2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 【歩くメディア】どんなに傷つけられようが、私たちには小沢一郎の"日本改造計画"がある! … 私たちの日本国、"自立と共生"の理念で立て直せ!78 | トップページ | 【歩くメディア】"生命政治"炸裂する日本国! "インフルエンザ怖い怖いキャンペーン"始動中! … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!105 »

2014年12月14日 (日)

【歩くメディア】ドサクサ粉飾選挙が終わった…、日本国民は一体どこへ連れて行かれるのか? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!104

14日(日)。sun

本日はドサクサ粉飾選挙の当日。

抜けるような青空、吉報を予感させるそんな朝を迎えた関東地方。
お昼近く、同居人と連れ立って、投票へと足を運んだ。
近くの中学校なのだが、前回の2012年のドサクサ解散選挙と同じ位の人足だろうか…。
実感としては、静か。やはり、悪魔たちが望むように、低投票率のよう。

心配しても始まらない。
どんな結果であろうと、この島に生きる住人が選択した事になる。

行くところまで行くしかないのかもしれない。

晴れ晴れとした空と私の灰色の心。

何とも空しく、釈然としない。

家に帰り、やらなければいけない用事も、なかなか手につかず、ついついtwitterやネット・ニュースを眺めてしまう。

20141214_185257

ジャーナリスト田中龍作さんのレポートに心底震えを覚える。

昨夜、最後に行われた自民党の街宣。
秋葉原で行われたその様子は、どこからか、小さな日章旗を配る人間が現れ、それを手に狂喜し、旗を振る支持者が写されている。



20141214_231847安倍が内政干渉よろしく国際金融マフィアにそそのかされ消費増税を決行し、年金をも言われるがままに運用と称して、博打に投資し、異次元緩和の名の通り、どこに消えたのか分からないマネーを日銀にじゃぶじゃぶ刷らせてバブルを作るも、そして、この2年間に57兆をも血税を海外にばらまいたにも関わらず、その海外メディアがアベノミクスは既に破綻とお墨付きを下している。

この選挙中に、GDP−1.9と下方修正され、野党がアベノミクスの真実を丁寧に説明しているのに、まだ、安倍を担ぐ国民がいる。

ふぅ〜〜〜。

これも、敗戦後の、米帝植民地としての、原発導入に始まる洗脳教育の賜物なのだろう…。
そして、SNSを覗けば、少なからずのこの国の大人たちが、この選挙で日本民族の行く末が決まるのではないかと、危機感を募らせ、市民的不服従の精神で、抵抗活動が活発に行われている最中、悪魔たちの悪事は、着々と進んでいる。

12月10日に特定秘密保護法が音も無く施行された最中、原子力規制委員会は事故現場で働く作業員の被曝の基準値を引き上げている。
作業員の年間累積被曝の上限を世界原子力協会がガンの増加が明らかになると明言している100ミリシーベルトの基準を2.5倍の250ミリシーベルトまで、一挙に引き上げた。
ようは、フクイチがもはや制御不能に陥っているってことだ。
この事実は、日本が既に国民の命と財産を護ることを放棄し、国民ジェノサイド政策に切り替えていることを如実に示していると言える。

この事について、慶応大学の経済学者で、3.11後、御用学者が溢れる中で、極めて全うな意見を自由に述べている金子勝氏がラジオで指摘してるので、是非お聞きいただきたい。
国民の命は、コッカを維持するために、ペーパー・タオルのように、どんどん使い捨てる。
1%の利益になるのなら、国民の命をマネーに変換する。

経済的にも、物理的にも、どこを切り取っても、この島に生きる住民にとって、災いでしかない安倍自公政権。

この記事の執筆途中で選挙の結果がでたようだ。
分かっていた事とはいえ、愕然とする結果。

不正のない選挙かどうかを問う以前の、前回を7%下回る、戦後最低の投票率52%。

さぁ、やりたい放題の不条理で無秩序、その上、不道徳で恥知らずの下品な政治が世界に晒されていくことになる。

何重にも、支配される日本国民。

真の民主主義を渇望し、憲法が謳っているとおりの主権を国民が手にすることができるように、踏ん張っている小沢一郎を抹殺しようとした、本当の敵に気付くことが出来ない限り、日本人の未来は消えてなくなるだろう。

20141215_230206

先ほどネット番組のニュース・オプエド"選挙特番!2時間ぶっ通し生放送!"を見たのだけど、洗脳箱とは一線を画し、興味深い。

Broadcast live streaming video on Ustream

でもね、如何せん、プランテーション日本国の政治構造に触れないままの議論に、正直、物足りなさを感じた。

敗戦後、70年のコッカの有り様が国民に明らかにされず、この自虐的選択により、今や自らアポトーシスを誘導しているかのような、誠に哀れな国に成り果てている。

ファンタジーでパロディな、クレイジーなプランテーション日本国。

軍靴の音が大きくなってきた。

それでも、生きて行かねばならない。
皆さん、命を何とか繋いで参りましょう!
m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜 )
仲良く仲良く…

20141215_13451

« 【歩くメディア】どんなに傷つけられようが、私たちには小沢一郎の"日本改造計画"がある! … 私たちの日本国、"自立と共生"の理念で立て直せ!78 | トップページ | 【歩くメディア】"生命政治"炸裂する日本国! "インフルエンザ怖い怖いキャンペーン"始動中! … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!105 »

ペット」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/60811767

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩くメディア】ドサクサ粉飾選挙が終わった…、日本国民は一体どこへ連れて行かれるのか? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!104:

« 【歩くメディア】どんなに傷つけられようが、私たちには小沢一郎の"日本改造計画"がある! … 私たちの日本国、"自立と共生"の理念で立て直せ!78 | トップページ | 【歩くメディア】"生命政治"炸裂する日本国! "インフルエンザ怖い怖いキャンペーン"始動中! … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!105 »

広告

  • google
  • amazon