2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 【歩くメディア】改め【耕すメディア】99%の味方、山本太郎さんの命を守ろう!…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!109 | トップページ

2015年9月11日 (金)

【耕すメディア】15回目の9.11を迎えて … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!110

20150912_15255

9月11日(金)。晴れ    *自家製野菜の揚げ浸し→

あの日から15回目の9月11日を迎えた今日、途絶えがちな、この発狂ブログを是非にも更新しようと今、試みている。

一昨日あたりから、日本列島には、本当に自然の成せる技なのか、疑わしく思えるほどに、帯状の雨雲が茨城・栃木上空にずっと居続け、もの凄い量の集中豪雨となって、一夜明け、二夜明け、その被害が明るみになり、もはや、戦時!っと見紛うほどの様相を呈している。

振り返れば、あの15年前の今日、世界の支配構造の手段は、一変したと言っていい。

戦争や紛争は何故なくならないのか?

「昔から人間は戦いをやめる事ができないから」

つまり、 "共食いである人殺しの戦争に及ぶのは、人間本来の性である。だから、止める事は出来ない"っという、これが所謂"常識"として、長年、人々の脳裏に埋め込まれてきたのだが、それが、あの9.11の、途方もなく大掛かりな"仕掛け"を目の当たりにして、それがあまりにも手の混んだ"装置"だったが故に、うっすらと、なんかおかしくねぇ?っという漠とした疑問が人々の心に芽生え、戦争の歴史を紐解けば紐解くほど、その"常識"は瓦解し、近代になり、科学という化け物が進化すればするほど、ある一部のニンゲンたちが選民思想のもと、世界を混乱に陥れては、地球のあらゆる生命を牛耳っているという、戦争の本質が、まざまざと見えて来たのである。

参考1

20150912_11420_2

*何故、彼女は癌になって亡くなったのか? → 9.11の「粉じんにまみれた女性」がなくなる 今も続く生存者たちの苦しみ


参考2

20150912_14617

*ブログ【世界の裏側ニュース】より→ ロシアが911の真相に関する情報(核爆発)を大量放出

彼らは、優生学という、自分たちだけが選ばれし者で、それ以外は、ゴイム。つまり、家畜と同じ、いつでも、どこでも、計画通りでも、その日の気分でも、好きなように抹殺出来るし、否、その殺戮やジェノサイドに使命感さえ持っている"悪魔の思想"を有している。

地球丸ごと牛耳る彼らは、まず、マネーの仕組みをつくり、人々騙して搾取し、そのマネーを活用して、あらゆる分野を独占している。

書き連ねても無意味。兎に角、大方全部、人間が生を営む時に必要な全てに"悪魔の思想"が入り込んでいる。

今、国会前に人々が押し寄せて、戦争法可決に必死の抵抗を試みているが、彼らは計画通りことを運ぶだろう。

敗戦後の70年が経っても、独立国とは言いがたい、首都東京の空が米軍のものであるという、動かしがたい証拠により、日本国は未だ米国の植民地なのである。がしかし、不戦を誓う世界でも稀な平和憲法を持っているのも事実。
今、その憲法が全うに機能することなく、戦争を企図する"悪魔の思想"の持ち主に都合のいいゴイム集団へと変貌させられようとしている。

現行憲法は、よく読み込めば、優生学を排除する社会を築くことが可能だ。

一人一人が自立した考えを持ち、その自立した個人が互いに認め合い共に生きる、真の民主主義の社会を切望し、それが、日本人の成すべきことだと主張したのは、小沢一郎だ。

*是非、ご覧になってお考えください。

本当のことを知り、その上で、自分の考えを持ち、多種多様な人々と互いに認め合い共に生きていく世界であれば、知恵の溢れる平和で豊かな地球を創造することも可能だ。

9.11以降、彼らが創ってきた、彼らに都合のいい"ニンゲン社会の仕組み"を打ち砕き、宇宙の法則、自然の摂理に則った価値観のもとに、人間本来の道に適った新しい文明を築くしかない。

それは、9.11が象徴する核の脅威で人々を縛り、あらゆる命を奪うマネーと一体となった"核文明"を捨て去ること。

大企業の一時の金儲けのために、戦争法を通し、国民のみならず、世界の無辜の人々の命を危険に晒す隷米アベ政権の暴走を止めるのは、国民一人一人の意識にかかっている。

このまま計画同意り、戦争法が可決され、待っていました!っとばかり、テロとの戦いに突入して行くだろう。

でも、その後、私たちがやれることは、もう一度、政権交代をすること。

小選挙区制が悪いっと多くの国民が言う。

でも、2009年、国民の力で、自公政権から民主党政権へと政権交代を成し遂げたのは小選挙区だったから。
だから、もう一度、今こそ国民の力を結集し、ドラスティックに政権交代するしかない。

そして、その後、この国を牛耳っている"悪魔たち"の遣いである、明治以来、特定のニンゲンたちが実権を握ってきた官僚組織を国民の手で、解体しなければ、米国からの独立も、真の民主主義も手に出来ないのである。

気が遠くなる道のりであるが、それまで、抗って行き続けよう。

(ふぅ〜〜〜。)

おまけ

ダンボールは気持ちイイニャ〜、障子もニャ。

20150912_13722

« 【歩くメディア】改め【耕すメディア】99%の味方、山本太郎さんの命を守ろう!…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!109 | トップページ

ペット」カテゴリの記事

マッド・サイエンス」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

山本太郎」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

生活の党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/62263485

この記事へのトラックバック一覧です: 【耕すメディア】15回目の9.11を迎えて … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!110:

« 【歩くメディア】改め【耕すメディア】99%の味方、山本太郎さんの命を守ろう!…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!109 | トップページ

広告

  • google
  • amazon