2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 拡散希望します!【歩くメディア】お知らせ:15日(土)、第2回横浜・藤沢での"生活の党"街頭宣伝!決行します! | トップページ | 【歩くメディア】311後の日本社会。全ての常識を疑え!"子宮頸がんワクチン・キャンペーン"は何だったのか!?…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!17 »

2013年6月14日 (金)

【歩くメディア】世界はグローバルという皮を被った悪魔たちが牛耳っている。…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!16

13 今日は14日(金)。雨が降りそうで降らない曇り空。cloud
何となく、静かな時間が流れています。

さて、このところ、いろいろと思うこと。
まぁ、いつもの脳内発狂状態が続いているっということでが…(T_T)。

ツイッターのTLをざっと見ていて、311が起きて2年と3ヶ月が過ぎ、放射能の被害がもう隠しきれないところまで来ている。

突然死の激増、セシウムの数値、プルトニウム降下の事実、奇形児の増大、フクシマの子供たちの甲状腺がん、身近な人々のがんや重篤な疾病の発症…。

戦後史、いや、近代史とは、一体なんだったのか?

人々は、どの時代も、生まれて死んで、その繰り返しを重ね、今に至っている。
人間の生物としての行いは、いつの世もどこにいようと基本的には変わらない。
食べて寝て、排泄して子をもうけ、の繰り返し。

地球の子供として、生まれ出たであろう、一つの種である人間。
悠久の地球史の、ほんの一瞬の時代をこの一つの種である人間が牽引し、気がつけば、この惑星上の命という命を脅かし、母である地球を滅ぼそうとしている。

キュリー夫人がウランを弄くって、"原子核の自然崩壊および放射性同位元素の存在を実証"し、最初に原子核物理学の基礎を作ってから、約100年。
優生学を信奉するマッド・サイエンティストたちが実行した、広島・長崎の人体実験、数々の原子爆弾の核実験、430基を超える地球全土への原発の埋め込み、そして、本当の心ある識者が危惧していたとおり、スリーマイルがおこり、チェルノブイリがおこり、そして、311でフクシマがおこった。

この膨大な量の蓄積され、濃縮された、地球上にある人口放射能核種。

一体、私たちは、どれだけの放射能の毒と一緒に生きているのであろうか?

ツイッター上でも、放射能の真実を、311後、精力的に発信してくださっている元東電社員の内科医、小野俊一先生のブログ"院長の独り言"より、
6月12日の記事*ここクリック→ "100年後の日本(人口は20%〜30%に減少、社会の活力も頭脳も何もかも失う)−バスビー他の対談から" に是非、目を通していただきたいと思う。

この対談は、2012年2月3日に“The Real Deal” Radio Showでの話されたもの。
これが、2012年2月23日のVTのweb記事"Fallujah, Fukushima, & the Global Radiation Catastrophe, Part 2"になり、小野先生がこちらを日本語に訳してくださったようである。

ここで語られていて、俄に目を疑ったのだが、国連が発表した"世界、先進国、開発途上国および後発開発途上国における平均年間人口変化率"である。

2013061201thumbnail2

要は、1963年に核実験が終了して以来、世界の人口は減少している!!!っていうこと!!!

そして、更に驚愕したことは、国連のこの発表とは真逆の"世界人口増加を示す世界資源研究所のグラフ"の存在である。

2013061202thumbnail2

 世界資源研究所は、1982年に「持続可能性」の概念を広めるために設立された研究所で、世界銀行および他の国際金融機関の出資を受けている。
同研究所には、ロックフェラー財団、オープンソサイエティ財団(ジョージ ソロス)および中央情報局関連の財団など、多くの財団が資金を提供している。
また、ゴールドマンサックス、ウオールマート、ウェルズファルゴ銀行、富裕な個人投資家、石油会社も資金を提供している。
同研究所の役員会には、新世界秩序の行動計画を広める「グローバルセールスマン」が名を連ねている。(例えば、元米国副大統領のアル ゴア氏や原子力産業関連者など。)
世界資源研究所は、明らかに新世界秩序の行動計画にもとづいており、人口過剰、人口削減、原子力エネルギー、気候変動などについて喧伝することにより、グローバル支配を目指すエリートの利益に寄与している。
Source: World Resources Institute

この対談の中に出てくる地球科学者のローレン・モレ氏の言葉です。

これらのグラフをお見せしましたら、会場からかなりの反響がありました。皆さん、「えっ?国連は、人口が急増していて爆発しそうだと言っていたじゃないか!?」と仰るわけです。

 でも、驚くことに
国連が独自に出した報告書や統計はすべての国や地域で人口や出生率が減少していると示しているのです。いいですか、国連の統計がそう言っているのです。そして、私が何より驚いたのは、先進国の人口および出生率が最も減少していることでした。原発がない発展途上国より遥かに多くの減少ですし、世界の平均と比べても多くの減少を示していたのです。
                       〜
 私が心配しているのは、
このような研究を誰もしていないということです。もちろん何百万ドルや何百万ポンドもの資金が投入され、ガンや他の疾病の原因についての研究は行われています。でも、誰もこれらの研究の方向性を見ることが許されていないのです。研究の出発点やその方向性を考慮することが許されないというのは、とてもおかしなことです。そして、誰かが何かを言おうものなら、すぐさま片隅に追いやられ、笑い者にされるのです。

 私たち99%の世界民は、マッド・サイエンティストを駆使し、世界をマネーの力で牛耳る1%の悪魔たちが創造する、嘘と虚飾で塗り固めたハリボテのファンタジーでパロディの、そして、完全にクレージーな世界に放り込まれていると言うことなのだろう。

もう国などあってないようなもの。
"国家"という仕組みで、人々をマインド・コントロールし、ナショナリズムの幻想の檻に縛り付け、人減らしに荷担さ
せられ、マネーの材料にされていることを、本当に気づくべきであると思う。

陰謀論などではなく、確かに現実に行われているのである。

だからこそ、日本にもんじゅを入れて55基の"核物質排気装置"が埋め込まれ、猛毒をまき散らし、静かにジュノサイドが行われているのである。

全ては、気づきから始まる。

気づきましょう、目覚めましょう、幻想から抜け出しましょう。

                         m(_ _)m

(ふぅ〜。イカレテマス・・・(>_<))

大きい猫ですheart

17

 

« 拡散希望します!【歩くメディア】お知らせ:15日(土)、第2回横浜・藤沢での"生活の党"街頭宣伝!決行します! | トップページ | 【歩くメディア】311後の日本社会。全ての常識を疑え!"子宮頸がんワクチン・キャンペーン"は何だったのか!?…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!17 »

ペット」カテゴリの記事

マッド・サイエンス」カテゴリの記事

宇宙の法則」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/57590585

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩くメディア】世界はグローバルという皮を被った悪魔たちが牛耳っている。…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!16:

« 拡散希望します!【歩くメディア】お知らせ:15日(土)、第2回横浜・藤沢での"生活の党"街頭宣伝!決行します! | トップページ | 【歩くメディア】311後の日本社会。全ての常識を疑え!"子宮頸がんワクチン・キャンペーン"は何だったのか!?…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ!17 »

広告

  • google
  • amazon