2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 【歩くメディア】世界は操作され騙されている?!集団催眠から目を覚ませ!…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ13 | トップページ | 【歩くメディア】活動報告:今日は2人のご婦人に、目を覚ましていただきました!(^^)/ »

2013年5月25日 (土)

【歩くメディア】"小沢悪"のマインド・コントロールから目を覚ませ!日本の再生はそこからしか始まらない!!!

20 今日は25日。土曜日でした。         昨日の満月→

「国民の生活が第一の政治を実現する会」の新宿街宣チラシ配りに参加してきました。

新宿は、いろんな人々が行き交う街です。
【歩くメディア】の出で立ちで、足早に通り過ぎる人々に声を掛けます。

"こんにちは。モンサントの遺伝子組み換え毒野菜を食べさせられることになるTPPに反対している生活の党です。”

"TPPは、国と国の条約ではありません。アメリカの大企業が人々を見えない鎖で縛る不平等条約です。"

"国民主権が消えてなくなり、民主主義が機能しなくなるTPPに反対している生活の党です。"

"TPPを受け入れると脱原発は永久に不可能になります。"

"参院選の争点は、TPPです。気づいてください。TPPに反対している生活の党です。"

本当は、声を出したくない。
だってね、考えてもごらんなさい。
毎日、フクイチから2億4千万ベクレルじゃじゃ漏れ中。
アスファルトとコンクリートだらけの、街の中で、大口を開けて声を出す。

確実に内部被曝します!カラダに良いわけがないのです!

でも、一人でも多くの人に気づいてもらいたい、その一心。
時には、洗脳箱の棍棒で脳をやられた小沢嫌いで中韓嫌悪のおじさんに、訳のわからん持論を展開され、絡まれることもありますが、今日はちがった!

戦後生まれの60代のご婦人に、お話を聞いていただくことができました。(^^)/

夜必ず、ニュースを見ていると言うので、まず、記者クラブの存在をお話しして(えっ、何それ、知らない!)、NHKを含め、大手6社の同系列の新聞・テレビが情報を談合しており、国民に本当に知らせなければいけないことを隠蔽している、そのために存在していること(ええ、そう言うことだったの!?)
NHKは、電力会社の社債を400億、国民から徴収したお金で買っており(うそ?それも知らないわ!)、原発マフィアの不利益になることは、隠蔽してまでも決して国民には伝えない。
小沢さんがあんな目にあったのは、この情報談合の既得権である記者クラブを、外国並にオープンに公平な組織にしようとした、そのために、自民党を自ら出て、国民のための政治に変えようと政権交代を目指してきたこと(あぁ、そうなんだ!)
けれど、米帝に魂を売って、小沢さん排除に動いた、菅・野田政権が国民の期待を裏切ったのだけど(わたし、大変民主党に期待したのよ、だけどきれい事ばっかり言って…、裏切ったのよね!)、そのことを国民が把握しておらず、あろうことか、まだ菅に騙されている国民が多いということ。         *(  )はご婦人の対応(^_^;)

115

"あなたがこんな看板をさげて、変な人と思われるかも知れないのに、こうやって、なさっているということは、本当だと思うわ。普通なら、キチガイ扱いされてしまうものね。ありがとうございました。"

ふぅ〜、本当に救われる一瞬です。(-_-)

小沢パージの意味を理解すること。
それは、島民の目にわからないように、戦後一貫して行われている、米帝の植民地支配を理解することでもある。

そして、増殖した巨大な利権集団とかした政・官・業・電・学の1%の守銭奴である米帝におもねる売国奴たちが99%のお人好しの国民の命を搾取していることを知ることでもあるのです。

小沢パージをつぶさに見れば、一見、国民の側に立っているように見せかけてきた、自公の対立軸を演じている共産党や社民党の役割でさえも、理解できてくるでしょう。

私たちは、ずっと騙されてきたのです。
米帝の、占領政策の要、
3S政策をフル活動させて、洗脳箱と洗脳紙で、脳内をコントロールされてきたのです。
もう、洗脳から目を覚ましましょうよ。幻想の眠りから、目を覚ますときです。

小沢さんの言葉に耳を傾けてください!

*ブログ もうすぐ北風が強くなる さんが、週刊ダイヤモンド【メディアに嫌われた男の告白】を転載してくださっています。ここでも転載をさせていただきたいと思います。もうすぐ北風が強くなる さん、ありがとうございます。m(_ _)m

小沢一郎(生活の党代表)インタビュー 「マスコミは最大の既得権益者」
長年にわたってメディアと対峙してきた生活の党代表、小沢一郎氏に今のメディアの問題を聞いた。

20130520114814b6a

(おざわ・いちろう/1942年生まれ。67年に慶應義塾大学経済学部卒業後、69年に27歳で衆議院議員初当選。自民党幹事長、自由党党首、民主党代表など歴任。現職の代議士で最多当選回数。)

──4月21日に参加された若い世代との交流会で、小沢代表はマスコミについて厳しい見方を示していました。

マスコミは最大の既得権益者です。一つは再販制度、そして電波の独占です。法律で集中排除の規定があるにもかかわらず、大新聞はテレビと密接な関係にある。そういう利権ともいうべき、旧体制を何としても守りたいということ。

だから、それも含めて自由で公正な競争原理を適用すべきと主張する私は、彼らにとっては許せない存在なわけです。


新聞は消費税の問題で軽減税率をずっと唱えてきた。増税には賛成だけど、僕たちだけは嫌よという話。ちょっとどうかしてるんじゃないかという気がします。

──交流会では、官僚とメディアの癒着についても、指摘されていました。

再販制度と電波の独占は、官僚が認めているからそうなっているだけ。それと税。これだって国税庁が他の会社と同じようにビシビシやったら、マスコミなんて現状を維持できないと思います。

──そうでしょうか。

そうです。すべて経費で認めて、大学を出たばかりの若い記者がハイヤーに乗っている。一番の既得権、利権を持っているのは大手の新聞とテレビ局ですよ。

地方紙なんかはそれなりに一生懸命頑張っている。ところが大手の新聞、テレビだけはどっぷり体制の中でぬるま湯に漬かっている。

だからこれらにもメスを入れないといけない。というのが、僕の考えで、だから集中攻撃されている。

一般の人にはまだ理解されていない。

おまえがぶっきらぼうだからそう言われるんじゃないかとか、もうちょっと笑えとかね、そんな類いの話じゃありません。
僕が大手メディアの標的にされているのは、彼らの既得権にメスを入れろと主張しているから彼らは私を抹殺しようとしている。

──そういった既得権の上に成り立っているメディアは、それが故に世論からの信頼を失っている現状があるのではないでしょうか。

どんどん失っていると思います。だから新聞を読む人が少なくなってきているんじゃないですか。

それはメディアを取り巻く環境が変わってきたというのもあるけれど、それだけじゃない。

一つの紙面として構成された新聞というメディアは、インターネットで事実だけ流すよりも、面白くて見やすい。その意味で存在理由はまだある。

でも新聞を取っている人はどんどん減っている。若い人なんて誰も取らない。

──小沢代表の購読する新聞は。

ありません。もちろん事務所では取っていますが。

──いつごろから見なくなったのでしょうか。

前からほとんど見ない。特に政治記事というのはみんな事実と違う。新聞なんて読まなくても、僕が一番よく知ってるんだよ。

経済記事
でさえもそう。

これはね、ウソというよりも、経済は動いているから難しい。
経済学者や評論家の言うことなんて当たったことがないでしょう。だから見たって仕方がない。

勉強するための資料としてはいい。判断は自分で
しないと。 政治記事は事実関係すら違う。参考資料にもならない

──政治の誤報というのは、ある時点まではそうだったが、その後の政局で事態が動いてしまうという話をよく聞きます。

それはウソ。彼らのエクスキューズ。言い訳だ。
要するに
きちんとした情報収集や裏づけなしに、推測でいい加減に書いている

──ウソというのは推測が多いということでしょうか。

勝手に自分らの都合で書いていて、ほとんどが真実ではないということ。

──政治報道は見立てがすごく重要になってくるのでは。

それならそう書けばいい。

当社としてはこう思うとか、こうあるべきだとか、日本の場合は新聞もテレビもそういうふうには報道しない

だから事実でさえもいい加減になってしまう。しっかりした取材をしないんだよ。

──ただ新聞、テレビの記者には番記者制度があって、担当の政治家に密着して、それを基に報道しているわけで、1次情報を取っていると思うのですが。

そういう要素はあるんだけれど、今はほとんどその取材もしない。何も常にくっついて歩かなくてもいいんだけれど、昔に比べ、そういう取材をしていないね。
また勉強をしていないから、つまらない質問しかできない。
政権が安倍さんになって何をしたかというと、何もしていない。米国の言う通りにするだけ。

──アベノミクスについて評価は。

株が高くなって誰が利益を得ているの?
賃金なんて全然上がらない。小泉政権以来、国民所得は10%減っている。これからもっと格差はひどくなると思う。
それでもメディアは何にも言わない
円安を見なさいよ、ガソリンから漁業、農業の燃料、電力、飼料、みんな上がってきている。一般国民は目も当てられない。

──その危険な兆候をくみ取ってしっかり報道しているマスメディアはあると思いますか。

ないね。だってしっかりした報道をするということは自己否定につながるから。メディアの既得権を侵す道につながっていく。
彼らは官僚支配の体制が一番いいんです。
これが崩れないように、崩壊しないようにというのが、大手メディアの願いだと思います。

──既存メディアが過度に自らの報道を自主規制することを問題視する声も上がっています。

情報がもらえなくなるから報道しない。これは昔から。だから役人の言う通りに報道する。役人とけんかしたら、情報を遮断されてしまいますから。
検察なんてその典型的な例ですね。僕なんか毎日、犯罪人扱い。1面でどんどん報道された。

それなのに、いざ無罪になっても、悪うございましたどころか、謝罪の言葉は一言もない。

事実や証拠がなくても役人の言う通りに報道しないと出入り禁止にされてしまう。


そもそも、
アベノミクスはメディアがはやし立てているだけ
経済誌もよく考えないといけないが、今度の
日銀の国債大量買い入れは、実質的には直接買い入れと同じ。これではツケは必ず庶民にいく

──国債暴落の可能性が高まっていると。

国債暴落というよりも、インフレになる可能性
がある。
スタグフレーション、不景気のインフレになる可能性が非常に高い。

ただ、
メディアは特権階級だから、インフレになっても困らないんだよ。
                                    
転載終了
                                      カラー、太字は、当ブログが加筆。

小沢さんは、ただただ、プランテーション日本国を"普通の国"にしようとしただけである。
明治以来、官僚と結託した情報談合組織である"記者クラブ"をオープンにし、民主主義の原則である、当たり前の権利=国民の知る権利を確保しようとしただけある。

私たちは、ずっと情報を操作され、幻想を信じ込まされてきた。
その結果の、311後の原発過酷事故なのだ。
嘘と虚飾で塗り固めた、ファンタジーのハリボテ国家に生きていたことがフクイチが爆ぜたと同時に明らかになったのだ!!!

全てが真逆であったと今や言い切ることが出来る。

検察、警察、裁判所は国民のために存在するのではなく、国家権力を維持するために存在する。

テレビ新聞は、国民を洗脳するために存在する。


学者は御用学者しかいない。本当の学者はトンデモ扱いされる。


核物質は平和利用などできるモノではなく、どこまでも毒物である。


原発は、最も経費が高く、最も危険であり、最も汚い、最も愚劣な発電方法である。


NHKは国民から視聴料を搾取して、真実を伝えるどころか、権力の都合良い情報を流し、国民をマインドコントロールする機関である。

嘘が積み重なるほど、悲惨な世界はないのです。
"小沢悪"という、マインドコントロールから、目を覚ましてください。
日本の再生は、そこからしか、始まらない … 。
   

                       m(_ _)m

(ふぅ〜〜〜。疲れました・・・)

こんがらがってます!
21

« 【歩くメディア】世界は操作され騙されている?!集団催眠から目を覚ませ!…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ13 | トップページ | 【歩くメディア】活動報告:今日は2人のご婦人に、目を覚ましていただきました!(^^)/ »

ペット」カテゴリの記事

主権者国民連合」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/57459033

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩くメディア】"小沢悪"のマインド・コントロールから目を覚ませ!日本の再生はそこからしか始まらない!!!:

« 【歩くメディア】世界は操作され騙されている?!集団催眠から目を覚ませ!…プランテーション日本国、その発狂ぶりを直視せよ13 | トップページ | 【歩くメディア】活動報告:今日は2人のご婦人に、目を覚ましていただきました!(^^)/ »

広告

  • google
  • amazon