2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 【歩くメディア】今こそ、小沢さんの話を聞こう! & ご報告:13日の"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動を終えて。 … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!57 | トップページ | 【歩くメディア】お知らせ:20日(土)、新宿恒例"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動開催! … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!58 »

2014年9月16日 (火)

【歩くメディア】"空気作り"に余念がない全体主義コッカへと突き進む自公政権!? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!97

11_2 今日は16日(火)sun

蝉の声がまだ聞こえています。

今日は、お日様に当たると、じっとりと汗の出る、そんな陽気でしたので、時折、抜ける放射能の混じる風がとても心地よく感じられました・・・。 (T_T)

皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか?

早くも、暴走気味ですが、

今日は、つらつらと頭に浮かぶ妄想を書き留めてみようと思います。

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  chick  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

昨日、毎週土曜日に参加している"小沢一郎応援街宣活動"を主催するリーダーのお誘いで、チリのピノチェト軍事政権を倒した様子を描いた*ここクリック→ 映画"NO"を観に行った。

1973年に米国CIAの援助でクーデターを起こし、15年間もコッカを乗っ取ったピノチェト政権だが、その強権的な統治の仕方が世界から注目されて、しかたなく信任を国民投票で問うことになり、ピノチェト政権を信任する国民はYESへ、そして、信任しない国民はNOへ、投票する選挙が行われた。

左派といわれる17の小さな政党が一つになって、絶対に勝てないといわれた選挙で、無血の革命を成し遂げるのだけど、一体どうやって、その奇跡を起こしたのか?

その模様が映画に綴られている。

チリと日本では、明らかに政治状況が違うのだけど、どちらも米帝に潜む"悪魔"たちに魂を売った、コッカに巣くう1%にも満たないニンゲンに国民は殺されかかっているということは、同じ。

日常に戦車が走り、白昼公然と特高警察がそこここで人々を弾圧するチリ。

目に見えない爆弾が炸裂する中、嘘で塗り固めた幻想の安全コッカに人々を縛り付けている日本国。

顕著に違うところは、人々の感性。

つまり、痛みを直接味わった人々と、戦後70年ず〜っと"自由のある民主主義の国に生きている"っと思わされてきた人々とでは、権力に対する肌感覚が全く違うということなのだと思う。

強権的な全体主義の独裁政権と、民主主義コッカに見せかけた官僚主権政権では、

ダイレクトに火で焼かれるグリルと、

水から茹で上げられるボイル、との違いと言えば分かりやすいか?

ようは、敵が何ものなのか、日本人は未だに理解できていないのではと思う。

この映画を観て、チリの人々に尊敬と羨望の念を抱いた。

無血の革命!

今、私たち日本国民こそ、何としても成し遂げなければならないこと!

ふぅ〜〜〜。(-_-)

正直、民主党があんなんじゃね・・・。道のりはいよいよ険しく、そして、遠い・・・。

ひしひしと"秘密保護法施行"へ一直線といった感じをぬぐい去れない事件。

今朝、知ったのだけど、*ここクリック→ インターFMの朝の番組"バラガン・モーニング"のパーソナリーを勤めるピーター・バラカン氏が9月いっぱいで降板するという。

ようは、経営陣の意に沿わないという理由で、バラカンさんは外されることになった。

まぁね、このカルト靖国統一ナンミョウ亡国軍事政権下の今、バラカンさんが排除されるのも至極当然と言えば当然だ。

でも、バラカンさんは音楽のみならず、原発や選挙と、国民の生活に関わる時事問題においても、個人の意見をしっかり述べ、、何事にも迎合しない"自由人"を実践している方だ。だから、彼の生き方に憧れる、多くのファンが存在する。

8 今年の2月9日に行われた都知事選の前に、"バラカン・モーニング"の放送中に「まだ告示もされていないのに、東京都知事選が終わるまでは原発に触れないよう、他の2つの放送局で言われました」と、*ここクリック→ 他局で言論統制があった事実を話し、SNSで拡散されたことがあった。

9 この一件が原因の一つであるかも知れない。

紛れもない、言論弾圧の波が押し寄せている。

ミクロの核爆弾に晒されながら、

"知る権利"を剥奪されつづける国民。

その先には、戦争か、

あるいは、新たな原発爆発のアトミック・ディザスターか、どちらに転んでも破滅が待っている。

10 およそ、日本人ではない、心根を持つ、カルト靖国の生き霊たちが、官僚機構が持つ既得権益に群がり、渾然一体となって国民に襲いかかっている。

全体主義コッカへと空気作りに余念がない官僚主権の自公政権!

この構造が理解できなければ、

本当の敵に気付くことができなければ、

チリのように、無血革命を成し遂げることはできないだろう。

でもね、是非、*ここクリック→ この映画"NO"は単館上映ながら全国を回っていますから、多くの日本国民に観ていただきたいと思います。

東京は、*ここクリック→ 有楽町イトシア4Fのヒューマントラストシネマ有楽町にて上演しています。

                          m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。茹でガエルになっちゃうよ〜(-_-))

野党共闘!12

« 【歩くメディア】今こそ、小沢さんの話を聞こう! & ご報告:13日の"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動を終えて。 … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!57 | トップページ | 【歩くメディア】お知らせ:20日(土)、新宿恒例"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動開催! … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!58 »

ペット」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/60327305

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩くメディア】"空気作り"に余念がない全体主義コッカへと突き進む自公政権!? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!97:

« 【歩くメディア】今こそ、小沢さんの話を聞こう! & ご報告:13日の"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動を終えて。 … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!57 | トップページ | 【歩くメディア】お知らせ:20日(土)、新宿恒例"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動開催! … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!58 »

広告

  • google
  • amazon