2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

【歩くメディア】お知らせ:31日(土)新宿西口"小沢&太郎応援!"街宣活動開催します! … "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!8

20150130_121830

30日(金)。snow

 

朝起きて、カーテンを開けると一面が雪。

 

今日は午後から出かけなければならず、さて、どうやって、山を降りようかっと途方に暮れている。
暖かいところで育ったから、雪に対して免疫力がなく、坂を降りて行くのに大変な時間がかかるのです… トホホ。

 

まぁね、諦めて30分早く家を出ることにしよう。

 

さて、プランテーション日本国の壊れっぷりは目に余るこの頃でございますが、
こうなったのも、全てこの島に生きている、"世界一の識字率"と言われている大人たちの所為なのです。(洗脳されるために字が読めるということ…)

 

だからと言ってここで諦めてしまったら、それでおしまい。
"悪魔"たちが描くとおりの島になってしまいます。

 

ミクロの核爆弾に身体を蝕まれながら、目に見える戦争からも逃れることが出来なくなり、この島国は70年前体験したように、1%の思惑通りの、物理的にも経済的にも精神的にも焼け野原粉飾決済をチャラにするデフォルト になり、世界の核のゴミ捨て場になるのでしょう。

 

ふぅ〜〜〜 think

 

はいっ! それを阻止するのは、私たち気づいた市民です!っということで、
お知らせです!

 

31日(土)午後1時より、新宿西口にて、
"国民の生活が第一の政治を実現する会"主催、

"生活の党・小沢一郎&山本太郎応援"街宣活動を開催します!

 

20150130_113955

明日のお天気は、今のところ曇り。

この泡沫発狂拙ブログにて、何度も書きなぐっている通り、

国民の命を、子供たちの命を本気で守ろうとしているのが、大本営の"同調圧力"に屈することなく、全うな人としての意見を発信し続けている小沢一郎と山本太郎の両氏であると確信しています。

 

国民のために働こうとするから、国民のための政治をなそうとするから、

"小沢パージ"が起きたのである。

20141231_165316

今こそ、小沢さんのもとに心ある大人が集結して、この国の未来を何とかしなければならないと思います。

明日も3種類のチラシを配ります。
是非、山本太郎さんに賛同する皆さま、一緒にご参加していただき、暴走する安倍自公政権を止めようとする市民を増やしていきましょう。

ご参加お待ちしております。

                m(_  _)m

(ふぅ〜〜〜。明日晴れるといいのになぁconfident

かあさん、頑張れnotes

20150130_122205

2015年1月27日 (火)

【歩くメディア】国民が待ち望む、保守本流の政党! それが"生活の党と山本太郎となかまたち” … "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!7

20150127_233939

27日(火)。sun

 

今日も風はあるのだけど、良いお天気でした!

20150127_222617

 

気になることは、アレだよ…、
というのもね、雨が降らないのに空間放射線量が高めっ!
まぁ、大本営発表中の表メディアからは、フクイチの過酷極まるお手上げ状態も、サラリと流れるだけで、それがどんなにトンデモな事態になっていようが、既に正常な判断が出来ない国民ばかり…。

 

ふぅ〜〜〜。think

 

このまま、"食べて応援!"で一億層被曝を強いられ、じわじわと命を削られて、日本人は滅んでしまうのでしょうか…っと、暗〜い気持ちになりますな。(> <)

 

でもね、今日は良いことがありました!

 

そう、子供たちの命を守ろうとする政党!"生活の党と山本太郎となかまたち"の代表である小沢さんと太郎さんのツーショット記者会見が初めて開かれました!

 

早速、youtubeに 海保"暴力"の指揮者 菅義偉さんがアップしてくださっていますので、貼っておきますね! 海保"暴力"の指揮者 菅義偉さん、ありがとうございます。m(_ _)m


20150119_142416

【歩くメディア】として、是非、ご理解いただきたいことは、毎週土曜にとんがり帽子を被り、看板を背負って、チラシ配りに精を出すのも、ひとえに、国民の命を守ろうとしている政治家は、700名以上の国会議員がいる中、小沢一郎率いる生活の党と山本太郎さんだけなんだよね。

昨年、本当に残念なことにお亡くなりになってしまった俳優の菅原文太さんが、
政治は、国民に安全なものを与え、飢えさせないこと、
そして、絶対に戦争をしないこと、この二つだっ
と訴えていたけれど、その文太さんは、ず〜っと小沢さんを応援し、小沢さんに共鳴する政治家を支援していた事実を見れば、小沢さんこそ、保守本流の、護国・民族派の政治家なのだとお分かりいただけるはず。
だから、その小沢さんと一緒にタッグを組んだ太郎さんも、こどもの命を守ろうとする、護国・民族派の政治家なんだよね。

つまり、お二人は、本物の国民主義のナショナリスト!っということ!

フリー・ジャーナリストの田中龍作さんがご自分のブログで、今日の会見を記事になさっています。
タイトルは、「99%」が最後に望み託す一郎・太郎新党

20150127_234827

田中さんは、最後にこう締めくくっている。

「1%」のために「99%」が血と汗を絞り取られる。
安倍政権の下、人間味のかけらもない政策が着々と進んでいく。それに立ちはだかる庶民型の政党が永田町に誕生した。
「希望の星になれるよう精一杯やってゆく」。山本共同代表は力を込めた。
この国の庶民にとって「生活の党と山本太郎となかまたち」は、最後の望みと言ってよい。

本当に、カルト靖国ナンミョウ亡国軍事政権下の日本国。
「1%」のために「99%」が血と汗を絞り取られる政治に邁進し、このままなら、どのような形で政府に殺されるのかわからないが、そう遠くない未来ではないかっと思えるほどに現実味を帯びてきている。

国民の生命と財産を守れなくて、何が政治だ!

菅原文太さんと同じ気持ちになるのは、私だけではないだろう。
少し冷静に立ち止まって考えれば、この国の大人たちは、誰が、国民を守ろうとしているのか、悟ることが出来るはず。

今こそ、"こどもの命を守る!" この一点にこの国の大人たちが集結し、政治を国民が手にし、本当の民主主義を勝ち取るために、一人一人がメディアになって、草の根で
"一郎・太郎を押し上げる"政治運動に拡げて行かなければならない。

その地点に立っているっと自覚をいたしましょう。

皆さん、正念場ですよ!頑張りましょう!

           m(_ _)m

*気付いた国民の皆さまへ
このブログのトップに、小沢・太郎応援のチラシ.jpgがありますので、是非、ダウンロードしてご活用ください。

(ふぅ〜〜〜〜〜。力が入りました…)

そんな時は〜

20150127_234029

2015年1月25日 (日)

【歩くメディア】ご報告:24日の"小沢&太郎応援!"街宣活動を終えて。 … "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!6

20150125_203934

25日(日)。sun       *静岡県のとある場所→

 

風のない、穏やかな日曜日。
地表にへばりついたニンゲンたちは、傲慢なエゴのぶつかり合いで、その世界を自ら破滅へ向かわせているが、時間は、宇宙の法則に則って、休むことなく、決まって新しい朝をこの進歩のないホモサピエンスにも見せてくれる。

 

空を見上げ、宇宙の彼方へと意識を飛ばすと、ニンゲンって、つくづく小さい世界でどうしようもない"物語"に嵌って生きていることがわかり、なんだか、全てがバカらしく思えてくる…。

 

はいっ、このままだと、また明後日の方へ妄想が膨らんで行ってしまうのでこの辺にして…。

 

ご報告です!

 

昨日24日(土)、*ここクリック→ "国民の生活が第一の政治を実現する会" 主催、
"生活の党・小沢一郎&山本太郎応援"街宣活動に参加して参りました!

この模様は、同志の中ちゃんさんが*ここクリック→ 中ちゃんレポート にて動画配信をしてくださっていますので、是非、ご覧いただければと思います。m(_ _)m

Broadcast live streaming video on Ustream


Broadcast live streaming video on Ustream

安倍亡国政権が"戦争が出来る国"へ変えようと、軍産複合体が実権を握る欧米が仕掛ける"テロとの戦い"へ自ら進んで、参戦を表明し、安倍の希望通り、日本国はテロの標的になっている。

CIAとモサドが創り出した、世界を恐怖で支配するための悪役であるISILに、二人の邦人が拉致され、日本政府へ身代金を要求されている中、総勢8名で350セットのチラシを用意して開催。

いつもの【歩くメディア】のとんがり帽子に、看板を背負って、足早に通り過ぎる人々に声をかける。

20150119_142416

テレビ・新聞・NHKに騙されないでください。
いい加減気付いてください。
小沢一郎です。
山本太郎です。

テレビ・新聞・NHKに騙されないでください。
このままだと徴兵制になりますよ。
戦争に突入しますよ。
気付いてください。
小沢一郎は国民の味方です。


まぁ、いつもの呪文です。
もうね、
*ここクリック→ 先週の体験があるから、気負わず、どんな方がいらしても、驚かず、兎に角、チラシを受け取っていただけるよう、声をかけつづける。

徴兵制なんかなるわけないっと、つぶやきながら、高校生らしき学生服の男子生徒が通り過ぎる。
そう思っていられるのも、今のうちだよっと、心の中でつぶやいてみる【歩くメディア】…。

ふぅ〜〜〜っとため息が出るけど、仕方がない。

この日は、先週に比べて風がない分、活動はし易かったのだけど、相変わらず、他人事の国民の皆さまが多い。

20141229_112028_2

後半に、またマイクを手にし、小沢さんが何故、権力に排除されたのか、お話しさせていただいた。何度やっても、上達しないので、本当に申し訳ないのだけど、安倍政権に対する正直な気持ちを忌憚なくお話しさせていただいた。
もんじゅの一日に係る経費の単位を間違えてしまったけれど、どうぞ、お許しください。
"毎日何千億円"ではなくて、"毎日何千万万"ですね。
一説には、一日約5500万円維持費がかかるとのこと。

ここに訂正いたしますね。

結局、この日も、用意したチラシは全て受け取っていただくことができました!

手遅れになるかもしれない、その瀬戸際にある日本国民。

来週も、一人でも多くの皆さまに気付いていただくために、活動をつづけます!

                m(_ _)m
(ふぅ〜〜〜〜。)

小さい猫heart

20150125_203829

2015年1月23日 (金)

【歩くメディア】お知らせ:24日(土)新宿西口"小沢&太郎応援!"街宣活動開催します! … "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!5

20150123_235540

今日は23日(金)。sun

昨日からの雨は止み、雲の残る朝、西の空から晴れてきている。

私用で静岡県に出かけた。あちらは、風もなく小春日和のよいお天気でした。

さて、お知らせです!

明日24日(土)は、恒例になりました"国民の生活が第一の政治を実現する会"主催、"小沢&太郎応援!街宣活動!を開催いたします!

20150123_231507

20150115_133314

今年2回目となる明日!

"一郎・太郎となかまたちの国民!"である大人たちが、"子供たちの命を守る!"、この一点に集結して、何としても、戦争に邁進する安倍自公政権の暴走を止めなければなりません。

20150115_133350

もう、民主党や共産党に騙されるのもやめてください!

福島の子供たちの命を守ろうとしているのは、その政策を見れば、移住をさせてまでも命を救おうとしている、小沢さん率いる生活の党と太郎さんだけなのです。

20141215_230206

小沢さんの"自立と共生"の社会は、自民党政権が米国の傀儡となって作り上げてきたピラミッド型の上から目線の、官僚支配の社会ではなく、様々な色や形の地域社会が横に繋がり、互いに助け合い共に生きる社会なのです。


20150115_134905

言い換えれば、民主主義を憎む1%の支配者のための、全体主義・集団主義コッカから、憲法にうたわれた99%の国民のための、真に独立した、本当の民主主義国家へ、国民の手で成し遂げようとず〜っと訴え続けているのが、小沢さんなのです。

いい加減、気付いてください。

チェルノブイリの今が、23年後の日本なのですよ!
結果が出てからでは手遅れなのです!

*ここクリック→ 3種類のチラシを一新して、明日も国民の皆さんに訴えます。
飛び入り参加、大歓迎!
多くの心ある皆さまのご参加をお待ちしております!

             m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。もう寝ます!おやすみなさいconfident

ナメナメheart

20150123_235633

2015年1月21日 (水)

【歩くメディア】地球を支配する"悪魔"たちを知ろう!? … 狂っているのはプランテーション日本国ばかりではない、もっとトンデモな世界を知ろう!11

20150121_235624

今日は21日(木)。朝からrain       *一昨日の夕→

心の中を表しているような、灰色の一日だった。

 こんな日は、妄想が妄想を呼び、ますます気が滅入る… think

 表の世界は、どこを見渡しても、"悪魔"たちのシナリオ通り、"新世界秩序の樹立"に向け、世界民を更に見えない鎖で縛るために、"テロとの戦争“ = "WWⅢ" へと突き進んでいる。

 日本人の大方は、安倍が原因で、日本国が欧米とイスラム国との戦争に巻き込まれると認知していると思うが、再三、この発狂ブログで叫んできたように、安倍は単なる世界を牛耳る”悪魔"たちの手先だ。

 悪魔たちの狙いは、この植民地日本国を切り刻み、骨の髄までしゃぶり尽くすこと。

 ようは、この島の住民の命とマネーをそっくり奪い突くし、最終的に世界の核のゴミ捨て場にする計画だ!

その前に、戦争で一儲けするには、このプランテーション日本国の蓄財をまずかすめ取らなくちゃならない。だから、戦前回帰を目論む、迷彩脳の安倍晋三は"悪魔"たちにしてみれば、こんな好条件の男は他にいない、うってつけだ。

 このテロとの戦争に日本を引きづり込ませるために"悪魔"たちがやったこと。

 まず昨年4月1日に"武器輸出禁止三原則"を放棄させ、続いて、5月12日には、ガザ地区の住民を大量殺戮して平然としているイスラエルと事実上、軍事協定を結ばせ、7月1日には、平和憲法を自ら放棄する、"どこへでも派兵"の集団的自衛権解釈行使容認を決めさせ、手筈を整え、準備万端!

20150121_142420_2

そして、年明け7日、フランスの週刊新聞"シャルリー・エブド"が襲撃され、それを受けてEU諸国の頭目がイスラエルのネタニヤフと一緒に記念写真に納まり、イスラム国への宣戦布告を世界民に示し、これが、事実上の"テロとの戦い"の合図となった。

20150121_142433_2

そして、安倍は言われるままに、のこのこ中東へ出かけて行って、血税をバラマキ、テロに屈しないと叫んでみせ、"悪魔"たちの企図したとおり、めでたく、プランテーション日本国は、テロの標的、戦争の対象国になったとさ…。おしまい

 

ふぅ〜〜〜。

ため息がとまりませんな…。(- -)

 

プランテーションの頭目はバカに決まっています!
島民のために尽くそうとする政治家は、悪魔たちの手先、米帝傀儡官僚たちに叩きのめされるのだからね。
でも、役目が終われば、2015年は、晋三の顔がありませんから、
はいっ、この通り、お払い箱になるのでしょう。

20150122_91803

さて、今や、地球全土がトンデモなカオスになっているのですが、このカオスを生み出す諸悪の根源"悪魔"について、もっと知ろうではありませんかっということで、動画をご紹介したします。

以前もこの泡沫発狂ブログにて、何度か取り上げました、アルシオン・プレアデスのビデオニュースです。
まぁ、トンデモっと切る捨てることは簡単ですが、なかなか、どうして、結構、様々な視座を与えてくれる動画ですから、是非、ご覧いただければと思います。


【歩くメディア】的にオススメは、次の話題!

20150121_155025

0:07:20 ~ 日本ではあまり話題にならないのだけど、シェール・ガスの掘削による健康被害について。

フラッキングとは、天然ガスの掘削法の一つ、水圧破砕法のことなのだが、このフラッキング作業には日常的にメタノール、ベンゼン、ナフタレン、トリメチルベンゼンを含む「多数の有毒な化学物質」が使用されていて、それらの物質が、地下水や水道水に混じって、住民の健康を損なっている。

20150121_155502

でも、東電と一緒で、企業は、安全と言って、住民の口を塞ごうとする。エネルギーで儲けようとする"悪魔"たちは同じ穴の狢。人の命など何とも思ってやしないってことが分かる。



20150121_230324

0:12:20 ~ 気候工学について。
*ようは、ケムトレイルを含めて、自然に見せかけた気象操作を"悪魔"たちがやっているってこと。日本国の制空権は大部分米国が持っているから、やりたい放題やられていると私は確信してますが…、いい加減、このことにも気付いていただきたい。

 

20150121_160812

 0:23:00 ~ 『1984』の著者ジョージ・オーウェルが言った通り、オバマが「〜私たちは戦争に対して戦争を宣言するべきです。その結果が、平和に基づく平和となるように。」と国連でスピーチをしている。

*ようは、オーウェルの言葉

20150121_234712

植民地の電波からは流れないね!

 

20150121_235059

0:24:00 ~ FBIの元通訳である情報提供者のインタヴューより。

イスラム国ISILとは、何なのか? これ、とっても分かり易く、納得出来る!!!
 つまりは、"悪魔"たちがテロとの戦いを演出する上で欠かせない悪役として、アルカイダからISILへとブランド名を変えたということ!

 

20150121_163246_2

0:37:00 ~ エボラの真相について。

*ダイヤや金の鉱物が埋蔵するアフリカを牛耳るために、"悪魔"たちが"恐怖"をばらまいている。ロックフェラーが生物兵器であるエボラ・ウイルスの製造に関与していたとも言われていますよね…。

 

20150121_194142

0:48:00 ~ カナダ・オタワで起きた"テロリスト"による発砲事件について。

*これは、世界を警察国家にするために、起こされているテロ事件。日本でも早々、起こされそうですよね…(> <)

20150121_205545

0:58:00 ~ 【歩くメディア】的には一押し!は、これ!量子物理学における"ジャンクDNA"の利点

*非常に、面白いし、夢のある話。ようは、DNAは5%しか解明されていない。実は95%は未解明だけれど、この95%がアクセス可能になれば人類が新たなステージへと進化する!?宇宙の法則、自然の摂理には無駄なものはないのだ。
この灰色に覆われた世界で、ワクワクしてくる話題、希望の光がさしてくるっ!そんな感じがしました。

っということで、多岐に渡り、1時間を優に超える見応えのある動画です。
宇宙人のことは、まぁ、100mぐらい、向こうにおいておいて、社会勉強と心してご覧いただければお楽しみいただけると思います。

ふぅ〜〜〜。今日はこの辺で…。

                 m(_ _)m

(はぁ〜〜〜。一度消えて、苦労したcatface

ラブラブheart 

20150121_192344

2015年1月19日 (月)

【歩くメディア】"一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!

新しいチラシができました! .jpgを貼っておきますので、ご自由にご活用ください。 (^ ^)/

勝手連"国民の生活が第一の政治を実現する会"主催、新宿西口にて、土曜日に開催している小沢さん応援の街宣活動に配っているチラシです。

*このブログの趣旨は、こちらです!お読みいただけると嬉しいです。
 →【歩くメディア】国民による政治運動へ!"主権者は一郎・太郎となかまたちの国民!

① 一郎・太郎応援チラシ 外

*小沢さんと太郎さんのお顔を前面に押し出しました!安倍自公政権の暴走する政治とオザワイズムの政治の違いを分かり易く対比! 

「2105_ichiro_taro__soto01.jpg」をダウンロード

20150115_133314_2

  一郎・太郎応援チラシ 内

「2015_ichiro_taro__uchi01.jpg」をダウンロード

20150115_133350
② "自立と共生"の国のかたち 外

*米国の傀儡として官僚機構が機能している中央集権から、住民に見えるお金の使い途が可能な国民が主役の地方分権へ変革することで成し遂げる"自立と共生"の循環型日本再生モデルを図で示しました!

「2015_kunino_katachi_soto.jpg」をダウンロード

20150115_134905
  "自立と共生"の国のかたち 内

「2015_kunino_katachi_uchi.jpg」をダウンロード

20141215_230206
③ 新チャイクロ・チラシ 表
*どうして、権力総出の"小沢パージ"が行われたのか!?現実に日本国の行く末を決めている日米合同委員会に言及しながら、小沢さんちのワンコ、チャイとクロを漫画で登場させて解説しています! 

「sin_cyaikuro_omote.jpg」をダウンロード

20150115_132752

  新チャイクロ 裏

「sin_cyaikuro_ura.jpg」をダウンロード

20150115_132810

【歩くメディア】ご報告:17日の"小沢&太郎応援!"街宣活動を終えて。 … "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!4

20150119_141509

今日は19日(月)。sun

よいお天気。
葉のない楓が青い天空に向かって凛として手を広げている。

お天道様は、どんなに下界の人間社会が過酷な状況に突き進もうと、宇宙の法則、自然の摂理に従って、淡々と公平に地上のあらゆるものを光り輝かせてくれる。

地表にへばりついて、コッカという檻に縛り付けられ、暴君に苦しめられるニンゲンたち。

ヒトの社会が出来て随分と時間が経過した。まぁ、46億年の地球生命史からしたらほんのわずかな時間なのだろうけど、時代が下っても、ヒトがヒトを縛るという支配構造は変わることはない。つまりは、知能を唯一持っているとされるホモサピエンスのヒトは、その知能故に、自ら創り出した"物語"から逃れることが出来ないでいる。自分たちで自分たちを縛る物語に甘んじて、物語に叶った物差しであちこちを計り、物語の価値観を植え付け、それを尊び、なんら進歩はなく、人殺し=共食いをやめられない。

ここ、プランテーション日本国においては、もはや、その"物語"が何であるのかさえも定かではなくなっていて、まさに、コッカの檻の中で、"子殺し"や"間引き"、そして、"共食い"が常時行われている放射能に汚染された島となった。

ふぅ〜〜〜。もう、この辺で妄想はやめにします…。

はいっ!元気にご報告です!

 

恒例になりました"国民の生活が第一の政治を実現する会"主催、

土曜日の新宿西口"生活の党・小沢一郎応援"街宣活動ですが、今年最初となりました17日からは、新たに山本太郎さんが生活の党に加わったことを受けて、3種のチラシを一新し、300セットを用意して8人でスタート!

この模様は、中ちゃんさんの中ちゃんレポートにて、動画配信しておりますので、そちらをご覧いただければと思います。
m(_ _)m

こちらには、youtubeの動画を貼っておきますね!



北風が吹き付ける土曜日の午後。
チラシを持つ手がかじかんで、指先の感覚がなくなってくるほどに冷たい中、いつもの【歩くメディア】のとんがり帽子に看板を背負って、ポケットに手を突っ込んで足早に通り過ぎる人々に声をかける。
山本太郎さんが加わったけれど、この活動は、小沢さんの日本再生への道を皆さんに知らせることであるから、兎に角、"小沢悪"に染まった国民の皆さんの洗脳された脳内をもう一度キレイな情報で洗うしかないのである。

20150119_142416

そう思いながら、いつもの呪文。

テレビ・新聞・NHKに騙されないでください。
このままでは、徴兵制になりますよ。
いい加減、気付いてください。
テレビ・新聞・NHKに騙されないでください。
小沢一郎は国民の味方です。
山本太郎をよろしくお願いします。


選挙は終わり、自民党が圧勝したのであるから、しばらく、国政選挙はない。
でも、だからといって、政治は生活に直結することであるから、日々の暮らしは益々厳しくなっている。

チラシを配り始めて暫くは、なかなか手に取っていただけず、今日はダメかしら?っと思ったけれど、私の前を通り過ぎた方が戻ってきて、チラシを下さいとおっしゃる。小学校高学年らしき女の子二人も、一旦通り過ぎて、戻ってきて手を差し出す。
ありがとう!読んでね〜。っとお渡しした。

既にチラシを手にしたご婦人が、私に
あなたは、看板に書いてあるから、何を訴えているのかわかるんだけど、黄色いジャンバーの方は、一見何をしているのか、分かりにくいから…、ちょっともったいない。あっ、友達の分も、いただくわ!

意識のある国民の皆さまも、本当は沢山いらっしゃるんだ。っと思える嬉しい一瞬だ。

そんな中で、学生服の中学生(?)の男子が近づいてきて、冷笑をたたえた目で
「小沢はダメだ」って先生が言ってます。っと話す。
【歩くメディア】としては、教育者がそんな指導をしているとは、到底無視出来ることではないから、しっかり反論する。

間違った認識でいるよ。字が読めるのなら、これを読みなさい。っと渡す。
その男子は、
信者なの?っとネトウヨが小沢支持者に向けて蔑む言葉を使うので、あなたたちの将来に関わることだから、まず読みなさい。と念をおして、隣にいるおとなしい男子にもチラシを渡した。

私の頭の中は、この一件で動転している。

教育現場の教師たちというのも、結局、テレビ・新聞・NHKが垂れ流す情報を鵜呑みにして、あるいは、自民党出身の政治家はすべからく悪いと言う共産主義のイデオロギーに支配された思考の教師なのか?、職場の教室でそのような話を生徒に向かって普通にしているのではないか…。

洗脳されるために行く学校で、教師から教えられることを何の疑問も持たず素直に聞く生徒たち。

暫くして、その男子生徒は一人で戻ってきて、渡したチラシを読みもせず、くしゃくしゃにして、私に突き返した。
気持ちわりーっと…。

こりゃ、全然ダメだわ… think

子供たちの命を守ろうとしている政治家なのに…

一挙にテンションが下がり、空しさが募る…

ふぅ〜〜〜。

久しぶりに哀しい思いをした街宣活動でしたが、後半に、大学生が黄色いジャンバーを着て参加してくださり、総勢9名で300セット用意したチラシも、全て2時間で配り終えるという、新年始めての活動にしては、まずまずのスタートになりました。

マイクを持って、お話しするのは何度やらせていただいても上達しないので、本当に申し訳ないのだが、この日も、拙い話で恐縮だけれど、お話しさせていただいた。

何を話せばいいのか、分からない位に、何もかもが、ハチャメチャな日本の状況であるが、ひとつ、はっきりと言えることは、ほんの一握りの金持ちのために、この植民地の政は動いていて、そこに国民は不在だということ。

小沢さんが「放っておいても強いものは生きて行ける。政治は本来弱いもののためにある。」と言っているように、もはや、この国には、政は存在しない。

今、安倍がやっていることは、物理的にも経済的にも、未来の国民、つまりは、子供たちの命と財産を他国にバラマキ、それが新たな人殺し=戦争=口減らしに使われようとも、国籍のないグローバリストが喜ぶ限りを尽くしている。

だから、政治に無関心などと言っていられない。そんな状況なのだから、一人でも多くの国民の皆さんに目を覚ましていただくしかないのである。

空中分解寸前の日本国…。

このままでいいんですか?

民主党の代表が決まっても、何らプランテーション日本国の政治状況は変わらない。

20141229_112028

"こどもの命を守る!" この一点で、"一郎・太郎となかまたちの国民!"が集結して、何としても、あの道だけは、戻ることがないようにしなければいけない。

 

がんばりましょう。
              m(_ _)m

おまけ:今からでも遅くない!共産主義の皆さまへ、こちらの動画をご覧いただいて、右・左のイデオロギーとは何なのか?お考えいただければと思います。


(ふぅ〜〜〜。)

共生!

20150119_141614

2015年1月15日 (木)

【歩くメディア】お知らせ:17日(土)新宿西口"小沢&太郎応援!"街宣活動、再開します! … "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!3

20150115_140603

15日(木)。朝からrain

小雨が静かに降っている。
今日は猫たちもお日様がでないので、小さい猫はミニ・ホットカーペットの上に設えた猫穴に丸くなり、大きい猫はこのノートパソコンの画面の後ろにぴったりと体をくっつけて、キーボードの音に耳を澄ましながら寝ている。

さて、表の世界は、あっちもこっちもぐるぐると"悪魔"たちが好き放題に回し始めていて、いよいよ第3次大戦前夜っといった感じ。

コッカとコッカとの戦争は、如何せん、そのカラクリが世界民にバレだしたからと、9.11を境に、今度は"テロとの戦い"っという顔の見えない幻想を敵に見立てて、あっちやこっちで"人殺し=人口削減"をして、世界民から召し上げた血税を"悪魔"が吸い上げるという、ビジネスモデルを地球全体でやりだしてかなりの月日が経つ。

この地球は誰のために有るのか?

突き詰めてみれば、結局、戦争マフィアであり、エネルギー(原発)・マフィアであり、医療マフィアであり、金融マフィアであるところの1%の"悪魔"たちのために世界民が存在するという、構図が、否が応でも見えてくるのであるが…(> <)、
このままだと、いつもの妄想爆裂へと進んで行きそうなので、この辺にして…。

はいっ!お知らせです!m(_ _)m

 

"国民の生活が第一の政治を実現する会"主催、
17日(土)、"小沢一郎・生活の党応援"新宿西口街宣活動を再スタート!

20150115_114501

今回からは、新たに山本太郎さんの若い力が加わったことで、若い世代の国民の皆さまにより強くアピールできるのではと考えます。

 

20141229_112028

フクイチの現状、

"食べて応援"の真実、

安倍自公政権が突き進む"この道しかない"とは一体どんな道なのか!、

未来を存続出来るかどうかの、瀬戸際に日本がきていること、

"こどもたちの命を守る!"、この一点にこの国の大人たちが集結して、何としても、政治を変えなければならないこと、

 

そのために、右でもない、左でもない、"国民の命が第一"の政治を実現しようとしている"生活の党と山本太郎となかまたち"が国民の味方であると、その存在を知らしめて行こうと思います。

 

新しいチラシができました! .jpgを貼っておきますので、ご自由にご活用ください。

① 一郎・太郎応援チラシ 外

*小沢さんと太郎さんのお顔を前面に押し出しました! 

「2105_ichiro_taro__soto01.jpg」をダウンロード

20150115_133314_2

  一郎・太郎応援チラシ 内

「20150115_13.33.50.png」をダウンロード

20150115_133350
② "自立と共生"の国のかたち 外

*内側に米国の傀儡として官僚機構が機能していることを図で示しました!

「2015_kunino_katachi_soto.jpg」をダウンロード

20150115_134905
  "自立と共生"の国のかたち 内

「2015_kunino_katachi_uchi.jpg」をダウンロード

20141215_230206
③ 新チャイクロ・チラシ 表
*現実に日本国の行く末を決めている日米合同委員会に言及しました! 

「sin_cyaikuro_omote.jpg」をダウンロード

20150115_132752

  新チャイクロ 裏

「sin_cyaikuro_ura.jpg」をダウンロード

20150115_132810

新年最初の、街宣活動です。

是非、多くの皆さまのご参加を心より、お待ち申しております。

               m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜〜。)

猫穴の小さい猫heart

20150115_142933

2015年1月11日 (日)

【歩くメディア】テレビを見る暇があるなら、これを見よう!【必見動画!必聴音声!】 … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!107

20150111_153544

11日(日)。sun

 

今日はある種のニンゲン(?)たちが好む1が三つも並ぶ日!だけど…、

朝からお日様が輝くよいお天気。
窓際を陣取り、猫たちが日向ぼっこしながら寝息を立てている。

 

猫の寝顔を横から眺めていると、この国が亡国へと突き進むコッカにいながら、幸せな気持ちになるから不思議だ。

 

やっぱりね、ヒト以外の"人生"、すなわち"猫"生ならぬ"生き物"生は、マネーという言葉の存在はないから、命延命の本能のままに生きているのである。

 

ニンゲンは、マネーの奴隷になったけれど、ニンゲン以外の生き物たちは、宇宙の法則、自然の摂理に従って生きているだけに過ぎない。

 

ニンゲンも"悪魔"たちが編み出したマネーの呪縛を解いて、他の生き物たちを見習わなければ、先は長くないだろうね。

 

さて、妄想しだすととりとめもないから、リアルな現実をまず、直視していただきたいと思い、今回は、いくつか動画・音声をご紹介いたします。
m(_ _)m

犬HKを眺める暇があるなら、是非、こちらをご覧いただきたいと思います。

 

まず、昨年末に【歩くメディア】として勝手に、"一郎・太郎となかまたちの国民!"が、・こどもの命を護る この一点に集結して、米国の傀儡政党を倒して、政治を変えて行くしかない!っと提言させていただいたが、

 

3.11の原発事故後、ず〜っと東電会見に出続けている、お笑いタレントのおしどりケンさん&マコさん、ジャーナリストの木野龍逸さん、そして、京大の原子炉実験所助教 小出裕章先生が出演して、東電&政府のフクイチ対応の姿勢、フクイチの今を誠に濃ゆいお話をされている。

子を持つ日本の大人は、隅から隅まで必聴だ!是非、何度もお聞きいただきたい。
おしどりマコさんの驚くべき話は、18:00位〜の・水ジルコニウム反応!!!

露出した燃料棒に水を掛け、メルトダウンを防ごうとするシビア・アクシデント対応が、つまり、逆に膨大な放射能を放出することになり、この対応がそもそもシビア・アクシデントになってしまうと言う、トンデモない現実であったってこと。


ふぅ〜〜〜。

そして、もう一つ。
昨年暮の衆院選を前に、ジャーナリストの神保哲生さんと元日立の原発設計に携わっていた科学ジャーナリストの田中三彦さんを迎えての、フクイチ汚染水や事故処理のリアルな、こちらも濃ゆいお話。

・一日に約300トンの水が海に流れている

・水を循環させて、冷やし続けなければ行けないのだが、1入れた水が2になって帰ってくる。つまり、地下水が加わって水が増える。

っと言うような、はっきり言ってジャジャ漏れ!のお手上げに近い、トンデモない状態になっているのがわかる。
是非、こちらも必見!ご覧いただきたいと思います。

だから、原発は未来をめちゃくちゃにする、それ自体が"国民ジェノサイド"を引き起こす装置だったことが、今や、はっきりと現実味を持って理解出来てくる。

70年前の敗戦直前、広島・長崎で種類の違う原爆の、一瞬のうちに何万人もの命を抹殺する"人体実験"に否応なく参加させられ、9年後には、太平洋のビキニ環礁でマグロ船"第五福竜丸"が原爆実験"ブラボー"に巻き込まれ、無線長の久保山愛吉さんが酷い原爆症で亡くなり、大変な"反核"一色に盛り上がった日本人の意志が、コロッと180度反転させられ、3.11でフクイチ4基が爆ぜて、気付けばもうじゅを入れて55基もの、原発を埋め込まれていた事実。


何故か?っといえば、日本は未だに独立国ではなく、このブログが2年前より、発狂しながらも、プランテーション日本国の発狂ぶりを直視せよ!っと叫んでいた通り、米国の植民地だからである。
陰謀でも何でもなく、本当のこと。

9日(金)のじゃーナリスの上杉さんが発信する、ネット番組"オプエド"に、昨年10月に"日本はなぜ、「原発」と「基地」を止められないのか"を出版した著書 矢部宏治さんが出演されて、「日米合同委員会」のこと、憲法のことを話されている。
この動画は、次回月曜の番組が始まる午後4時まで、無料で閲覧出来るので、是非、ご覧いただきたいと思います。


Broadcast live streaming video on Ustream

この中で、00:21:00頃〜より、民主党代表選に触れて、矢部さんが「未だに野田元総理が2012年の衆院選惨敗の責任を問われずに国会議員を続けている。このこと自体、この政党に期待をすることは出来ず、民主主義を破壊した。」っと話されているが、全くその通り。

00:29:00頃〜より、矢部さんの著書"日本はなぜ、「原発」と「基地」を止められないのか"の内容について、お話しされているが、
新原昭治さんが発掘し、暴いた数多くある日米の密約をもとに、書いた本である。

20150111_142715

・70年前、敗戦してからずっと米国の占領下にあり続けていて、その証拠が、①土地、②空域、③帯域(電波)は、米国が持っている。

20150111_142822

・旧日米安保条約第一条を維持し、細目は、日米合同委員会で決めている。

20150111_143057

・アイゼンハワー大統領時代、1957年に取り決めた条約がそのまま維持されている。

20150111_143642

超法規的な日米合同委員会の日本側最高位は、法務省大臣官房長であり、この職に有ったニンゲンがその後だいたい検事総長になっている。砂川事件より、日本の最高裁が機能しなくなった。結果、官僚たちは、日米合同委員会に名を連ねる上司に逆らうことが出来ない構造になっている。

20150111_143555

20150111_143746

・基地は、東京にも沢山有り、六本木には、米軍のヘリポートがあり、日本の先端上を集めるためにCIA機関と一緒になった、フルスペックの米軍基地が存在する。

ふぅ〜〜〜〜っと、ため息がついつい漏れてしまうが…、これが、日本国のリアルなのである。

20141231_165316

ようは、日本国民に知らされることなく、国民には見えないところで、
米国と日本の官僚が密約に基づいて運営されている社会!=米国の植民地!ってこと。

それが、3.11を経て、何度も訳の分からない選挙をやらされて、見えてきた本当の日本の姿。

矢部さんは、00:55:00〜より、
・憲法が機能していないことには、いろいろと歴史的経緯がある。現行憲法について右派は、自民党安倍派のように、人権を与え過ぎといい、その人権を減らせという。一方、左派は、GHQが作った歴史には目を瞑って、いい憲法だから指一本触れず、堅持することをいう。
そんなことではなく、数カ所変えれば、機能する憲法になるのだから、
そろそろ、現実を直視して、ちゃんと憲法論議をしましょう。っとの思いで、この本を書いた。
と、おっしゃている。

小沢さんのことに、上杉さんも矢部さんも触れなかったけれど、ず〜っと、しっかりとした憲法論議をして、前文の4大原則を堅持して、変えるところは変え、リアルに国民の手にある憲法にしようとず〜っと言い続けているのは、小沢さん。

「右でもない、左でもない、国民のための憲法にしようとしているのが他でもない、小沢さん。日本のどこにいても当たり前に暮らしを営むことが出来る、国民ための政治を、民主主義の手段で実現しようとしている政治家こそ、小沢さんなんだ。」っと、この動画の矢部さんに向かって、思わず突っ込んでいた。

20141231_184004

この、地方分権、会計一本化を目指す、小沢さんの日本国改造計画!
これを嫌ったのは、"日米合同委員会"の米軍と日本国の官僚トップたちってこと。是が非でも、小沢排除は必至だった。


っと言うことで、是非、日曜日の今晩は、お夕食のあとは、テレビはやめて、これらの↑動画をご覧いただいて、プランテーション日本国のリアルを実感していただき、強い意志を持って、子供たちの命を守ることが出来る社会へ変えるために、お互いに知恵を絞って参りましょう。

                m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。)

ええ気持ちやの〜 

20150111_153527


2015年1月 6日 (火)

【歩くメディア】明けてもおめでたくもない2015年の年初め。… "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!2

20150106_223200

今日は6日(火)。rain

大しておめでたくもない2015年が明けて、6日目。

ず〜っと、よいお天気が続いたけれど、今日は午後から荒れ模様。
春の嵐のような、生暖かい強く吹き付ける風とともに、大粒の雨が降っている…。

 

年末年始と実家に帰省して、ゆっくりとお正月を過ごした。
昨年、祖母が亡くなり、毎年新年早々、顔を揃えて、お寿司をいただいていたけど、今年から祖母の姿はなく、何となく寂しいお正月だった。

姪っ子たちと紙のドレスを作って、流行の雪の女王ゴッコをして遊んだ。
柔軟な発想で次々と新しい遊びを考えだすこどもたちに触れ、私の発狂寸前の脳内は久しぶりにリフレッシュしたよう。
 

無邪気に笑い、踊り、時には大人顔負けの正論を口にする、こどもたち

20150106_190435

このこどもたちの未来のためにも、この国の大人たちは、今こそ、政治を直視し、一致団結して立ち上がらないといけない、そんな気持ちを新たにした。

ふぅ〜〜〜〜〜。

 

まぁ、年が明けようが明けまいが、このプランテーション日本国の物理的環境は、なんら改善されることはない。

フクイチの壊れた原発からは放射能各種が垂れ流され、大気に、海に、地下水にと拡散し続けており、誰もこの被曝から免れることは叶わず、国民ジェノサイド政策がけたたましく続いている。

チェルノブイリ原発事故により、ソ連は崩壊したと言われているが、そのチェルノブイリのその後を目の当たりにすれば、およそ、どんなに想像力が乏しいニンゲンにもどんな未来が待ち受けるのか、分かるというものだが、
小沢さんや太郎さんが、将来の日本国を危惧して、「このままなら奇形児が生まれてくる恐れがあるから、何としてもフクイチの放射能封じ込めを最優先にし、そして、高濃度の除染しても住めない地域住民の移住を国が率先してやるべき。」と至極まともなことを言えば、電波利権に与る御用学者や、あろうことか、小沢支持を自称していた学者まで一緒になって「その発言は、一体どのデータを見て言っているのか?デマゴギーではないか!」と捲し立てる有様。

本当にこの国の大人たちは、何を見ているのだろうっと、ため息が止まらない。

私の実家は、浜岡原発15キロ圏内の、爆ぜたら終わりの地点に位置しているのだが、親族に原発に絡む話を聞いて、いよいよ、脱原発はとてつもなく難しいことを悟った。

どんな話かと言えば、ようは、インサイダーで、そもそもヤクザが二束三文で買っておいた土地がその後、原発立地となって膨大なマネーに化ける!っということは、常識らしい。

浜岡は、シャブコンと言って密度の薄いコンクリートで出来ていて、使用した砂は海の砂だから塩分が混じっているそうだ。

その上、地下の状態は4つも5つも断層が交差しているのであるから、そもそも、こんなところに立ててしまった時点で完全にアウト!

 

何度となく、地震や事故で起きた放射能漏れは、常習的に隠蔽され、そして、一番危ないと言われていた浜岡は、3.11でフクイチ4基の爆発により、とりあえず、再稼働は免れている状態だ。

 

それで、住民の意思を結集して、何としても、このまま再稼働されることなく浜岡廃炉を確定しなければ、子供たちの命は守れない。

 

でも、安倍を担ぐ、靖国カルトの力は、凄まじく、巣鴨プリズンからお咎めなしで釈放され、米帝の工作員となった戦犯が作った財団を遣い、地域住民の懐柔に乗り出していて、そのやり方がECO指向のサーファーや健康志向のスポーツ愛好家を騙し、気付けば原発再稼働に反対出来ない住民を増やしているとのこと。

 

いかにも、子供たちや地域の住民のために、ソフトとマネーの両方に貢献しているように見せかけた"善意"の武器にじわじわと毒されていく。
まるで、目に見えないミクロの核爆弾に浸食されて行くが如く、生活が原発利権に侵されてしまうという、何ともしがないこの現実を直視するだに、本当にこのまま"国民の生活が第一"の政治など実現しないのではないかっと心が寒々としてくるのである。

 

300万人の国民が死に、白いニンゲンたちに負けた日本は、米国に占領されたまま、傀儡の高級官僚が支配する植民地となって70年を迎える。

20141231_165316_2

どんな国になったのかと言えば、米国の都合で、エネルギーでも何でもない、お湯を沸かして電気を起こす装置であり、実のところは、戦争の兵器=核爆弾を作るもとになる猛毒の精製工場として、この狭く脆弱な地盤の島にもんじゅを入れて55基もの原発を埋め込まされ、気付けば、この地雷が4基爆ぜて、今なお、測定することもままならない大量の放射性物質が垂れ流されており、
 

20150106_190800_2

この核の地雷を埋め込んできた米国の傀儡政党を、今なお国民が選んだことになっていて、"この道しかない"と嘘と虚飾で塗り固めたハリボテのプランテーション日本国を続けているのである。

ふぅ〜〜〜。

この道は"安倍の爺さんが国民を玉砕に導いた"あの道だ。

あの道を再び進むことにならないために、"一郎・太郎となかまたちの国民!"が
・子供たちの命を守る! この一点に集結して、何としても別の道を進まねばならない。

20141229_112028

心して生きて参りましょう!

                 m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。今年もよろしくお願いします!)

猫になりたい!

20150106_230424

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

広告

  • google
  • amazon