2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 【歩くメディア】明けてもおめでたくもない2015年の年初め。… "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!2 | トップページ | 【歩くメディア】お知らせ:17日(土)新宿西口"小沢&太郎応援!"街宣活動、再開します! … "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!3 »

2015年1月11日 (日)

【歩くメディア】テレビを見る暇があるなら、これを見よう!【必見動画!必聴音声!】 … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!107

20150111_153544

11日(日)。sun

 

今日はある種のニンゲン(?)たちが好む1が三つも並ぶ日!だけど…、

朝からお日様が輝くよいお天気。
窓際を陣取り、猫たちが日向ぼっこしながら寝息を立てている。

 

猫の寝顔を横から眺めていると、この国が亡国へと突き進むコッカにいながら、幸せな気持ちになるから不思議だ。

 

やっぱりね、ヒト以外の"人生"、すなわち"猫"生ならぬ"生き物"生は、マネーという言葉の存在はないから、命延命の本能のままに生きているのである。

 

ニンゲンは、マネーの奴隷になったけれど、ニンゲン以外の生き物たちは、宇宙の法則、自然の摂理に従って生きているだけに過ぎない。

 

ニンゲンも"悪魔"たちが編み出したマネーの呪縛を解いて、他の生き物たちを見習わなければ、先は長くないだろうね。

 

さて、妄想しだすととりとめもないから、リアルな現実をまず、直視していただきたいと思い、今回は、いくつか動画・音声をご紹介いたします。
m(_ _)m

犬HKを眺める暇があるなら、是非、こちらをご覧いただきたいと思います。

 

まず、昨年末に【歩くメディア】として勝手に、"一郎・太郎となかまたちの国民!"が、・こどもの命を護る この一点に集結して、米国の傀儡政党を倒して、政治を変えて行くしかない!っと提言させていただいたが、

 

3.11の原発事故後、ず〜っと東電会見に出続けている、お笑いタレントのおしどりケンさん&マコさん、ジャーナリストの木野龍逸さん、そして、京大の原子炉実験所助教 小出裕章先生が出演して、東電&政府のフクイチ対応の姿勢、フクイチの今を誠に濃ゆいお話をされている。

子を持つ日本の大人は、隅から隅まで必聴だ!是非、何度もお聞きいただきたい。
おしどりマコさんの驚くべき話は、18:00位〜の・水ジルコニウム反応!!!

露出した燃料棒に水を掛け、メルトダウンを防ごうとするシビア・アクシデント対応が、つまり、逆に膨大な放射能を放出することになり、この対応がそもそもシビア・アクシデントになってしまうと言う、トンデモない現実であったってこと。


ふぅ〜〜〜。

そして、もう一つ。
昨年暮の衆院選を前に、ジャーナリストの神保哲生さんと元日立の原発設計に携わっていた科学ジャーナリストの田中三彦さんを迎えての、フクイチ汚染水や事故処理のリアルな、こちらも濃ゆいお話。

・一日に約300トンの水が海に流れている

・水を循環させて、冷やし続けなければ行けないのだが、1入れた水が2になって帰ってくる。つまり、地下水が加わって水が増える。

っと言うような、はっきり言ってジャジャ漏れ!のお手上げに近い、トンデモない状態になっているのがわかる。
是非、こちらも必見!ご覧いただきたいと思います。

だから、原発は未来をめちゃくちゃにする、それ自体が"国民ジェノサイド"を引き起こす装置だったことが、今や、はっきりと現実味を持って理解出来てくる。

70年前の敗戦直前、広島・長崎で種類の違う原爆の、一瞬のうちに何万人もの命を抹殺する"人体実験"に否応なく参加させられ、9年後には、太平洋のビキニ環礁でマグロ船"第五福竜丸"が原爆実験"ブラボー"に巻き込まれ、無線長の久保山愛吉さんが酷い原爆症で亡くなり、大変な"反核"一色に盛り上がった日本人の意志が、コロッと180度反転させられ、3.11でフクイチ4基が爆ぜて、気付けばもうじゅを入れて55基もの、原発を埋め込まれていた事実。


何故か?っといえば、日本は未だに独立国ではなく、このブログが2年前より、発狂しながらも、プランテーション日本国の発狂ぶりを直視せよ!っと叫んでいた通り、米国の植民地だからである。
陰謀でも何でもなく、本当のこと。

9日(金)のじゃーナリスの上杉さんが発信する、ネット番組"オプエド"に、昨年10月に"日本はなぜ、「原発」と「基地」を止められないのか"を出版した著書 矢部宏治さんが出演されて、「日米合同委員会」のこと、憲法のことを話されている。
この動画は、次回月曜の番組が始まる午後4時まで、無料で閲覧出来るので、是非、ご覧いただきたいと思います。


Broadcast live streaming video on Ustream

この中で、00:21:00頃〜より、民主党代表選に触れて、矢部さんが「未だに野田元総理が2012年の衆院選惨敗の責任を問われずに国会議員を続けている。このこと自体、この政党に期待をすることは出来ず、民主主義を破壊した。」っと話されているが、全くその通り。

00:29:00頃〜より、矢部さんの著書"日本はなぜ、「原発」と「基地」を止められないのか"の内容について、お話しされているが、
新原昭治さんが発掘し、暴いた数多くある日米の密約をもとに、書いた本である。

20150111_142715

・70年前、敗戦してからずっと米国の占領下にあり続けていて、その証拠が、①土地、②空域、③帯域(電波)は、米国が持っている。

20150111_142822

・旧日米安保条約第一条を維持し、細目は、日米合同委員会で決めている。

20150111_143057

・アイゼンハワー大統領時代、1957年に取り決めた条約がそのまま維持されている。

20150111_143642

超法規的な日米合同委員会の日本側最高位は、法務省大臣官房長であり、この職に有ったニンゲンがその後だいたい検事総長になっている。砂川事件より、日本の最高裁が機能しなくなった。結果、官僚たちは、日米合同委員会に名を連ねる上司に逆らうことが出来ない構造になっている。

20150111_143555

20150111_143746

・基地は、東京にも沢山有り、六本木には、米軍のヘリポートがあり、日本の先端上を集めるためにCIA機関と一緒になった、フルスペックの米軍基地が存在する。

ふぅ〜〜〜〜っと、ため息がついつい漏れてしまうが…、これが、日本国のリアルなのである。

20141231_165316

ようは、日本国民に知らされることなく、国民には見えないところで、
米国と日本の官僚が密約に基づいて運営されている社会!=米国の植民地!ってこと。

それが、3.11を経て、何度も訳の分からない選挙をやらされて、見えてきた本当の日本の姿。

矢部さんは、00:55:00〜より、
・憲法が機能していないことには、いろいろと歴史的経緯がある。現行憲法について右派は、自民党安倍派のように、人権を与え過ぎといい、その人権を減らせという。一方、左派は、GHQが作った歴史には目を瞑って、いい憲法だから指一本触れず、堅持することをいう。
そんなことではなく、数カ所変えれば、機能する憲法になるのだから、
そろそろ、現実を直視して、ちゃんと憲法論議をしましょう。っとの思いで、この本を書いた。
と、おっしゃている。

小沢さんのことに、上杉さんも矢部さんも触れなかったけれど、ず〜っと、しっかりとした憲法論議をして、前文の4大原則を堅持して、変えるところは変え、リアルに国民の手にある憲法にしようとず〜っと言い続けているのは、小沢さん。

「右でもない、左でもない、国民のための憲法にしようとしているのが他でもない、小沢さん。日本のどこにいても当たり前に暮らしを営むことが出来る、国民ための政治を、民主主義の手段で実現しようとしている政治家こそ、小沢さんなんだ。」っと、この動画の矢部さんに向かって、思わず突っ込んでいた。

20141231_184004

この、地方分権、会計一本化を目指す、小沢さんの日本国改造計画!
これを嫌ったのは、"日米合同委員会"の米軍と日本国の官僚トップたちってこと。是が非でも、小沢排除は必至だった。


っと言うことで、是非、日曜日の今晩は、お夕食のあとは、テレビはやめて、これらの↑動画をご覧いただいて、プランテーション日本国のリアルを実感していただき、強い意志を持って、子供たちの命を守ることが出来る社会へ変えるために、お互いに知恵を絞って参りましょう。

                m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。)

ええ気持ちやの〜 

20150111_153527


« 【歩くメディア】明けてもおめでたくもない2015年の年初め。… "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!2 | トップページ | 【歩くメディア】お知らせ:17日(土)新宿西口"小沢&太郎応援!"街宣活動、再開します! … "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!3 »

ペット」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/60957564

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩くメディア】テレビを見る暇があるなら、これを見よう!【必見動画!必聴音声!】 … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!107:

« 【歩くメディア】明けてもおめでたくもない2015年の年初め。… "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!2 | トップページ | 【歩くメディア】お知らせ:17日(土)新宿西口"小沢&太郎応援!"街宣活動、再開します! … "一郎・太郎となかまたちの国民!"が子供たちの命を守る!主権者国民による政治運動へ!3 »

広告

  • google
  • amazon