルな現実をまず、直視していただきたいと思い、今回は、いくつか動画・音声をご紹介いたします。
m(_ _)m

犬HKを眺める暇があるなら、是非、こちらをご覧いただきたいと思います。

 

まず、昨年末に【歩くメディア】として勝手に、"一郎・太郎となかまたちの国民!"が、・こどもの命を護る この一点に集結して、米国の傀儡政党を倒して、政治を変えて行くしかない!っと提言させていただいたが、

 

3.11の原発事故後、ず〜っと東電会見に出続けている、お笑いタレントのおしどりケンさん&マコさん、ジャーナリストの木野龍逸さん、そして、京大の原子炉実験所助教 小出裕章先生が出演して、東電&政府のフクイチ対応の姿勢、フクイチの今を誠に濃ゆいお話をされている。

子を持つ日本の大人は、隅から隅まで必聴だ!是非、何度もお聞きいただきたい。
おしどりマコさんの驚くべき話は、18:00位〜の・水ジルコニウム反応!!!

露出した燃料棒に水を掛け、メルトダウンを防ごうとするシビア・アクシデント対応が、つまり、逆に膨大な放射能を放出することになり、この対応がそもそもシビア・アクシデントになってしまうと言う、トンデモない現実であったってこと。


ふぅ〜〜〜。

そして、もう一つ。
昨年暮の衆院選を前に、ジャーナリストの神保哲生さんと元日立の原発設計に携わっていた科学ジャーナリストの田中三彦さんを迎えての、フクイチ汚染水や事故処理のリアルな、こちらも濃ゆいお話。

・一日に約300トンの水が海に流れている

・水を循環させて、冷やし続けなければ行けないのだが、1入れた水が2になって帰ってくる。つまり、地下水が加わって水が増える。

っと言うような、はっきり言ってジャジャ漏れ!のお手上げに近い、トンデモない状態になっているのがわかる。
是非、こちらも必見!ご覧いただきたいと思います。

だから、原発は未来をめちゃくちゃにする、それ自体が"国民ジェノサイド"を引き起こす装置だったことが、今や、はっきりと現実味を持って理解出来てくる。

70年前の敗戦直前、広島・長崎で種類の違う原爆の、一瞬のうちに何万人もの命を抹殺する"人体実験"に否応なく参加させられ、9年後には、太平洋のビキニ環礁でマグロ船"第五福竜丸"が原爆実験"ブラボー"に巻き込まれ、無線長の久保山愛吉さんが酷い原爆症で亡くなり、大変な"反核"一色に盛り上がった日本人の意志が、コロッと180度反転させられ、3.11でフクイチ4基が爆ぜて、気付けばもうじゅを入れて55基もの、原発を埋め込まれていた事実。


何故か?っといえば、日本は未だに独立国ではなく、このブログが2年前より、発狂しながらも、プランテーション日本国の発狂ぶりを直視せよ!っと叫んでいた通り、米国の植民地だからである。
陰謀でも何でもなく、本当のこと。

9日(金)のじゃーナリスの上杉さんが発信する、ネット番組"オプエド"に、昨年10月に"日本はなぜ、「原発」と「基地」を止められないのか"を出版した著書 矢部宏治さんが出演されて、「日米合同委員会」のこと、憲法のことを話されている。
この動画は、次回月曜の番組が始まる午後4時まで、無料で閲覧出来るので、是非、ご覧いただきたいと思います。


Broadcast live streaming video on Ustream

この中で、00:21:00頃〜より、民主党代表選に触れて、矢部さんが「未だに野田元総理が2012年の衆院選惨敗の責任を問われずに国会議員を続けている。このこと自体、この政党に期待をすることは出来ず、民主主義を破壊した。」っと話されているが、全くその通り。

00:29:00頃〜より、矢部さんの著書"日本はなぜ、「原発」と「基地」を止められないのか"の内容について、お話しされているが、
新原昭治さんが発掘し、暴いた数多くある日米の密約をもとに、書いた本である。

20150111_142715

・70年前、敗戦してからずっと米国の占領下にあり続けていて、その証拠が、①土地、②空域、③帯域(電波)は、米国が持っている。

20150111_142822

・旧日米安保条約第一条を維持し、細目は、日米合同委員会で決めている。

20150111_143057

・アイゼンハワー大統領時代、1957年に取り決めた条約がそのまま維持されている。

20150111_143642

超法規的な日米合同委員会の日本側最高位は、法務省大臣官房長であり、この職に有ったニンゲンがその後だいたい検事総長になっている。砂川事件より、日本の最高裁が機能しなくなった。結果、官僚たちは、日米合同委員会に名を連ねる上司に逆らうことが出来ない構造になっている。

20150111_143555

20150111_143746

・基地は、東京にも沢山有り、六本木には、米軍のヘリポートがあり、日本の先端上を集めるためにCIA機関と一緒になった、フルスペックの米軍基地が存在する。

ふぅ〜〜〜〜っと、ため息がついつい漏れてしまうが…、これが、日本国のリアルなのである。

20141231_165316

ようは、日本国民に知らされることなく、国民には見えないところで、
米国と日本の官僚が密約に基づいて運営されている社会!=米国の植民地!ってこと。

それが、3.11を経て、何度も訳の分からない選挙をやらされて、見えてきた本当の日本の姿。

矢部さんは、00:55:00〜より、
・憲法が機能していないことには、いろいろと歴史的経緯がある。現行憲法について右派は、自民党安倍派のように、人権を与え過ぎといい、その人権を減らせという。一方、左派は、GHQが作った歴史には目を瞑って、いい憲法だから指一本触れず、堅持することをいう。
そんなことではなく、数カ所変えれば、機能する憲法になるのだから、
そろそろ、現実を直視して、ちゃんと憲法論議をしましょう。っとの思いで、この本を書いた。
と、おっしゃている。

小沢さんのことに、上杉さんも矢部さんも触れなかったけれど、ず〜っと、しっかりとした憲法論議をして、前文の4大原則を堅持して、変えるところは変え、リアルに国民の手にある憲法にしようとず〜っと言い続けているのは、小沢さん。

「右でもない、左でもない、国民のための憲法にしようとしているのが他でもない、小沢さん。日本のどこにいても当たり前に暮らしを営むことが出来る、国民ための政治を、民主主義の手段で実現しようとしている政治家こそ、小沢さんなんだ。」っと、この動画の矢部さんに向かって、思わず突っ込んでいた。

20141231_184004

この、地方分権、会計一本化を目指す、小沢さんの日本国改造計画!
これを嫌ったのは、"日米合同委員会"の米軍と日本国の官僚トップたちってこと。是が非でも、小沢排除は必至だった。


っと言うことで、是非、日曜日の今晩は、お夕食のあとは、テレビはやめて、これらの↑動画をご覧いただいて、プランテーション日本国のリアルを実感していただき、強い意志を持って、子供たちの命を守ることが出来る社会へ変えるために、お互いに知恵を絞って参りましょう。

                m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。)

ええ気持ちやの〜 

20150111_153527


2015年1月 6日 (火)

【歩くメディア】明けてもおめでたくもない2015年の年初め。… "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!2

20150106_223200

今日は6日(火)。rain

大しておめでたくもない2015年が明けて、6日目。

ず〜っと、よいお天気が続いたけれど、今日は午後から荒れ模様。
春の嵐のような、生暖かい強く吹き付ける風とともに、大粒の雨が降っている…。

 

年末年始と実家に帰省して、ゆっくりとお正月を過ごした。
昨年、祖母が亡くなり、毎年新年早々、顔を揃えて、お寿司をいただいていたけど、今年から祖母の姿はなく、何となく寂しいお正月だった。

姪っ子たちと紙のドレスを作って、流行の雪の女王ゴッコをして遊んだ。
柔軟な発想で次々と新しい遊びを考えだすこどもたちに触れ、私の発狂寸前の脳内は久しぶりにリフレッシュしたよう。
 

無邪気に笑い、踊り、時には大人顔負けの正論を口にする、こどもたち

20150106_190435

このこどもたちの未来のためにも、この国の大人たちは、今こそ、政治を直視し、一致団結して立ち上がらないといけない、そんな気持ちを新たにした。

ふぅ〜〜〜〜〜。

 

まぁ、年が明けようが明けまいが、このプランテーション日本国の物理的環境は、なんら改善されることはない。

フクイチの壊れた原発からは放射能各種が垂れ流され、大気に、海に、地下水にと拡散し続けており、誰もこの被曝から免れることは叶わず、国民ジェノサイド政策がけたたましく続いている。

チェルノブイリ原発事故により、ソ連は崩壊したと言われているが、そのチェルノブイリのその後を目の当たりにすれば、およそ、どんなに想像力が乏しいニンゲンにもどんな未来が待ち受けるのか、分かるというものだが、
小沢さんや太郎さんが、将来の日本国を危惧して、「このままなら奇形児が生まれてくる恐れがあるから、何としてもフクイチの放射能封じ込めを最優先にし、そして、高濃度の除染しても住めない地域住民の移住を国が率先してやるべき。」と至極まともなことを言えば、電波利権に与る御用学者や、あろうことか、小沢支持を自称していた学者まで一緒になって「その発言は、一体どのデータを見て言っているのか?デマゴギーではないか!」と捲し立てる有様。

本当にこの国の大人たちは、何を見ているのだろうっと、ため息が止まらない。

私の実家は、浜岡原発15キロ圏内の、爆ぜたら終わりの地点に位置しているのだが、親族に原発に絡む話を聞いて、いよいよ、脱原発はとてつもなく難しいことを悟った。

どんな話かと言えば、ようは、インサイダーで、そもそもヤクザが二束三文で買っておいた土地がその後、原発立地となって膨大なマネーに化ける!っということは、常識らしい。

浜岡は、シャブコンと言って密度の薄いコンクリートで出来ていて、使用した砂は海の砂だから塩分が混じっているそうだ。

その上、地下の状態は4つも5つも断層が交差しているのであるから、そもそも、こんなところに立ててしまった時点で完全にアウト!

 

何度となく、地震や事故で起きた放射能漏れは、常習的に隠蔽され、そして、一番危ないと言われていた浜岡は、3.11でフクイチ4基の爆発により、とりあえず、再稼働は免れている状態だ。

 

それで、住民の意思を結集して、何としても、このまま再稼働されることなく浜岡廃炉を確定しなければ、子供たちの命は守れない。

 

でも、安倍を担ぐ、靖国カルトの力は、凄まじく、巣鴨プリズンからお咎めなしで釈放され、米帝の工作員となった戦犯が作った財団を遣い、地域住民の懐柔に乗り出していて、そのやり方がECO指向のサーファーや健康志向のスポーツ愛好家を騙し、気付けば原発再稼働に反対出来ない住民を増やしているとのこと。

 

いかにも、子供たちや地域の住民のために、ソフトとマネーの両方に貢献しているように見せかけた"善意"の武器にじわじわと毒されていく。
まるで、目に見えないミクロの核爆弾に浸食されて行くが如く、生活が原発利権に侵されてしまうという、何ともしがないこの現実を直視するだに、本当にこのまま"国民の生活が第一"の政治など実現しないのではないかっと心が寒々としてくるのである。

 

300万人の国民が死に、白いニンゲンたちに負けた日本は、米国に占領されたまま、傀儡の高級官僚が支配する植民地となって70年を迎える。

20141231_165316_2

どんな国になったのかと言えば、米国の都合で、エネルギーでも何でもない、お湯を沸かして電気を起こす装置であり、実のところは、戦争の兵器=核爆弾を作るもとになる猛毒の精製工場として、この狭く脆弱な地盤の島にもんじゅを入れて55基もの原発を埋め込まされ、気付けば、この地雷が4基爆ぜて、今なお、測定することもままならない大量の放射性物質が垂れ流されており、
 

20150106_190800_2

この核の地雷を埋め込んできた米国の傀儡政党を、今なお国民が選んだことになっていて、"この道しかない"と嘘と虚飾で塗り固めたハリボテのプランテーション日本国を続けているのである。

ふぅ〜〜〜。

この道は"安倍の爺さんが国民を玉砕に導いた"あの道だ。

あの道を再び進むことにならないために、"一郎・太郎となかまたちの国民!"が
・子供たちの命を守る! この一点に集結して、何としても別の道を進まねばならない。

20141229_112028

心して生きて参りましょう!

                 m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。今年もよろしくお願いします!)

猫になりたい!

20150106_230424

2014年10月 6日 (月)

【歩くメディア】ご報告:4日の"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動を終えて。 … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!63

12 今日は6日(月)。

台風一過の穏やかの秋の夕暮れ・・・、とってもきれい・・・。

地球の生命活動である、自然の猛威に、人間は抗うことが出来ない。

なのにどうして、造っちゃったんだろうね?

答えは、まぁ"優生学"というクレイジーな思想を礎に、現代文明である核文明が栄えてしまったことにあるっと私は思っていますが、
そのお陰で、フクイチが4基爆ぜて、今もって、放射能核種が垂れ流され続けていて、ひとたび嵐が来れば、こんな状態↓(>_<)。

8 空間放射線量が、軽〜く、2倍以上になる世界!
じわじわと、コッカにソフト・キリングされる日本国民。

っということで、生きづらい世界ですが、諦めないで前向きに生きていきましょう!
(自分に言い聞かせる・・・(-_-))

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・: maple :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ!気分を変えてご報告です!(^^)/

4日(土)、"国民の生活が第一の政治を実現する会"主催、
"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動に参加して参りました!

日本中の神様が出雲の大神さまのところへ出かけていて留守の神無月にあっても、お天道さまが見ていてくださり、この日も、薄曇りの、時折、お日様が射す、街宣日和となりました!
新潟からT氏が参加してくださり、総勢10名で元気に行いました!
この模様は、同士の中ちゃんが、中ちゃんレポートにて動画配信をしてくださっていますので、是非、ご覧ください。m(_ _)m

Broadcast live streaming video on Ustream

え〜っと、この日もいつものとんがり帽子に【歩くメディア】の看板を背負って、急ぎ足で通り過ぎる国民の皆さんに声を掛ける。

新宿は場所柄、物見遊山の外国の方が多く行き交う。ひとかたまりの群衆がそのまま外国人の時もある。

この活動は、小沢さんの存在を国民の皆さまに知らしめること。

チラシは国民の皆さまに渡さなくては意味がない。

そう、思いながら、いつもの呪文。

Photo 小沢です、小沢一郎です。
気付いてください。
テレビ・新聞・ NHKに騙されないでください。

徴兵制が来ますよ。
気付いてください。
小沢さんは、国民の味方です。


この日は、自分から、チラシを手にとってくださる方が目についた。
「看板よく見せて。そう、小沢さんしかいないのよね。」っと言ってくださるご婦人。
チラシを手にしながら、うんうんと目で合図をくださる紳士。
お友達を歩きながら、「あ、小沢さんだっ!」っと、取ってくださる20代の女性。
確実に、小沢支持者の方は、存在するのだ。

毎度、拙い演説で恐縮だが、
小沢さんは、官僚主権国家から、国民主権の国へ、中央集権から地方分権の社会へと大革命をしようとしていることをお伝えした。

安倍自公政権がやっていることは、間違いなく99%の国民を苦しめる政治だ。

国民を護るためにある日本国憲法を冒涜して、世界を牛耳る1%にも満たない強欲なニンゲンのために、国民の命と財産をマネーに換えるべく、突き進む政治だ。

2020年の幻となる東京五輪招致で国民を騙し、新たなる"安全神話"を創出しておいて、
フクイチから垂れ流され、世界に拡散し続ける放射能核種を完全に無視し(たぶんお手上げ状態なんだろう…(T_T))、外国に国民のツケとなる国債を52兆円もばらまき、正規雇用を減らし、非正規雇用を増やし、一家の大黒柱となる男子がまともに食えないようにした上で、セーフティネットである社会保障を切り崩し、消費税増税を強い、法人税減税とグローバル・ブラック大企業をどこまでも優遇し、コッカの形骸化を呼ぶTPPを推進し、他国への原発販売、人殺しの道具である兵器の製造販売を決めると同時に、9条を無視し、戦争を自ら出来る国に勝手にして、国民が知らなければいけないことも何もかも"特定秘密保護法"や"癌登録法"で隠蔽し、福島の子供たち103人が甲状腺ガンであるという、顕在化する甚大な被害も無視し、東電責任者が罪を問われることなく、御嶽山の噴火を目の当たりにしても、原発再稼働に躍起になる・・・。

ふぅ〜〜〜。

ため息が出るほどに、安倍自公政権の暴政ぶりは凄まじい。
どこまで、国民を騙すつもりなのか?
どこまで、国民は甘んじて騙された振りを続けるのだろうか?

財務省は、消費税を来年の10月から10%にすると決めている。
世界を牛耳る"悪魔"たちIMFの言いつけをひたすら守ろうとするのが、国民のことは考えないプランテーション日本国の"官僚機構"のニンゲンだ。

権力と一体の、テレビ・新聞・NHKが必至で安倍自公政権を礼賛して見せ、電波の棍棒で国民を音もなく殴りつけ、誘導し、自衛隊を米軍の下請けに駆り出すことを成功させれば、それを皮切りに、70年前と同じ轍を踏む、一億玉砕、国民殲滅への道を止めどなく突き進んでいくのだろう…。

そんなことは、許さない!

だから、小沢さんを広く知らしめ、もう一度、自公政権を倒さなければならない。

国民の私たちが、"国民の生活が第一"の政治を実現させるために、真の政権交代を成し遂げねばならないのだ!

今こそ、気付いた皆さまが、ひとりでも多くの国民の皆さまに、草の根で伝えていく時である。

諦めず、へこたれず、共に頑張りましょう!

次回は、11日、ご参加くださいませ。

                         m(_ _)m

ふぅ〜〜〜。

腹がすいたニャ14

2014年9月23日 (火)

【歩くメディア】今日は秋分の日。"ダーウィンの進化論"はペテンの始まり! … プランテーション日本国だもの、勝手に妄想、お許し願います。6 (-_-)

6 今日は23日(火・祝)sun 
*本日の夕日・・・変な雲が!?→

お彼岸のお中日。先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ日。

死を身近に感じる出来事、それは、縁のある人間が亡くなることだ。
今年は、知人、身内で3人の魂が出直しをした。

輪廻転生があるなら、今頃生まれかわる肉体を待っていることだろう。


もしも、私が出直しの魂なら、核文明を卒業した、新しい価値観で営まれている地球に生まれかわりたいと切に思う。

そんな未来を現世で見ることは叶わないでしょうね・・・。(-_-)

7_3

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・ cat :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ、いつもの妄想で〜〜〜す!

え〜っと、だからね、今、人類が本来の人間らしく、生きていけるかどうか、の、正に、分岐点に立っている。

それは、取りも直さず、地球人が、人権を拒み続ける人殺しが大前提の核文明と決別できるか、否かということ。

世界中の人々の意識がはっきりと、錬金術で創り出した核文明の正体に気づき、明確にNOという意志をあらゆる些末なことから、行動に移さねば、人類はこのまま、真っ暗な闇に閉ざされ、二度と光り輝く道をたどれない・・・。

世界に430基以上もの、経年変化で脆性破壊が進み"核爆弾"と化す原発が埋め込まれている。

原発は、いろんな嘘で塗り固めた悪魔のエネルギー装置。
原発は、核弾頭の先っぽに付けられるプルトニウムを精製するための工場。
原発は、膨大なマネーを生み出す"打ち出の小槌"として、"悪魔"たちが世界民を奴隷にするために編み出した道具。


キュリー夫人も、草場の陰で泣いているだろう。
まさか、自分の発見が後の世の、人類を、地球を滅亡に導く源となろうとは、露ほどにも考えていなかっただろう。


"悪魔"たちが、やろうとしていることは、本来の人間らしさを人類から奪い、彼らの"奴隷"としてしか生きられないようすること。

そのために、
この世界の常識=物差しを一つに決め、"悪魔"たちが創り出す"ファンタジーでパロディのクレイジーな世界"に世界民を閉じこめている。

その物差しを生み出しているのが、何にでも優劣を付け、白人以外は人間でないから、あの手この手で人口削減をして見せている
"優生学"というカルト思想なんだけど、見渡せば、このカルトに席を置く、核を弄ぶマッドサイエンティストばかりが、世界民の命と引き換えに、ケンイと栄光を手にしてる。

だからね、推して知るべし!世界民がひれ伏す、

ノーベル賞とは、世界民を騙すツールなんだよ。

今や、マッドサイエンティストに分類されるニンゲン擬きは、沢山いる。
っていうか、そんなニンゲンばかり!


だから、そもそも"優生学者"たちが創り上げた常識が幻想!だったら!?

いや、"悪魔"たちが押しつけたモノだっ、当然、フェイクなんだよ!

つまりは、先の尖ったピラミッドの先端にいる悪魔ニンゲンがその下にいる人間をすべからく支配するという、弱肉強食、勝ち組負け組、自然淘汰の末の適者生存 という、上から目線の、命を冒涜するような言葉創り出し世界民を洗脳しているってこと

これが、人類が先に進めない、いつまでたっても共食いである口減らし=戦争を棄てることができないでいる、悪魔的思考の源泉なんだよね。

でね、今日は、そのフェイクの大元である
"ダーウィンの進化論"はペテンの始まり!っと題して、
今こそ、そもそもどうなの?っと、私たち生命とは、一体どこからどう来てどうなるのか? そこのところを、もう一度お考えいただければと、ときどき、拙ブログにて取り上げている、ブログ"養生法の探求"さんの最近の記事、SATORIをご紹介いたします!

結構、小気味よく、"ダーウィンの進化論"を叩いています。(^^)/
ちょっと(かなりかなぁ?(^^;))長いですが、転載させていただきます。m(_ _)m

SATORI

単刀直入にぶっちゃけてズバリとはっきりキッパリと言ってしまうと、ようは学説なんてものも物凄く政治的なバイアス(偏向)がてんこ盛り満艦飾で、はやいは なしが世の定説なり法則なりはすべからく支配者が人民を支配するためのステルス・マインドコントロール爆撃機として機能してるんじゃね?なんて進化論のモ ロモロを俯瞰して深く感慨にふけるわけです。

進化論論争の中でももっとも重鎮というか大御所にダーウィン進化論というものがあって、よう は生命進化とはある生き物の種(しゅ)の中に突然変異で優れた個体が発生し、その優れた突然変異個体が環境に適応した適者として大いなる神である自然に選 択されたエリートして選ばれる結果、おのずとこれらの突然変異個体が生き残り、結果として優れた突然変異個体になれなかった旧式のままの形質をもった残り の種の仲間が滅び、新たな優れた突然変異個体だけの新種が誕生する、

といういつものコレね、まあ、ほんとまったくもってとんでもない勘違いな妄想の産物でしかないこのダーウィン進化論がいまだに幅を利かせまくってブイブイと鼻息が荒くて、さらに痛いことにはこのダーウィン進化論の進化形と いうべきゲノム学で補強した「分子進化の中立論」なんてものまで捏造されていてようはDNAの変異があって初めて進化が起こり新たな種が誕生するという ダーウィンの生きた時代にはなかったゲノム論で補強したネオ・ダーウィン進化論が今や大手を振ってまかり通っているというわけなのです。

すでにダーウィン進化論の誤謬はアッサリとこれまでの論説でもぶった斬りましたが、つまり自然界における突然変異とは決して優れた個体の発生を意味すること はなく、それは間違いなく奇形個体のたぐいの言わば適者生存に適応しない突然変異がまったく少数しか出現しないというのは、普通の生物学や医学の常識があ れば即理解できることであり、これをもってダーウィン進化論は撃沈とあいなりました。長いあいだお勤めご苦労さまでした。

だってダーウィ ン進化論はね、資本家たちがこれ幸いに飛びついた極めて政治的な理論もとい陰謀論理であって、自然界では適者が生存し、そうでないものは淘汰されているの だから、人間社会においても資本家がいくらでも弱者である奴隷から搾取して、どんなにがめつく奴隷たちから資源や知恵をかすめ取っても、それはダーウィニ ズムな適者生存の原理によって認められているんだから、いっこうに罪悪感を感じる必要もないし、悪びれることもなく、これからもジャンジャンと奴隷たちを こき使ってかっぱらい三昧に稼ぎまくろうぜ!

という資本家の糞エゴイズムな考えにドンピシャだったからこれほどまでにダーウィニズムもネオ・ダーウィニズムも長い間もてはやされて重用されてきたということなのです。

工業地帯に棲息する蛾の一種オオシモフリエダシャクの羽根の色が壁の黒色化にともなって同じように黒く変色することをもって、これぞ適者生存の証明である と、こんな単なる環境適応のエピジェネティクスな遺伝子変異を介さない発現様式の変化で新種モドキの誕生を説明するという実に浅はかなトリックを使った唯 一のエビデンスも、今言ったようにすでにタネがばれてしまっているのです。ようはダーウィン進化論というものを証明できる証拠など自然界には一切存在しないのです。

なのに学校の理科の授業で進化とは「突然変異と適者生存の原理に従って自然選択された結果あたらしい種が誕生する」といかにも それらしく表現されて暗記させられると、スポッとこの文言が脳端末にインプットされてしまって、もう柔軟な想像力を駆使したアイデアが浮かんでこなくなる。はい、ダーウィニストの一丁上がり!これが洗脳教育の恐ろしさなんですわ。

アタシはこれで高校の生物の授業でメンデルの法則にどうしても納得がいかず、そこから落第していったクチなので、ある意味筋金入りのアンチ・ダーウィニストなんです。アンタさぁ、エンドウ豆を栽培してね、そのタ ネの形質を幾らか調べたからって、それをもって植物のみならずすべての動物いや地球生命種130万種の進化のなにがしかが説明できるわきゃあねぇだろうに よぉ!

どうかしてるぜ、ほんと。だからこれも物凄い局面的な微々たるケースにおいてはメンデルの法則なんてものらしい法則らしい何かがあ るように見えるってだけで、優性遺伝だの劣性遺伝だのというけど、生命は本来的には複雑系でほんとのところはまだほとんどなんにもわかちゃあいない、って のが真実なんだから、いい加減に上から目線で偉そうに法則なんかを生命界に持ち込むなってぇの!

そりゃあ物理の世界ではニュートンの法則なんかがあって、「アッシは万有引力の法則を信じないから崖から落ちても平気だぜ!」なんて言ってほんとに落ちるヤツはただのバカだけど、それとこれとは 話しが別でね。ようは生命界というものは物理界とは異なる命の躍動する世界なんだから、ひとつここは頭をとんでもなく柔軟にしてかからなければ「生命の何たるか?」も「進化の何たるか?」もこれぽっちもわかりっこないっすよ、ほんと。

それで、みなさんにはこれでダーウィン進化論は卒業できたとして、では「生命進化はいったい何を原動力にここまで来たのか?」という新たな難問に挑戦しなければならなくなったということです。で、俺はこうみえ てクドクドと論説を展開することをこれで好まないわけで(笑)、ほんとは単純に短い文章でサックリと結論だけ示せばいちばんカッコイイとは思っているんで すが、だから進化論は進化論で論に過ぎないから、まあどんな論を展開してもお好きにどうぞ!で事足りてしまうって、

おいおいそれじゃあ、あんまりだから、俺的な進化論を言うと、やっぱアタシが創発するなら

「悟り進化論」だね。 エッ、いきなりでなんだか意味がわかんねぇって? うん、まあね(笑)

ほらウイルス進化論はさ、種を越えてDNAがシャッフルされて使い回されているということなんであって、このことをもっと大きな俯瞰で捉えるならばそう、種 などあってなきが如し、となってくるということなのです。生物たちの見た目の形質の表現様式はね、地球生命種130万種と言われるほどに、それはそれは多 用なんだけど実はどの種族ももとをたどればコモノートと呼ばれる38億年前に地球に誕生した始原バクテリアの末裔いうことであり、

この始原バクテリアのDNAをウイルスたちがベクター(運び屋)となって、ここ38億年間のあいだあっちの種にくっつけて、こっちの恐竜に貼り付けて、羽毛を 発現する遺伝子をウイルスが一斉に恐竜たちのDNAにインストールしたから寒期が訪れても恐竜は絶滅したけど羽毛型恐竜にウイルス進化できた鳥類が今でも チュンチュンと生き残っているなんて整合性のある進化論が描けてくるのですが、

つまりは地球生命種がここまでそれぞれ多用な形質を発現し ながら進化できたのは、みんなで生き残りに都合が良い遺伝子をウイルスにベクターとなって運んでもらって、みんなであっちで使い、こっちで使いして、それ を共有して使い回して激変する地球環境に適応して生き抜いてきたという有力な仮説が浮上してくるのです。

地球生命種はウイルスを介して手と手と合わせ、DNAとDNAを合わせ、みんなで一丸となってここまで進化してきた。それはまぎれもない共生進化であったのであり、「地球はみんなのもの、みんな地球の子」の「ウイ アー ザ ワールド」な世界そのものの証明であったのだ。

バクテリアもウイルスがベクターとなり進化してきた。私たちはウイルスと共に命を授かったという事実はあまりに衝撃的であるが、最早、それを疑う余地などな くなりつつある。いや、恐らくはウイルス進化論こそが進化をよりよく説明できる学説として少なくとも100年後には認められる時代が来ると予想しておこ う。

ガン細胞が「敵ではなく味方であり仲間」であるのと同様に、ウイルスもまた「敵ではなく味方であり仲間」であり、もちろんバクテリアも「敵ではなく味方であり仲間」なのだ。

地球生命種はウイルスを介してDNAをパスポートとしてすべての種がアクセス可能なほどにまとまったひとつのブラフマン(全一なる大我)なる「一大地球生命 ユニット」なのかもしれない。クリーブ・バクスター氏は簡単な電位計測器を用いて、バクテリアも植物も動物もみな何らかの意識を有してコミュニケーション が可能であることを実証した。バクスター氏はこの地球生命種が共有する情報伝達系を「プライマリー・パーセプション(原初的知覚)」と呼び、バイオコミュ ニケーションという新しいカテゴリーを生みだした。

もしかすると我々、地球の生き物はすべてそのDNAでつながった存在であり、交信しよ うとすればどんな生物間でもコミュニケーションが可能なのかもしれない。恐らくはそうなのだろう。ならばこそ、いっそう、海洋生物の、森の生き物たちの、 いや地球上すべての生命の慟哭と嘆きが大音響となって耳に、DNAに、原初的知覚を通して浸透してくる。

そう地球を放射能で汚す大犯罪はもう金輪際、止めようぜ!

悟り、とは「差を取るから」、差取り、なんだとある覚者は仰った。今こそすべての差を取って、生きとし生ける命のすべてが地球環境と共生できる新しい文明観を築かねばならない。

地球上の仲間たちみんなは、ずっとずっと人間が目覚めるのを待っていたはずだ。

今こそ「さとり生命観」の構築を。

SATORI な未来を私たちの手で切り開きましょう!

(転載終了:太字・カラーは加筆しました。)

ということで、そもそも、常識が非常識で、私たち人類を無知な猿のままにしておこうと"悪魔"たちが創り出している幻想・・・!?

"悪魔"たちが築いた帝国!

Photoそれが、今、世界を見渡せば、口減らしである戦争やテロや、ウイルス・パンデミックを煽り、マネーを操作して、不況を創り出し、人間を殺しまくっている核文明帝国なんだよ。

                     *悪魔が創った人口蚊→

核を弄くる核マフィア(=戦争マフィア)と医療マフィアは言わずと知れたコインの裏と表。
そして、コッカに無国籍企業の経済兵器=TPPを仕掛けるグローバリストたちと資金を貸し付ける金融マフィア。

見えない鎖に繋がれた世界民。

真の自由とは、一体、どんなものなのだろう?

鈴虫の音が耳に響いてくる。
鈴虫は自由に鳴いている。

何ものにも気兼ねせず、本能のままに、鳴いている鈴虫。

何と自由なことか?

今こそ、自然の摂理に、宇宙の法則に沿った命の使い方を、人類も見いだす時なのだ。

核文明、終わりにしましょうよ・・・。
                       
m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜(-_-))

おかあたん、大丈夫?8

2014年9月16日 (火)

【歩くメディア】"空気作り"に余念がない全体主義コッカへと突き進む自公政権!? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!97

11_2 今日は16日(火)sun

蝉の声がまだ聞こえています。

今日は、お日様に当たると、じっとりと汗の出る、そんな陽気でしたので、時折、抜ける放射能の混じる風がとても心地よく感じられました・・・。 (T_T)

皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか?

早くも、暴走気味ですが、

今日は、つらつらと頭に浮かぶ妄想を書き留めてみようと思います。

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  chick  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

昨日、毎週土曜日に参加している"小沢一郎応援街宣活動"を主催するリーダーのお誘いで、チリのピノチェト軍事政権を倒した様子を描いた*ここクリック→ 映画"NO"を観に行った。

1973年に米国CIAの援助でクーデターを起こし、15年間もコッカを乗っ取ったピノチェト政権だが、その強権的な統治の仕方が世界から注目されて、しかたなく信任を国民投票で問うことになり、ピノチェト政権を信任する国民はYESへ、そして、信任しない国民はNOへ、投票する選挙が行われた。

左派といわれる17の小さな政党が一つになって、絶対に勝てないといわれた選挙で、無血の革命を成し遂げるのだけど、一体どうやって、その奇跡を起こしたのか?

その模様が映画に綴られている。

チリと日本では、明らかに政治状況が違うのだけど、どちらも米帝に潜む"悪魔"たちに魂を売った、コッカに巣くう1%にも満たないニンゲンに国民は殺されかかっているということは、同じ。

日常に戦車が走り、白昼公然と特高警察がそこここで人々を弾圧するチリ。

目に見えない爆弾が炸裂する中、嘘で塗り固めた幻想の安全コッカに人々を縛り付けている日本国。

顕著に違うところは、人々の感性。

つまり、痛みを直接味わった人々と、戦後70年ず〜っと"自由のある民主主義の国に生きている"っと思わされてきた人々とでは、権力に対する肌感覚が全く違うということなのだと思う。

強権的な全体主義の独裁政権と、民主主義コッカに見せかけた官僚主権政権では、

ダイレクトに火で焼かれるグリルと、

水から茹で上げられるボイル、との違いと言えば分かりやすいか?

ようは、敵が何ものなのか、日本人は未だに理解できていないのではと思う。

この映画を観て、チリの人々に尊敬と羨望の念を抱いた。

無血の革命!

今、私たち日本国民こそ、何としても成し遂げなければならないこと!

ふぅ〜〜〜。(-_-)

正直、民主党があんなんじゃね・・・。道のりはいよいよ険しく、そして、遠い・・・。

ひしひしと"秘密保護法施行"へ一直線といった感じをぬぐい去れない事件。

今朝、知ったのだけど、*ここクリック→ インターFMの朝の番組"バラガン・モーニング"のパーソナリーを勤めるピーター・バラカン氏が9月いっぱいで降板するという。

ようは、経営陣の意に沿わないという理由で、バラカンさんは外されることになった。

まぁね、このカルト靖国統一ナンミョウ亡国軍事政権下の今、バラカンさんが排除されるのも至極当然と言えば当然だ。

でも、バラカンさんは音楽のみならず、原発や選挙と、国民の生活に関わる時事問題においても、個人の意見をしっかり述べ、、何事にも迎合しない"自由人"を実践している方だ。だから、彼の生き方に憧れる、多くのファンが存在する。

8 今年の2月9日に行われた都知事選の前に、"バラカン・モーニング"の放送中に「まだ告示もされていないのに、東京都知事選が終わるまでは原発に触れないよう、他の2つの放送局で言われました」と、*ここクリック→ 他局で言論統制があった事実を話し、SNSで拡散されたことがあった。

9 この一件が原因の一つであるかも知れない。

紛れもない、言論弾圧の波が押し寄せている。

ミクロの核爆弾に晒されながら、

"知る権利"を剥奪されつづける国民。

その先には、戦争か、

あるいは、新たな原発爆発のアトミック・ディザスターか、どちらに転んでも破滅が待っている。

10 およそ、日本人ではない、心根を持つ、カルト靖国の生き霊たちが、官僚機構が持つ既得権益に群がり、渾然一体となって国民に襲いかかっている。

全体主義コッカへと空気作りに余念がない官僚主権の自公政権!

この構造が理解できなければ、

本当の敵に気付くことができなければ、

チリのように、無血革命を成し遂げることはできないだろう。

でもね、是非、*ここクリック→ この映画"NO"は単館上映ながら全国を回っていますから、多くの日本国民に観ていただきたいと思います。

東京は、*ここクリック→ 有楽町イトシア4Fのヒューマントラストシネマ有楽町にて上演しています。

                          m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。茹でガエルになっちゃうよ〜(-_-))

野党共闘!12

2014年9月 9日 (火)

【歩くメディア】今夜は満月! … プランテーション日本国だもの、勝手に妄想、お許し願います。5 (-_-)

14 今日は9月9日(火)。sun

ある種のニンゲン(蜥蜴?)たちが好むぞろ目の日。

満月が煌々と照る今宵、リンリンと涼しげに鈴虫が鳴いています。

ひんやりとした風が心地よい、すっかり、秋の夜長っといった趣です。

季節の移り変わりを肌で感じるとき、あらゆる生命がその命を連綿と繋ぎ、そして、母なる地球もまた、宇宙の中に生きている、そんなことをふと思ってしまいます。

何気ない虫の音に耳を澄ますと、不思議に一瞬時間がとまったよう・・・。

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  fullmoon  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ、我に返って、
今宵は"脳"からでまかせ!妄想を書き連ねてみたいと思います。m(_ _)m

表の"電波の棍棒"は、デング熱がけたたましく喧伝され、これでもかっと、パニックにしようと躍起になっている。

7 「東京訪れず」千葉の男性がデング熱感染 
9月9日 19時02分

東京の代々木公園周辺でデング熱の感染が相次ぐなか、新たに、東京と千葉などの合わせて7人の感染が確認され、今回、感染が確認されたのは15の都道府県で合わせて88人となりました。
このうち、千葉で感染が確認された60代の男性は最近、東京を訪れたことがないということで、厚生労働省などが感染の経路を調べています。
デング熱は蚊が媒介する感染症で、先月70年ぶりに国内での感染が確認されて以降、東京・渋谷の代々木公園やその周辺などを訪れた人の感染が全国で相次いでいます。
8厚生労働省によりますと、9日新たに東京と千葉などの合わせて7人の感染が確認されました。いずれも重症ではなく、容体は落ち着いているということです。
このうち、千葉で感染が確認された60代の男性は、社会福祉施設で暮らしていて、最近、代々木公園を含む東京を訪れたことはなく海外への渡航歴もないということです。
代々木公園を訪れたことがない患者の確認はこれで3例目です。
厚生労働省などは男性のウイルスを解析するなどして感染の経路を調べています。

9今回のデング熱で感染が確認された人は15の都道府県で合わせて88人となりました。
厚生労働省と東京都などは都内の公園で蚊を採集して検査を行っていますが、これまでに渋谷区の宮下公園など3つの公園の蚊からはデング熱のウイルスは検出されなかったということです。

厚生労働省は「蚊を媒介して感染が広がっている。重症化している患者はいないが発熱などの症状が出た場合には速やかに医療機関を受診してほしい」と話しています。

こんなのに、騙される人がいるのだろうか?っと思っていたのだけど、まぁ、結構いますね。

親戚のおばさまは、蚊に刺されては大変!っと、夏も終わりというのに、蚊取り殺虫剤の溶液が切れてしまったと買いに走っている。

だからね、騙されてるって!ほとんど死ぬ人はいないのだから、熱が出たら、感謝しなくちゃ!毎日何千個、何万個と生まれ出るガン細胞をヒートショックプロテインが発動されて、その発熱作用で綺麗に消してくれるんだから、デング熱に罹ったら、感謝こそすれ、怖がるなどもってのほか!

殺虫剤やら、ワクチンやら、解熱剤やら、これらの、人口の化学物質の方がどんだけ身体に毒なのか、分かりきってるじゃん!

それにね、本当に怖がりたいのなら、フクイチだよ!
政府が言っていた"毎日2億4千万ベクレルの放射能が漏れている"っていうのは、真っ赤な嘘で、
実は、海だけでも毎日80億ベクレルジャジャ漏れで、よくよく確認したら、何と海だけで毎日220億ベクレル漏れてる!っという、NOコントロールなフクイチ・メルト・アウトこそ、怖がるべき!*ここクリック→
ブログ"みんな楽しくHappy♡がいい♪"さんが、東電が会見で「ストロンチウム90が50億ベクレル、セシウム137が20億ベクレル、トリチウムが10億ベクレル。はい、あのぉ~、一日当たりになります」っと、海に出ている放射線量を白状したことを記事にしてくださっています!是非、ご確認くださいね。

だから、目眩まし、蚊なんてどうだっていいんだよsign01bomb

結局、これも、1%の悪魔たちにとっては、色んな意味で支配を強化する"一粒で何度でも美味しい!"っという、被支配層から思考能力とマネーを巻き上げる"ショック・ドクトリン"なわけ!

7月1日の、日本国憲法解釈改憲の国民へのテロを決行し、戦争をしでかす国に変貌した今、カルト靖国統一ナンミョウ亡国軍事政権が、テレビ・新聞・NHKにやらせていることは、70年前と同じ、一億総玉砕へと突き進む、全体主義コッカたらしめるための空気作りにほかならない!

"戒厳令"よろしくウイルス・パンデミックを煽り、公園封鎖をして見せて、物々しさを演出し、かたや、愛国心を煽り、ファッショへと拍車を掛ける。

錦織選手が、全米オープンで準優勝に終わって安堵したのは、私だけではないだろう。

もし、優勝していたら、軍事独裁政権下のプランテーション日本国だ!

「国民栄誉賞」などと愛国心を煽るために錦織選手は利用されただろう!個人の功績は穢され、"日の丸礼賛"の格好の標的になったはずだ。


*ここクリック→  3S政策の行き着く先は、それは、戦争!

ふぅ〜〜〜〜〜。(-_-)

滅び行く日本という島。

この島の住民が、洗脳箱が創り出す"幻想"から目覚めないかぎり、近い将来、命を繋げて生きて行くのが非常に難しくなる。

それは、とりもなおさず、


物理的なフクイチがはき出す放射能核種により

そして、悪政による経済的困窮により

さらに、地球を牛耳るマッド・サイエンティストの"悪魔"たちの野望、
"新世界民奴隷制"="NWOの樹立"へ向けた、"人口削減政策"="戦争の創出"により


カラーの人種であるイエローの日本人は、レッド・データ・ブックの最初にリストアップされる、絶滅危惧種なのである。

                                                   

fullmoon      

まあるいお月様を眺めて、今夜もトンデモな妄想に耽ってしまった・・・。(-_-)

何でも、本当はお月様は、悠久の遙か昔、現ホモサピエンスが誕生するずっと以前の、地球人(?)が作った軍事基地用の"人口の星"であり、地底には、要塞都市が張り巡らされているっという話がある。

もし、この人類より桁違いに高度な文明を持つ、異星人が、この地球を観察していたら、人類が自ら滅びようとしているように見えるこの地球の惨状を、人類の愚かさを、いったいどんな思いで見ているのだろう?

異星人は、ただ見守っているだけ。決して、表だって、人類が進む道に介入することはないそうだ。

私たち、地球のことは、私たちで何とかしなければならない。
私たち、日本のことは、私たちで何とかしなければならない。

どうにかしなければならない。どうにかしなければ・・・。
どうにかしよう・・・

                         m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。きれいな月・・・(^_^))

大丈夫?おかあたん。。。12

2014年9月 2日 (火)

【歩くメディア】"ディスクロージャー・プロジェクト"から13年と4ヶ月。世界はまるで変わらない!? … プランテーション日本国だもの、勝手に妄想、お許し願います!4 (-_-)

2 今日は9月2日(火)。sun

久しぶりに緑の向こうに青空が覗き、蝉の声と一緒に、爽やかな秋の風が吹いている。

こんなのどかな日は、心底、311が起きなければ・・・っと思ってしまう…。

今日の空間放射線量は、風向きだろうか?ここ1年ほど、ず〜っと40がデットラインといったところだったが、先月末辺りから、38、37と最低を更新して、今日は36まで落ちているので、3年と5ヶ月ぶりに、洗濯物をベランダに干した。

6_2

風に揺れる洗濯物。 以前は当たり前だったのに、今は、何とも感慨深い。

そんな世界に突入している。これが現実である。

ふぅ〜〜〜。(-_-)

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  pig  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ、久しぶりに、妄想爆裂!ぶっ飛んでみようと思いま〜〜〜すsign01

え〜〜〜っとね、この話題は、放射能惨禍に見舞われるプランテーション日本国においては、未だにディスクローズされない、トンデモ扱いだっということを百も承知で、初めてブログに取り上げるんだけど、まぁ、ここは、"泡沫発狂ブログ"っということで、お許し願いたいと思います。m(_ _)m

前置きが長くなりましたが,

じゃ〜〜〜んsign03 "ET(地球外生命体)=宇宙人"についてです。

私は、自分が"宇宙人"であると気づいた時から、まぁ、この広い宇宙には別の星に"地球人と似て非なる宇宙人"が存在するだろうと確信していたのだけど…、

2001年5月9日に、宗主国において、スティーブン・グリア博士が目撃者から膨大な事実証拠や証言を集めて、ホワイトハウス付きのジャーナリストが主催する記者会見にて、21人の証言者と共に、政府が隠している"ETとUFO"の存在を公表した。ようは、半世紀ほど前から既に、"ET"とのコンタクトがあったという事実!

ここへご来場の皆さんの中にも、既に、この"ディスクローズ"について、ご存じの方も沢山いらっしゃると思いますが、2659ybm87657さんが、youtubeにアップしてくださった動画を紹介しますね!(^^)/

*在米の斉藤弓子さんが訳したものを2659ybm87657さんが動画に字幕をつけてくださり、*ここクリック→ 2時間近くある会見動画を10分割して、アップしてくださっていますので、その1をまず、添付いたします。m(_ _)m


*字幕のテキストは、*ここクリック→ "UFOの真実"というサイトで全文が読めます。
動画を追いながら読むのが苦手な方は、こちらをじっくりお読みいただければと思います。
”UFOの真実"さん、情報の掲載、誠にありがとうございます。

紹介者ジョン・サイファー氏のイントロデュースのあと、3:00からのスティーブン・グレア博士の冒頭挨拶を転載させていただきますね。

ありがとう、ジョン、記者の皆さん、アメリカ国民の皆さん、そして世界中の方々。
今日私たちは、今まで50年もの間、馬鹿にされ、疑問に思われ、そして否定され続けてきた問題の真実を明かすためにここにいます。今日ここにいる人たちとそれに加え350人以上もの軍事、諜報機関のいわゆるUFO、宇宙人の目撃者たちは、この宇宙に存在するのは私たちだけではないということを証明します。今日ここにいるサラ・マクレンドンに感謝します。彼女はホワイトハウスの記者で、今日の主催者です。ありがとう、サラ。(拍手)
 
 1993年に私はこのプロジェクトの軍事関連のアドバイザーとバージニア州の田舎町で会い、一般市民と軍事、諜報部員、そして他の人々が一緒になってUFO問題の真実について明かす時が来たという意見で一致しました。その後、私は個人的にクリントン政権の最初のCIA長官だったジェームス・ウールシー氏と会見し、また国防諜報部長、諜報参謀長、上院諜報委員会のメンバー、多くの国会議員、ヨーロッパの閣僚たち、日本の国会議員や世界の他の人たちと会って話をしてきました。誰もがUFOの存在については驚きませんでしたが、皆一概にUFOプロジェクトにアクセスできないことについて恐れていました


 私たちが身元を確認した現時点で400人以上にものぼる証人たちは、CIA, NSA (National Security Agency, 国家安全保証局)、NRO(National Reconaissance Organization 国家偵察局)の職員、また空軍、海軍、海兵隊、陸軍の隊員とあらゆる分野での諜報機関部員、軍の機関職員、また会社員、政府の請負企業の会社員で構成され、彼らを通してこの問題を確証できます。
 
 彼らは闇の予算や極秘の未確認のプロジェクトに参加してきた人たちです。これらの未確認の特別プロジェクトは1年に少なくとも400億から800億ドルを費やし、世界を永久に変えることのできる技術の上に腰をおろしているのです。
 
 私たちが今公然と現れた理由は、アメリカ国会とブッシュ大統領にこの問題に関して公式な調査と公表を促してもらいたいからです。この課題は人類の未来、アメリカの国家安全保障、そして世界平和に密接な関係があります。

 特にUFOと地球外飛行物体に関する技術は、一般に公開されそれが平和的なエネルギー生産と推進に利用されれば、深刻なエネルギー危機問題を解決することができ、また地球の温暖化に終止符を打ち、今地球が対面している環境問題を改善することができるのです。
 

 また私たちは社会共同体として宇宙に武器を配置することの妥当性について討議し始めることが必要です。もし私たちだけが宇宙に存在しているのではなく、他の文明と領地を共有していることが証明できれば宇宙に武器を配置することは無分別なことで状況を不安定にしかねません。この問題はアメリカ国内と国際社会にとって認識の範囲外だったので議論されてきませんでした。ですからこの問題を認識の範囲内に置くことが必要なのであってそのために私たちは今日ここにいるのです。
 私たちはUFOが時速何千マイルものスピードで飛び、停止し、そして右に曲がったのをレーダが捕らえたことを証言することによってこの問題を確証することができます。それらの飛行物体は反重力推進力方式を使って動きます。この方式はすでにアメリカ、イギリスや他の国々での機密プロジェクトでどのように作動するのか研究され、解明されています。 
 UFOは地球にすでに着陸しており、特にアメリカの特別チームによって撃墜され、また回収されてきました。そして少なくとも50年もの間、異星人も回収され彼らの飛行物体は没収され徹底的に研究されてきました。
 私たちは今日公開する証言と書類によって私たちが知っている限り少なくとも2代に渡る大統領の政権によってこの課題が議会のメンバーから隠されてきたことを証明できます。
 
 
合衆国憲法はこれらの機密プロジェクトの増大する権力によって堕落させられてきました。
 これは国家の安全保障にとって非常に危険なことです。

 ここで強調したいのは、異星人たちは私たちに対して敵意をもっているという証拠はどこにもないということです。ところが異星人が私たちの敵意を懸念しているという証拠はたくさんあります。
 彼らが私たちの大陸間弾道ミサイルを作動不可能にしたり、発射能力を鈍らせたりしたこともあります。今日、証言者たちがこれらの出来事についてお話します。
 
ETは私たちに宇宙に兵器を配置して欲しくないということを明らかに示してきました。しかしながら私たちは危険な道を押し進めています。

 
国会と大統領そして国際社会によって管理されてこなかったので、この問題は国家の安全保障を脅かすものになってきました。

 だから私たちは事実を明らかにしなければらないと感じているのです。これが 「秘密暴露のキャンペーン(ディスクロージャー・プロジェクト)」の始まりです。先週ブッシュ大統領に渡したメモに、私は私たちの目的がたっせられるまでこのキャンペーンは続けると書きました。

そしてその目的とは

 ・UFO問題についてアメリカ議会で率直で公正な公聴会を持つこと。

 ・恒久的な宇宙への武器配備の廃止と、すべての地球外物体への攻撃の禁止。

 ・これ以上の環境破壊を防ぐのに間に合うように石油の使用を撤廃し、また今後10年間に確実におこるはずのエネルギー危機戦争を防ぐために、どのようにしてこのUFOに関する技術を明らかにし、そしてそれを使ってどのように平和的にエネルギー生産ができるかについての十分な研究をすること。


これは最も緊急な事項です。もちろん今までUFO問題はばかにされ続けてきました。私は緑色の小人について記事を書きたがる多くのマスコミの人々を知っています。
 
しかし実際はUFO問題が笑われるのは、それが大変重要だからです。私はペンタゴン(アメリカ国防省)や議会のメンバーである大の大人たちが泣いてこういうのを聞いてきました。「いったい私たちはどうしたらいいんだ」と
 私たちは、この問題が正当に世間に明らかにされるのを見届けます。私たちがすでにビデオでインタビューした100人以上もの中の勇気のある最初の21人の証人たちが前に出て真実を語ります。
 人々は猜疑的な目で見ると思いますが、無分別にそうするとは思いません。
 なぜならこの証人たちは信用に値し、自分たちが何者であるかを証明でき、また人類にとって最も重要な出来事の第一目撃者たちだからです。彼らの何人かはアメリカで核兵器の扱いを指揮し、国家の安全保障についてのすべてにおいて多大な信用を得てきた人たちです。私たちは今彼らの言葉を信用しなければなりません。

 バチカン市国のバルドゥチ司祭は最近のインタビューでこう言いました。「この目撃者たちの証言を受け入れないのは愚かなことだ」と。疑問に思うのは結構です。でも偏見をもって見たり頭でっかちな態度でにこれに対応したりするのは見当違いです。これはとても重要な問題なのです。マスコミ、科学学会、そして政府の官僚たちがこの問題を真剣に受け取り、人類と私たちの子供たちにとって正しい行動をとって欲しいのです。
 私たちは何十人もの最高機密の目撃者たちの500ページ近い書類と証言のコピー、そして4時間にまとめたビデオをメディアと国会のメンバーのために用意しています。このビデオは商業用ではなく、私たちがインタビューした120時間にわたるビデオを4時間にまとめたもので、マスコミと国会議員の人たちに見てもらうために用意したものです。

 
私はこの問題が真実で人類の未来にとって非常に重要だということを確証できます。今これを聞いているすべての人々にお願いします。議会のメンバー、世界の国々のリーダーたちにコンタクトをとり、この問題について率直な調査を行うように、また私たちは他の生物と宇宙を共有しているので、宇宙兵器の廃止を支持するよう頼んでください。

 
そしてこれが人類の子供時代の終わりだということを理解してください。今こそ私たちが宇宙文明の一員である大人に成長する時なのです。そのためには私たちは平和的な文明にならなければならず、宇宙に進出するのは辺境に兵器を配置する目的ではなく、他の文明と協力していく意図の下でなければなりません。

 証言者はあなたがたの向かって左側から順番に始めます。彼らが自己紹介し、どんな政府や軍の仕事に従事し何を個人的に経験したかを話すまで質問はしないでください。会の終わりに会場が閉まるまですべての質問を受け付けますし、あなたがたが必要なすべての情報を提供します。それでは最初の証人から始めます。ジョン・カラハン氏です。

14年前2001年の5月9日に発表されたこの会見の、4ヶ月後、ブッシュJr.政権のもとに"同時多発テロ911"が起こされ、世界は、米国がやり出す大義のない"テロ戦争"へと巻きこまれ、国連も承認しない"米軍のイラク侵攻"に、プランテーション日本国にあっては、小泉政権が自衛隊を派兵し、罪もない人々を私たちの血税で殺戮するという、愚挙を行っている。

スティーブン・グリア博士と情報提供者たちが証言するように、ETたちからの、ゼロサム・エネルギーという、必然的にパラダイムシフトを起こすことになる、新エネルギーの存在が明らかになれば、石油やウランの化石燃料争奪のための戦争が消滅することになり、

核文明に変わる平和が前提の新たな地球史のスタートとなり得る程の、ショッキングな事実であったのに、世界の人々に浸透する隙を与えることなく、"闇の政府"が自作自演を演じ、4000人とも言われる自国民を犠牲にして、WTC爆破をやって見せ、世界を盲目なテロ戦争へと導き、その先にある"悪魔"たちが企図する、"新世界民奴隷制"="NWOの樹立"に突き進み、今に至っている。

つくづく、真実とはわからない、見えないモノであると思う。

人類をいつまでも進歩のない、下等な種に縛り付けている概念。

それは、
"戦争はなくならない。"という、自己暗示にも近い1%の悪魔たちの罠に嵌っているってこと!

人類は元来共食いである"戦争"など自らしようとは決して思わない。いつも昔から為政者たちに、無理矢理やらされているに過ぎないのであるから、いい加減、卒業すればいいのだ。

スティーブン・グレア博士とその賛同者たちが、満を持して21世紀到来と共に、世界の人々に訴えたこの"ET(地球外生命体)の存在と、その隠蔽の事実"を、
311を通り越し、常識が非常識で、全てが幻想、真実は真逆の、"原発は夢のエネルギー"や"安全・安価・クリーン"のお札をペタペタ貼り付けたような、ファンタジーでパロディのクレイジーなハリボテ・コッカ、プランテーション日本国に生きる今、改めて、この
既出の事実についても同時に考えるべきことなのだと思う。

何事も、繋がっている!

今、大きな声で、"宇宙人が存在する!"っとまだ言えないかもしれない。
でも、頭の中で、いろいろと考えを巡らし、事実は事実と受け止める、大きな心構えが必要だ。タブー視し、見て見ぬふりをすれば、それこそ、"悪魔"たちの思う壺!


"核文明をやめるか、人類をやめるか" の瀬戸際である今だからこそ、一人一人が考え始めるときだと思う。

ぎゃ〜〜〜〜〜!キテますね〜(>_<)

それで、【歩くメディア】的には、今、一番気になること・・・。

平和な世界を"自立と共生"の理念で構築しようとしている小沢さんが、明日3日から3日間、韓国を訪問するとのこと。なんだかんだと、世界は"世界大戦モード"に突入といった感じだから、本当に、何事もなく、無事にお帰りになることを祈っています。

"悪魔"たちは何だってやるからね、とっても心配!

ふぅ〜〜〜。(-_-)

世界を変えるには、まず、身の回りから変えるしかない。
だから、生きること、すなわち、このコッカの政(まつりごと)を変えるしかない。

でも、このまま、国民の皆さんの覚醒がないと、ますます、手の届かないところに、行ってしまいそう…。

ぐるぐるがらがら、頭の中でいろんなモノが回っている…
まるで脱水槽で絡みついた洗濯物のよう。

今日は、この辺で終わりにします・・・。

                          m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。宇宙人か・・・?)

俺はさ、実は猫型宇宙人なんだ(^_^)v
5

2014年8月26日 (火)

【歩くメディア】今こそ、ありのままの小沢一郎を知っていただきましょう!(^^)/ … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!51

1 今日は26日(火)。cloud

朝からどんよりとした雲に覆われている。

私の心を移しだしているよう…。

日本島にへばり付いて右往左往している我々国民は、音もなく、刻々と"悪魔"たちの企図する青写真に沿って動いている世界に、呑み込まれつつある…。

目に見えることはない、放射能核種のように、様々な罠や仕掛けが張り巡らされていて、相互に作用しながら、"悪魔"たちの目標である、"新世界民奴隷制"="NWOの樹立"へ導かれているのだろう。

ふぇ〜〜〜。(-_-)

このままだと、また、トンデモナイ妄想の旅に出かけそうなので、気分を変えて、今日のお題です!(^^)/

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  chick  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

え〜〜〜っと、【歩くメディア】的に、常々思うことは、この21世紀に突入した現在、核文明が席巻するこの地球において、あらゆる命が繋げていけるか、どうかの瀬戸際に来ていると確信している。

つまり、

人類は、"核文明やめますか?それとも、人類やめますか?" の岐路にある!ということ。

これはね、911を訝しげに横目で睨み、311を通り越し、全てが幻想であったと直視すれば、子どもでも分かること。

それで、じゃあ、まず、私たちプランテーション日本国の住民が出来ることは何なのか?っと考えれば、

目下、300議席を優に超す、"カルト靖国統一ナンミョウ亡国政権"が、平和国家のバイブルである日本国憲法を無視しまくり、米帝の意のままに、70年前の関東軍の生き霊が取り憑いているような、戦前回帰の、軍事独裁コッカへと変貌中なのであるから、

国民が持っている正当な権利、つまりは、民主主義を成立させるための、唯一無二の権利である、"選挙権の行使"により、変えるしかないのである。

真の政権交代をもう一度起こす!

国民の手で、99%の国民のために、政権交代を起こす!

これしかないのである。

地球の、世界の中の、日本国の政(まつりごと)を変えるしかない!

それには、"真の民主主義の確立"を切望して止まない政治家、
民主主義を成立せしめる"知る権利"を国民の手に持たせようとした政治家、
政を国民の手に、真の独立国に変えようとした政治家、

それが、99%の国民がマスメディアの誘導に乗り、1%の利権者の策謀に荷担し、
一緒になって排除してしまった小沢一郎なのである。

小沢政権阻止であった"小沢パージ"の意味を国民が理解できないでままでいるのなら、
この国の未来はないし、日本人の絶滅は免れないと【歩くメディア】は考えます。

*この動画をアップしてくださった patisserie96-sudoさま、お陰でこうして動画をシェアできます。誠にありがとうございます。m(_ _)m

淳と隆の週刊リテラシー20140823 投稿者 patisserie96-sudo

*動画が正常に現れない場合は、↑と同じ淳と隆の週刊リテラシー20140823をクリックしてください。確実に動画に飛びます。

だから、気づいている、ここへお越しの皆さま、

是非、この動画を"小沢悪"っと思っている国民の皆さまにお見せしてください。

小沢さんがどんな国に変えようとしているか、全てではないけれど、その一端を理解する切っ掛けになると思います。

好き、嫌いで判断しないで、日本の、未来の子どもたちにどんな国を残すことができるのか?

是非、そこのところを一言加えて、この動画の拡散を、どうぞ、よろしくお願いいたします。

                           m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。道のりは険しいね…(-_-))

私からもお願いニャ〜2

2014年8月14日 (木)

【歩くメディア】いよいよ、エボラ・ウイルス・パンデミック、創出か!? … 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!10

19 今日は14日(木)。cloud

世間はお盆休みですが、皆さまは、如何お過ごしでしょうか?

69年前、敗戦に追い込まれた太平洋戦争で、日本国民全体で、約300万人が亡くなった。
兵隊にとられた6割が、戦闘で死んだのではなく、それ以前に"餓死"で亡くなっていると聞く。

ようは、無駄死にです。

戦争は、ここだけ見ても、明らかに、コッカによる"国民殺し=口減らし"であり、
ちょっと俯瞰してみれば、何のことはない、コッカとコッカを戦争させて、両方に軍費を貸し付け、武器を売りつけ、その戦争当事国の民の命をマネーに換えて、肥え太っている一部の人間!(蜥蜴?)="悪魔"たちの存在に否が応でも気づくことになるでしょ!

人間の性によって、戦争を断ち切ることができないのではなく、戦争をどうやって続けさせていくか、絶えず、計画をし、実行している悪魔たちがいるからだ。

罠は、あちこちに仕掛けられている。
複雑に見せて、混乱するように仕向けている。
けれど、よく見れば、同じ勢力のほんの一部のニンゲンたちがこの地球を牛耳っているんだよね・・・(T_T)。

ふぅ〜〜〜。

早くも妄想爆裂です!annoy

だってさ、あまりにも、トンデモナイニュースばかりなんだもん。

プランテーション日本国の制御不能、メルトスルーっぷりが遺憾なく発揮されている呆れるニュース。

まず、これ!

犬HKさまが昨日朝早い時間にコソッと流している。
*1週間もしないうちに削除されるので、*ここクリック→ 貼り付けておきます(-_-)。

1 停止中の仏製の汚染水処理装置を廃止へ
8月12日 5時04分

東京電力は、福島第一原子力発電所で3年前に導入されたものの、トラブルが相次いで僅か3か月で停止したまま稼働しない状態となっていたフランス製の汚染水処理装置を廃止することを決めました。しかし、この装置にかかった費用は「明らかにできない」としています。

東京電力は、福島第一原発の事故発生から3か月後、高濃度の汚染水がたまり続けている対策として、フランスの原子力企業「アレバ」製の処理装置を導入しました。

5 この装置は、化学物質などを使って汚染水に含まれるセシウムなどの放射性物質を取り除くもので、東京電力は導入から3か月間で7万6000トンの汚染水を処理したとしています。

しかし、運転を始めた直後からポンプが停止するなどのトラブルが相次いで停止し、その後、別の装置が導入されたこともあり、3年近くにわたって稼働していない状態が続いていました。

7 この装置について、東京電力は、高濃度の汚染水を処理したために放射線量が高く、毎月行われる維持・管理作業のための作業員の被ばくが大きいとして廃止することを決め、近く、原子力規制委員会に申請することにしています。
東京電力は「初期の汚染水処理に役だった」としていますが、この装置の導入や維持にかかった費用については「経営にかかわることで公表できない」としています。

ドンだけの血税を注ぎ込んで、アレバ社の処理装置を買ったんだかしらないけど、たった3ヶ月で使い物にならなくて、3年間ずっと維持するだけ。それで、"莫大な費用がかかって、もうお守りできないから止めますが、その維持費は国民の皆さんにお知らせしたら吃驚仰天して怒り出すから、公表できない"って、ぬけぬけと宣うずうずうしさ!

この小さな島国を核まみれに汚染させて、福島の子供たちを89人甲状腺ガンにさせて、公表されないけど一体何人殺したか知れないのに、誰も何も責任をとらず、
お手盛りで、電気料金上げて、国民から搾取して、黒字経営だ!っと、嘯いてるじゃん。
何が、経営にかかわることだ!本当に、発狂してるよ、東電は!

ふぅ〜〜〜。(-_-)

更にね、この*ここクリック→ ニュース!

福島の地方ニュースということで、全国版に載らないんだけど、ふるさとに原発を誘致し、原発利権まみれの、電波に乗るときだけ福島弁を喋る偽黄門さまの甥っ子が知事だからね・・・。まぁ、福島県政も終わってるよ!ホント。。。(-_-) 

10 退職金返納巡り県が前知事提訴
08月12日 19時26分

公共工事をめぐる汚職事件で有罪判決が確定した、佐藤栄佐久前知事に対して、福島県は12日までに、事件に関係する期間の退職金、およそ7700万円を返すよう求める訴えを、福島地方裁判所に起こしました。

17 佐藤栄佐久前知事は、県が発注した土木工事をめぐる汚職事件で収賄の罪に問われ、おととし、有罪判決が確定しました。

これを受けて福島県は、去年6月、県の条例に基づいて、事件に関係する期間の退職金を返すよう求める命令を、佐藤前知事に対して出しましたが、前知事は応じていません。
このため県は、佐藤前知事に対して、この期間の退職金、あわせておよそ7700万円を返すよう求める訴えを、12日までに福島地方裁判所に起こしました。
18 この退職金の返納をめぐって、佐藤前知事は、「事件そのものがえん罪で、返納命令は違法だ」などとして、返納命令の取り消しを求める訴えを、福島地方裁判所に起こしています。



っていうかさぁ、そもそも、この"収賄の罪で有罪判決"っていうけど、結局、収賄の金額は0円なんだから、収賄の事実がなくて、有罪だからね!

"検察&最高裁コラボ陸山会捏造事件"と同じで、"原発マフィア&小泉政権コラボ"による検察&裁判所を使った"でっち上げ事件"で、ようは、無茶苦茶な原発政策に刃向かう都合の悪い首長ということで、不当な手段により、排除(パージ)されたんだよ。

まぁね、知事職の退職金って言うのはさ、庶民の感覚とズレズレで、ごっつく貰えるんだなぁっと感慨深いところはあるにせよ、それはそれでね、佐藤栄佐久元知事の意見が通っていれば、3号機のプルトニウムが混ざったMOX燃料が吹き飛ぶこともなかっただろうし、そもそも非常用炉心冷却装置(ECCS)がコソッと取り外されることもなく、4基が爆ぜるという苛酷事故を避けられたかも知れない。

そう考えるのは、私だけだろうか?

ふぅ〜〜〜。

本当にプランテーション日本国の現状は、国民殺し=口減らしに静かに邁進しているのである。

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  ship  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

はいっ!今日のお題、ここからは勝手にいつもの妄想で〜〜〜す!(^^)/

世界を牛耳る"悪魔"たちは、自分たちだけがニンゲンで、レッドやブラック、イエローのカラーの人種は獣以下、虫けらぐらいにしか思っていない。

だから、あの手この手で、世界の人々を混乱に陥れ、恐怖を植え付けて、人類の本来備わっている輝きを封じ、進化の邪魔に余念がない。

無から無限に生み出す金融システムを操り、富が一極に集中するように操作し、世界民を奴隷として生きていくことしか出来ないように、支配システムの構築に邁進している。

この先にある世界は、

彼らが切望している

"新世界民奴隷制""NWOの樹立"!

今、"悪魔"たちが大々的にやっていること!

お得意の"宗教戦争"とかこつけて、イスラエルではユダヤ入植者シオニストたちによる、ガザ地区のパレスチナ人の"民族ジュノサイド"="大量殺戮"が世界民が見ている中、白昼堂々と行われ、
ウクライナでは、米帝傀儡の新政府が、ロシアを悪者にし、戦争惹起に、マレーシア航空機を落とすという、今やバレバレの偽旗作戦を展開している。

そして、*ここクリック→ 西アフリカで3月の発症以来、沈静化することが出来ず、死者数が1000人を超えたエボラ出血熱がヨーロッパ、アメリカへと飛び火し、いよいよ、パンデミック到来の様相を呈してきた。

"悪魔"たちの計画は、世界民の増殖を抑え、人口をコントロールすること。
つまり、人口削減を絶えず、あの手この手で実行しなければならないのだが、その陰湿な計画を公然と行うための仕組みが、世界民が信じ切っている、当の"WHO"であるのだから、始末が悪い。

23 子どもを産めないようにする"子宮頸がんワクチン"をはじめ、ポリオやインフルエンザと、世界民を脅して、実のところは、病気にさせ、命を奪うためのワクチンであるということが、内部告発者により、明らかになってい久しいのだが、まだまだ、その真実が知られていない。

重篤な症状が顕在化し、被害者が現れて、漸く、「なんか、おかしい?」と気づくのだけれど、それでは、あとの祭りなのだ!

13 911を横目で訝しげに睨み、311を通り越した今、"陰謀論!"っと一言で切って捨てる、そんな短絡的な状況ではないと、ここへご来場の皆さまなら、ご理解いただけると思う。

動画配信により、人々の気づきと目覚めを促そうと、精力的に情報拡散に努めている*ここクリック→ "アメノウズメ塾"さんの動画をご紹介。

英語の動画を翻訳して貴重な情報を提供してくださっている、*ここクリック→ ブログ"世の中おかしい・・・"さんのブログ主、Jessica0701さんのyoutubeサイトからの紹介です。こちらには沢山の資料がありますので、是非、ご覧になっていただきたいと思います。m(_ _)m

後半部分を書き出しました。内部告発者の話です。是非、ご参照ください。m(_ _)m

11:40〜 豚インフルエンザの場合

ーエイドリアン・ギブズ博士(オーストラリア国立大学名誉教授)は40年のキャリアを持つウィルス研究者であり、抗インフルエンザ薬のタミフルを開発者でもあります。こんにちは、ギブズ博士

その中でも可能性として考えられるのは、新型ウィルスは研究所で作られた人口ウィルスであるということなのです。

11:57〜 全ミネソタ州知事 ジェシー・ヴェンチュラ & Dr.リマ・レイボー

ーあなたはアメリカから国外に移住したんですよね?

アメリカ国内にいるのが安全でないと思うからです。
話し終えたら、またアメリカから去るつもりです。なぜって?なぜならもうすぐ、それは今日とか明日、というわけではありませんが、もうすぐワクチンの強制接種が始まるからです。しかも、表面的には『自主的な選択によるワクチン接種』という名の下にです。

ー豚インフルのことですが?そのワクチンが何か問題でも?よくないものなんですか?

WHO(世界保健機構)は世界人口の90%が余剰人口だと決めているのです。WHOは1974年から人々を永久的に不妊にするようなワクチンの開発に取り組んできました。
信じられなければ、私は確たる証拠書類を人類に見せる用意があります。この計画は既に始まっていて着々と進んでいるのです。さらに悪いことにFDAによって違法に承認された今回のワクチンには【スクワリン】という物質が含まれているのです。これは免疫系を刺激し、免疫反応を促進します。
もし、スクワリン入りのワクチン注射があれば、身体の免疫組織はそのスクワリンを攻撃します。そして次には身体のあらゆる部分を攻撃し始めるのです。その症状は【湾岸戦争症候群】と同じようなものです。身体のあらゆる関節が膨れあがって耐え難い痛みにおそわれて動けなくなります。
彼らはパンデミックを創出するでしょう。【鼻への噴霧スプレー】という形のワクチンを使うのです。活きたウィルスが弱められた形で含まれています。そのワクチンスプレーを噴霧されたAはBにインフルをうつす。みんな感染していきます。
人々はワクチン接種のために時には何百人という列をなして並ぶでしょう。
ホロコーストとは何を意味するのでしょう?大量殺戮です。多くの人が死ぬでしょう。そして死なずに済んだ人達は不妊になって死ぬことでしょう。

ーもし、ワクチン接種のせいで人々が大量に死亡し始めたら、それこそ、革命とか、反乱とか、農民一揆、のようなものが起こらないでしょうか?

ほんの短時間だけ。それも420,000人の軍隊が介入するまでの話です。ノース・コム、北部司令部隊が創設された。その目的は市民の反乱またはパンデミックなどが起こった場合、人々を他の場所へ移動することが最たる目的です。

ーもし、人々がワクチン接種を拒否した場合、FEMAは彼らを国中に建設されている強制収容所のようなところへ入れるだろうと・・・

WHOがワクチンを推奨する理由。

この動画を見ると、豚インフルエンザ・パンデミックは、"悪魔"たちの計画通りには、いかなかったようだけど、

優生学者のビル・ゲイツが、実はどんなニンゲンであるがアレックス・ジョーンズ氏の話しぶりでお分かりいただけると思う。

これを見て、想像力を働かせていただければ、今、"悪魔"たちがしようとしていることが見えてくるでしょう。

エボラに感染したスペイン人とアメリカ人を現地で隔離することなく、わざわざ、国境を越えさせ、大陸を横断させて、保菌者の移動をして見せた。

"子ども心"で考えても、核物質と同じで、毒物は一箇所に置いておく方がいいのに、わざわざ危険を拡散して、被害を拡げようとしているようにしか見えない。

"悪魔"たちが実行する、支配の常套手段。それが、"混乱と殺戮"なのだから、世界中がエボラの恐怖に震えるように、パンデミックを創り出すだろう。

21 そうして、*ここクリック→ WHOが声高に、「あなたたちの命を護るためよ!」っと嘯き、効果もわからない、高額なワクチンや抗エボラ菌薬を買わされ打たれて、別の病気で命を奪われる。

"90%の人口を減らす!"という"悪魔"たちの計画がリアルになるということ。

ふぇ〜〜〜。(T_T)

*ここクリック→ ジョン・レノンが語っているように、
「僕たちは、偏執狂者たちによって、偏執狂者たちの目的を成就するために支配されている。」

こんな状態をいつまで続ければいいのだろう。
誰からも支配されることなく、生まれ持った生を全うできる世界。

そんな世界を切望する人々が増えれば、"悪魔"たちが創り出す"闇"は光に曝されることになると思う。

情報の拡散、そして、多くの人がこの情報を共有すること。
皆さま、切っ掛けはどんなことからでも結構です。

一人でも多くの人に、この"悪魔"たちの存在を話していただきたい。
そう願わずにはいられません。

                        m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。何にしろ、長いね・・・(T_T))

不ニャ〜20

より以前の記事一覧

広告

  • google
  • amazon