2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 【歩くメディア】ご報告:21日の"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動を終えて。 … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!34 | トップページ | 【歩くメディア】お知らせ:明日28日、土曜日新宿恒例"生活の党・小沢一郎応援"街宣活動! … 勝手に応援!私たちの日本国、"自立と共生"の理念で立て直せ!35 »

2014年6月27日 (金)

【歩くメディア】"不正"が蔓延るのも当たり前!? カルトが牛耳るコッカ日本! … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!92

16                                            とある日の夕日→

今日は27日(金)。cloudときどきsun

陽気の所為だと思うのだけど、何となく、まだるっこい、ぼやっとした感じで、気が散漫になり、頭がシャキッとしません。

皆々様は如何お過ごしでしょうか?

でもでも、そんなボヤぁ〜ッとした頭でいることを、プランテーション日本国の発狂ぶりが許してくれません…。(>_<)

ふぅ〜〜〜。っと、深いため息がついつい漏れてしまう、毎日トンデモな事実が明らかになっておりますので、いつもの妄想です。(-_-)

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:  penguin  :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

3 フクイチは"凍土遮蔽壁"という、素人が想像するだにトンデモハップンな*ここクリック→ 放射能封じ込め作戦も予想を裏切ることなく、暗礁に乗り上げたようだし、

まぁね、毎日ざっと2億4千万ベクレルもの放射能核種がジャジャ漏れになっているのだから、どんなに手を尽くそうと至極当然な結果であるが、

何でも最南端にある井戸水が既にトリチウムが混じった高濃度汚染水であったとの事実が判明し、それで、"水を薄めて基準値よりも低くするから海に流しますよ〜。"なる戯言をシラッと電波に流している・・・。

2 フクイチがこんな状態なのに、東電の株式総会では、一般株主の都合の悪い質問は、実力行使で東電社員が質問者を突き飛ばして排除し、フクイチ4基爆発事故には一切触れず、再稼働前提の原発推進を邁進しているとのこと。

血税を4兆円以上投入し、事故対策費もごっそりと懐に収めて、被災者へは雀の涙ほどの保障しかせず、フクイチ現場下請け労働者は使い捨てにして、電気代を上げて、自分たちはお手盛りで給料upにボーナス満額、未だに我が世の春よろしく、原発マフィアたちが謳歌するマネーの時代が続いている。

似非宗教が母体の、靖国カルト統一ナンミョウ政権という、もはや、日本人とは言えないニンゲン共がこの島をとうに支配していたことがヒシヒシと実感を伴って、眼前に現れ出てきている。

99%の国民のことなど、どうでもいいのである。

人の弱みにつけ込み、商売するグローバルブラック企業が、このカルト政権と一体となって、893も真っ青な、最強最悪の、国民に牙を剝く"広域暴力団"と化している今、1%の"悪魔たち"が主権のコッカに、我々が生きているということを、もはや理解しなければならないのかもしれない。

それほどに、このプランテーション日本国は、どこを見渡せどスカスカ、ボロボロの滅亡寸前!

はっきりいって、キリがない壊れっぷりなのだが、今日は、この話題!

"不正選挙"について、書きとどめておこうと思う

*拙ブログで2013年9月4日(水)に記した*ここクリック→ 【歩くメディア】ムサシ導入でプログラムミス?自民党は真っ青?…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!24

続報についてである。

"コッカ広域暴力団"の広報担当である、犬HKさまのお達しで〜す!

5 “白票水増し”高松市の選管職員ら3人逮捕
6月25日 19時05分

去年7月に行われた参議院選挙の比例代表の開票作業を巡って、高松市の選挙管理委員会の当時の事務局長ら開票担当者3人が、一度集計し終えた白紙の票をもう一度集計させることで白票の数を実際よりおよそ300票増やしたとして、検察は、3人を公職選挙法違反の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは、いずれも去年の参議院選挙で高松市の開票作業に当たった、当時の市の選挙管理委員会事務局長の山地利文容疑者(59)、当時の市の財政局職員、大嶋康民容疑者(60)、それに市の消防局次長の山下光容疑者(56)の3人です。
6
検察によりますと、3人は去年7月の参議院選挙で、高松市の体育館で行われた比例代表の開票作業で白紙の票の数を実際よりおよそ300票増やしたとして、公職選挙法の投票増減の疑いが持たれています。
検察によりますと、3人は一度集計し終えた白紙の票を再び担当者に手渡し、もう一度集計させていたということです。検察は、3人の認否については明らかにしていません。この時の開票作業を巡っては、比例代表に立候補して当選した自民党の衛藤晟一議員の高松市での得票数が1票もなかったとして、支援者が市側に抗議する問題が起きていて、検察は、この問題についての告発状が提出されたのを受けて捜査を進めていました。

検察では、3人が白紙の票を増やした動機やいきさつについて詳しく調べています。

「信頼を失墜」と謝罪

今回の事件を受けて、高松市選挙管理委員会の東原博志事務局長は、取材に対し、「ことし8月に知事選挙を控えるなかで市民や関係者の皆様の選挙への信頼を失墜してしまい、大変申し訳ありません」と謝罪しました。
また、今回の事件については「投票総数のつじつまを合わせるためだったのではないか」と述べる一方、衛藤議員の高松市での得票が1票もなかった問題との関連については、「事実関係がはっきりしていないのでコメントは差し控えたい」と述べました。

「信じられない」

自民党の衛藤総理大臣補佐官は25日夕方、国会内でNHKの取材に対し、「選挙は民主主義の基本であり、この日本で票をごまかすという行為が行われたことは信じられない。関係性はまだ分からないが、せっかく投票してくださった方々の心が踏みにじられているので、きちんと事実を明らかにしてほしい」と述べました。

え〜っと、犬HKさまのニュースは、一週間もしないうちに、キレイに削除されてしまうので、敢えて、全文をここに残しておきますね。(^^;)

それから、続報①

7 高松市選管 ”白票水増し”で謝罪 6月25日 22時59分

去年7月に行われた参議院選挙の比例代表の開票作業で、高松市の選挙管理委員会の当時の事務局長ら開票担当者3人が公職選挙法違反の疑いで逮捕された事件を受けて、高松市選挙管理委員会は25日夜、記者会見を開き「選挙への信用を大きく失墜することになり、市民の皆様、関係者の皆様に深くおわびしたい」と述べ、謝罪しました。

今回の事件を受けて高松市選挙管理委員会は25日夜、高松市役所で記者会見しました。
会見で、東原博志事務局長が「選挙への信用を大きく失墜することになり、市民の皆様、関係者の皆様に深くおわびしたい」と述べ、謝罪しました。
そして東原事務局長は逮捕された3人について、当時、開票や得票計算の管理をする立場で、集計し終えた白紙の票を再度集計させて白紙の票を増やすことができる立場だったと説明しました。
そのうえで東原事務局長は、開票作業の終了間際に、投票者数と、有効票と無効票の合計が合わず、無効票を再点検したところ票の数が符号したため、問題がないと判断したということです。
市選挙管理委員会事務局では「今後、逮捕された3人に事情を聞いたうえで改めて再発防止に努めて信頼を回復したい」と話しています。

続報②

10 「白票取り扱いで不正」と高松市に文書 6月26日 4時12分

去年7月に行われた参議院選挙の比例代表の開票作業で、高松市の選挙管理委員会の当時の事務局長ら3人が、白票の数を実際より増やしたとして公職選挙法違反の疑いで検察に逮捕されました。
高松市には選挙の翌月、白票の取り扱いに不正があったとする内容の文書が届いていたことが分かり、市では当時の対応に問題がなかったか調査することにしています。

去年7月に行われた参議院選挙の高松市での開票作業で、1度集計し終えた白紙の票をもう1度集計させることで白票の数を実際よりおよそ300票増やしたとして、検察は25日、当時の市の選挙管理委員会事務局長の山地利文容疑者(59歳)ら3人を公職選挙法違反の疑いで逮捕しました。
この事件を受けて、高松市では当時の開票作業の経緯について確認したいとしていますが、選挙の翌月の去年8月、市に、「白紙の票を2回数える不正があった」などとする文書が届いていたことが市への取材で分かりました。
文書が届いたあと、市は白票の確認作業に関わった複数の職員に聞き取り調査を行ったということですが、不正があったかどうか確認できなかったということです。
市では調査方法など当時の対応に問題がなかったかどうか調べることにしてます。

続報③

11_2 白票水増し 「合計が合わずやった」6月27日 12時17分

去年7月に行われた参議院選挙の比例代表の開票作業で、高松市の職員ら3人が、白紙の票の数を水増ししたとして公職選挙法違反の疑いで逮捕された事件で、3人のうち1人が「投票者の数と、有効票と無効票の合計が合わなかったのでやってしまった」と容疑を認める供述をしていることが関係者への取材で分かりました。

12 この事件は、去年7月に行われた参議院選挙の比例代表の開票作業で、当時、高松市の選挙管理委員会の事務局長だった山地利文容疑者(59)ら開票担当者3人が、すでに集計し終えた白紙の票を担当者にもう1度集計させて、実際よりおよそ300票水増ししたとして、公職選挙法違反の疑いで高松地方検察庁に逮捕されたものです。
関係者によりますと、逮捕された3人のうち1人が「投票者の数と、有効票と無効票の合計が合わなかったので、およそ300票の白票を2回数えた。やってはいけないことをしてしまい、反省している」と、容疑を認める供述をしていることが分かりました。
13 高松地方検察庁は、詳しい動機やいきさつについて捜査を進めています。

新藤総務相「誠に遺憾で、ゆゆしき事態」

新藤総務大臣は閣議のあとの記者会見で、去年7月の参議院選挙の開票作業を巡り、高松市の職員ら3人が公職選挙法違反の疑いで逮捕されたことについて、「選挙事務に関わった職員が逮捕されたことは誠に遺憾で、ゆゆしき事態が発生したと認識している。今後の捜査の進捗状況を注視しながら事実関係を把握し、選挙の信頼確保が図られるよう努めていきたい」と述べました。

ざ〜っと、一昨日の25日に逮捕されてから、今日までの犬HKさまのお達しを眺めてみて、皆さんは、どのようにお感じになりましたでしょうか?

【歩くメディア】としては、誠に不満でありますね。

① ムサシの集計マシーンをこの参院選で初めて導入したことについて一言も触れていない!(昨年8月29日ニュース9では言及している事実!)

詳しいいきさつや動機について捜査を進めるとしているけど、

 そもそも、開票作業の終了間際に、投票者数と、有効票と無効票の合計が何故合わないのか? 

ここが追及すべき問題!何故、合計が一致しないのか?正にここが"不正が行われていた証拠"じゃないか!? どんな手口を使ったら、投票者総数と、有効票と無効票の合計が300も食い違ってくるのか!?ってこと。

ここが一番の肝なんだと思うけど、まぁ、捜査している側が"コッカ広域暴力団"の用心棒の連中だから、国民が期待する"全容解明"には、到底至らないでしょう・・・。(>_<)

③ "去年8月、市に、「白紙の票を2回数える不正があった」などとする文書が届いていた"っということは、あからさまにやっていたってことか!?

④ 関係者の取材で分かったとされているが、逮捕者3人の内、一人だけが容疑を認めているということ。

あとの、二人は否認しているのか? 何故、どんな理由で逮捕されたのか? 

この点も、大いに気になるところであるが、記者クラブを通って出てくる情報だ! 本当のところは、闇の中なのだろう…。

そして、個人的には、

⑤ この選挙管理を任される人たちは、一体、どの筋の人間なのか? ようは、宗教や支持政党など、特定の組織に所属しているのか? その背後関係が存在するのだと思うのだけど、それは、一体何なのか?

まぁ、これは絶対に明らかになりそうにありませんね…。(T_T)

結局、

⑥ この時点で、市民が抗議した"どうして投票したのに衛藤議員の投票数が0なのか?"の解明は、全くされていない!ってこと。

と、いうことで、さまざまな推論が避けられない事案の"高松不正選挙"事件なのだが、大いにいろんな角度から考察すべき問題であると思います。

民主主義の基本であり、民主主義たらしめる、唯一無二の国民の権利である、選挙権が不当に歪められた状態で、何度選挙をやったところで、国民の意思が反映する政(まつりごと)など担えるわけはなく、幻想の"選挙ごっこ"を続けさせられた、挙げ句の果て、国民は、"コッカの使い捨て雑巾"="完全に自由を奪われた奴隷"となることは明らかだ。

14 世界を見渡せば、今"資本のお化け"=金融マフィアの1%が、99%から搾れるだけ搾り、格差を増幅して"新しい自由"を手に入れる"グローバル(新自由主義)"が席巻している。

このプランテーション日本国も*ここクリック→ このグローバルが吹き荒れる中、何としても、政を国民の手に取り戻さなければならない。

モンサントを閉め出したフランスや、脱原発に舵をきったドイツのように、国民の意思が反映する政に変えることができなければ、

もうこの島でいのちを繋げていくことは叶わないのだろう。

                          m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。頭痛い weep

アッカンベ〜
15

« 【歩くメディア】ご報告:21日の"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動を終えて。 … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!34 | トップページ | 【歩くメディア】お知らせ:明日28日、土曜日新宿恒例"生活の党・小沢一郎応援"街宣活動! … 勝手に応援!私たちの日本国、"自立と共生"の理念で立て直せ!35 »

ニュース」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

主権者国民連合」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/59885661

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩くメディア】"不正"が蔓延るのも当たり前!? カルトが牛耳るコッカ日本! … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!92:

« 【歩くメディア】ご報告:21日の"小沢一郎・生活の党応援"街宣活動を終えて。 … 勝手に応援!私たちの日本国、小沢さんの"自立と共生"の理念で立て直せ!34 | トップページ | 【歩くメディア】お知らせ:明日28日、土曜日新宿恒例"生活の党・小沢一郎応援"街宣活動! … 勝手に応援!私たちの日本国、"自立と共生"の理念で立て直せ!35 »

広告

  • google
  • amazon