2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 【歩くメディア】東京大空襲から69年、311から3年が過ぎる今日、日本国はどこへ向かうのか? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!78 | トップページ | 拡散希望!!!【歩くメディア】"一律48%掛け"!? 民主主義コッカとは言えないところまで来ている!? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!80 »

2014年3月17日 (月)

【歩くメディア】一億総玉砕になる前に"小沢パージ"の意味を今こそ理解しよう!… プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!79

17 今日は17日(月)。朝から花粉日和のよいお天気でした…(>_<)。

だいぶ暖かくなってきたようですが、皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか?

私はと言えば、この春の花粉症の症状ですが、何故か、鼻水に集中しているようです。
いつも、さらさらの"透明の水"っと言った感じなのですが、今回は透明は透明でも、セメダインみたいな感じなのです。

ふぅ〜〜〜っ。 こんなこと、説明しても何にもなりませんね。catface

えーっと、久しぶりのブログ更新ですが、まぁ、表のニュースはどれも目を当てられないモノばかり…。

いつもの、妄想で〜す。(^^)/

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

1 マレーシア航空の旅客機失踪事件。

これ、もう行方が分からなくなって10日も経つのだけどね…、テロだとか、TPP絡みだとか、いろいろなことが言われていますが…、
妄想だからね、思い切って書いちゃうと…、
宇宙人のし・わ・ざってことは? ふっ…と、脳裏をよぎるのでした。

でも、宇宙人だって、こんなことして、何が得なんだろうか?

地球人の脳内を?????だらけにするぐらいしかできない。

世界の人々の脳内が?????で満たされると、もっとトンデモないことが進行している?!とか…、まぁ、分かりませんね。(-_-)

ウクライナのクリミア自治区は96.77%の圧倒的な民意でもって、"ロシアに併合"を選択したようですね。

13 そもそも、ウクライナの反政府野党をバックアップしていた米帝がソチ・オリンピック中に、内乱を仕組んで始まった、

"御国騒動"! = "欧米(EU+US)×ロシア 代理戦争"!

米帝の植民地日本の報道
は、とうぜん、米帝よりであるから、いつものように、ロシアが悪者と決まっている。
マスゴミたちは、自分の国はスルーなのに、投票率が83.1%に達成している、他国の選挙を"不正選挙"!と真顔で言及するところなど、笑えますな!bomb

"選挙"は、民主主義の唯一無二の手段なんだけど、今や、不正のない、公正な選挙が、この世の中に、特にこの日本国に存在するのか!?っと思われるほど、難しいモノになっている。

10 特に、この脳内を完全にアンダー・コントロールされている、プランテーション日本国の住民たちには、その、毎回あまりに低い投票率から明らかなように、民主主義コッカという、意味がまず理解できていない。

自分たちが働いて得たマネーをどのように、コッカのために使うのか!

このマネーの使い道を決める権利が民主主義コッカにおいて、その国の国民にあるのだから、国民主権なのである。
がしかし、この主権を行使する唯一の手段が選挙であるのに、この選挙においての投票行動を5割強の国民がむざむざと棄てている…、これが、我が日本国!(T_T)

あの手この手で搾取されたマネーの流れる先は、国民の命など1ミリも考えていない、ただひたすら、自分たちの権益を増やすために暴走するトンデモ官僚の胃袋である。

9 民主主義を嫌悪する、顔ナシの彼らが目下やっていることは、

3本の矢が、国民の背中に命中して、アベコベミックスのトンデモ経済政策の破綻が世界に知られるところとなっているにもかかわらず、

社会保障に使われると嘘をついて、実のところ、ブラック大企業の法人税減税のために、トンデモ消費税増税を強いて、

トンデモ科学のなれの果てフクイチ4基爆発の"核物質排気装置"なる"生命絶滅湯沸かし器"のトンデモ発電だったのだが、3年前から留まることなく、猛毒を世界中に垂れ流し続けているのに、ま〜た再稼働を画策し、あろうことか、他国に、この"猛毒まき散らし装置"を売りつけようと躍起になっていて、国民はおろか、地球人類、いや、"地球生命体絶滅大作戦"、只今、決行中!っと言ったクレイジーぶりだ!

ふぅ〜〜〜。

2_2 ほんと、書き出すと、頭痛い。

このプランテーション日本国のコッカの顔ナシたちが
安倍カルト靖国亡国政権に
やらせていること。


それは、この絵の通り、


"命を奪うこと"。

結局、93年に自民党に決別した小沢一郎さんがこの植民地コッカに"真の民主主義"を根付かせようと、政権交代可能な二大政党制を目指して、政を国民の手で創れるようにず〜っと頑張っている、本物の政治家なのだが、大方の日本人は気づけないどころか、まだ悪人と思いこんでいる。

小沢さんこそが、大多数の、慎ましく暮らしていこうとする、国民の味方であり、小沢さんこそが民主主義のシンボルと言えるのだけど、このことにも気づけない。

そして、3年前、311が発災し、真っ先に、国家非常事態宣言を出してまでも、大震災とフクイチ過酷事故の対処にあたれと当時の菅政権に進言した政治家こそ、小沢さんだが、このことすら知らない。

あろうことか、その尊い進言を無視し、結果、多くの国民を被曝させ、そして、すぐには黒こげにならないが、しかし、ゆっくりと一億総玉砕へ向かっていて、過酷極まりないこの被曝の現状を理解できない国民にしたのは、この、官僚の言いなりになった、菅直人という、ペテン師であるが、まだ、この男を持ち上げる一派がいる。

こんな世界もドン引く、到底理解できない"自ら猛毒を喰らう日本人!"にした下手人が菅直人であるが、この男は、まだ国民を欺こうと、"脱原発"の旗振り役を演じて見せている。

↓是非、ご覧いただき、ご自分でも検証いただきたいと思う。

隠蔽か黙殺か ~封印された汚染マップ~ 【テレメンタリー(2014年2月16日... 投稿者 dm_51b1b62cafb2c

トップが勝手に、国民がパニックになるからと判断して、汚染の真実を隠蔽し、多くの国民の命を蝕んだのである。

その結果、もう隠しようのない、甲状腺ガンの手術をした子供たちが既に33人存在しているのである。(ガンと認定されている子供たちは75人いる!)

こんな状態が続いていく中で、東京五輪など出来るわけがない。

ドイツZDFが制作した「フクシマの嘘」をご覧いただき、口を噤むことなく、国民同士がこの事実を共有して、真剣に、過酷な事態であることを理解し、誤魔化し、騙すことなく、生きていかなければならないと思う。

ドイツZDF「フクシマの嘘 其の参」 投稿者 sievert311

顔ナシの官僚主権コッカでは、
このように、民主党政権と自公政権のように、政権が異なるように見えても、やっている政は、"国民殺し"="国民ジュノサイド"に他ならない。

ようは、全く変わらない、国民の側に政治が存在しないのである。

小沢さんがトップにいたら、絶対にこんなことにはならなかったと思う。


"小沢パージ"="民主主義の破壊"であったのだが、この意味をこのまま理解できないのなら、この顔ナシの官僚たちによる、日本国民絶滅は避けられないかもしれない。

そうならないためにも、真実を伝え合いましょう。

                      
m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。肩凝る・・・(-_-))

猫たちheart16


« 【歩くメディア】東京大空襲から69年、311から3年が過ぎる今日、日本国はどこへ向かうのか? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!78 | トップページ | 拡散希望!!!【歩くメディア】"一律48%掛け"!? 民主主義コッカとは言えないところまで来ている!? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!80 »

ペット」カテゴリの記事

主権者国民連合」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/59311408

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩くメディア】一億総玉砕になる前に"小沢パージ"の意味を今こそ理解しよう!… プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!79:

« 【歩くメディア】東京大空襲から69年、311から3年が過ぎる今日、日本国はどこへ向かうのか? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!78 | トップページ | 拡散希望!!!【歩くメディア】"一律48%掛け"!? 民主主義コッカとは言えないところまで来ている!? … プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!80 »

広告

  • google
  • amazon