2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 【歩くメディア】狂わされる日本。NHKを信じるな!現代医療は治さず殺さず金儲け (T_T) | トップページ | 【歩くメディア(歩けていませんが… T_T)】改憲だ、護憲だって言ったって。 »

2013年2月 6日 (水)

【歩くメディア】"日本は敗戦を経ても本質は変わっていない"…(T_T)

4 今日は6日。未明から降り出した雨が、氷の粒に変わり、
今は、昔懐かしい台所の、削り立てのカツブシのような雪がふわふわと落ちている。
雪国のように、降り積もるかな?

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:
ここからは、いつもの妄想・・・(-_-)

この国は、小沢さんが27才の初当選時に語っているとおり、

"日本は敗戦を経ても本質は変わっていない"・・・。
 *←ここクリック

欧米のグローバル勢力にこじ開けられた、江戸期の日本。
"明治維新"を達成した1%の既得権が、それ以来、伝統と文化に支えられてきた、あらゆる生活の基盤をバラバラにして、新たな既得権を増殖して行った先が、
311で全てが真逆であった、この"ファンタジー&パロディ狂国日本"なのではないか。

「このままでは、日本の行く末は暗澹たるものになる。こうした弊害を亡くすため、まず官僚政治を打破し、政策決定を政治家の手に取り戻さなければならない。意志無き政治の行き先には国の滅亡しかありません。日本は敗戦を経ても本質は変わっていないのではないか。

若かりし頃の小沢さんの言葉通り、

今、この日本の、行く末は暗澹たるものになっており

国民の目の前で理念無き幼稚で浅はかな政が繰り広げられ、

国の滅亡が見え隠れする有様だ。

これは、グローバル資本と結託した、或いは、かどわかされた明治政府が、この小さな島国に暮らす、慎ましくも大人しい住人を"富国強兵"などと、分不相応な身の程知らずな"発狂した政策"を錦の御旗のように掲げ、大戦へと駆り出していった、約1世紀半前から、変わっていない、否、先の大戦で破滅しデフォルト状態になってもなお、本質が何ら変わらぬどころか、1%の言葉である"新自由主義"という嵐がこの国を新たな滅亡へと向かわせている。

至極、簡単な話かも知れない。
戦争で死ぬのは、慎ましく生きていたかった働き盛りの健康な男たち。
生きる残るのは、女子供、老人と病人、運の良かった男たち。
そして、権力の中枢 = 戦争をレイアウトする顔の見えない官僚たち。

彼らこそ、ずっと明治維新以来、中枢で国民をコントロールし、たとえ、壊滅的な打撃がこの国を襲おうとも、何食わぬ顔をして、生き残り、変わらずこの国の中枢に巣くい、1%の利に適う既得権益を拡げながら、増殖しているのである。

乱暴に言えば、こんなことを小沢さんも思っているのではないか?
(かなり強引な私の妄想なので…(^^;))

何が言いたいかと言えば、
もう311を体験して、流布されている情報が真実の世界とまるで真逆であったと気づいた少なからずの人間が、冷たい目で"文明といわれるモノ"全体を検証する必要があると思う。

政のシステム、イデオロギーなるモノ、科学、錬金術経済、エネルギー、医療、教育システム、アカデミズム・・・

ノーベル賞と言う誠にありがたい賞が出来て、誠にありがたい科学の成果が毎年コンスタントに輩出されていて、1世紀が過ぎた世界が、この地球の有様なのだ。(>_<)

もういい加減、考えを根本から変えないと、あらゆる"輝かしい命"が損なわれるところまで来ている。
そう、思いませんか?

まずは、私たち人間の身体。
この肉体と精神が一体となった自分のカラダ。
既得権益に、弄くられる前に、自分のカラダは自分で見つめる目を取り戻しましょうよ。

1%の権力に、家畜のように管理されるのではなく、自立した自己の考えをしっかり持ち、自分で自分を管理しましょうよ。
そうなれば、膨大な医療費も要らないし、リスクしかないワクチンを打たれることも精神病だと診断され自殺に導く薬を投与されることもないのです。

また、少し長いですけれど、
日本の医療制度を見つめ直す切っ掛けになる、
ブログ"養生法の探究"さんから転載です。

*"養生法の探究"さん、いつもありがとうございます。<(_ _)>
  ここクリック↓
   【フィルター管理】 

「M子さんとの会話シリーズもすでに15回と回を重ねたので新しいカテゴリーを作ったよ!」

「あっ、ホントだ!メイリチントウチュウって読むの?」

「惜しい、メイリチンドウチュウって読んで頂こうかと思ってね。命理を探し求める道中、と、珍答(笑)を連発していくプロセスを暗示しております。なかなかいいでしょ?」

「迷中の悟へ到達しようってことね、せんせい」

「そういうこと。悟中の迷路に迷い込まないようにお目付役をこれからもよろしくお願い申しあげます(笑)」

「先生のお守りはまかせて(笑)さて、ニューカテゴリー創設の記念すべき講義はどんな展開にあいなりますか!」

「そうだねぇ、前回の続きから行こうかね。旅は長いからさ、ノンビリいきましょう!」

「オッケー、それでね先生、鼻スチーム法さ、アタシもやってみたけどまんざらでもないね。後で鼻がスーッとして気持ちよかったわ。ライノウイルスがいなくなったかどうかはわかんないけど、けっこういい感じだよ」

「新しい鼻養生になるかもね。ひとつこれから実践を重ねて完成品までもっていきましょうか。女性誌ブレイクはさておき、えぐい本ブログならではのニッチな養生法にしたいね。それで鼻養生と口養生はとても大事ということが見えてきたね。鼻も口も外気や食物の入り口であり当然のことウイルスや細菌はここから体内に侵入してくるんだから、ワルダイエル咽頭リンパ輪が免疫の関所として鼻と口を守っている。つまり口や鼻からウイルスや細菌が侵入してもまずはその入り口付近でそれらを処理してしまう免疫装置が備えられているんだよね。実に人体ってのはスグレモノだと感心するね。でも意外にワルダイエル咽頭輪の実力は一般に 知られていないんだよ」

「そうね、アタシも知らなかったわ。扁桃腺が風邪になると腫れるってのは子供の頃からの体験でよくわかっているけど。だって子供時代は風邪引いてお医者さんに連れてかれると赤チンみたいなのを扁桃腺に塗られたでしょ、先生も?」

「一 瞬、オエッってなるのね(笑)塗られたよ。まあ扁桃腺が腫れて熱を持つのはひとつには自浄作用が働いている証拠なわけだからそれ自体をテロリストの如く憎 む必要はないよね。腫れてるってのはそこが活性化しているというアカシだろうからね。扁桃腺ってのは白血球造成器官でもあるからね。細菌やウイルスが入り こんだことを扁桃腺に棲まう自然免疫の主役であるマクロファージが察知すると、適応免疫で活躍する免疫細胞のT細胞、B細胞、NK細胞、NKT細胞へとマ クロファージから連絡がいき、身体中の免疫系、造血系が活性化するわけなんだ。その流れの中で扁桃腺は腫れているわけでね。臨戦態勢に入ったという印が扁桃腺の腫れってことだね。これも命の理であり反応であり適応だね

「うん、そうだよね。先生の講義を継続して聞いていたらさ、だいぶ症状 や病気の観方が変わってきたのを実感してる。ようは症状はすべて内外環境へ反応する命の姿なのであり、そこには常に命の理に従うという法則が働いているん だよね。だからやみくもに症状を取り除くのではなく、まず沈思黙考してその命の声を聞きなさい、が先生の主張なんでしょ?」

「ありがたい ね。ひとりでもそういう観方ができる人が出現してくれたのは。まさに私が言いたいことはそこなんだよね。医療者は症状を取り去ることを医療と勘違いしている。それは商売なんだよね。でも果たしてそんな事だけしていていいのかってこと。そんな医療ビジネスだけがはびこるからみんなトンマになっちまった。命の理にまったく頓着しないトンデモな医療がだから栄えてるんだよね」

「結局はさ、みんな自分の身体に聞かないで医者や専門家に頼ろうとするじゃない?それって自分の命に対して失礼だよね。まず自分で考えなくっちゃイケナイ気がするけど」

「ア メリカで1994年に出版された医師のための心得集「ドクターズルール425」という本にはね、『ほとんどの患者は自分が病気になった理由を知っている』 と書かれているんだって。自分の主治医は自分であることは実は心の底ではみんなわかっているんじゃないかな。でも他人に聞いて判断を仰げばラクチンだからさ。結局はみんな病院へ駆け込んでしまうんだろうね。それでもしも治らないと医者のせいにしちまえばいいんだからさ。でもそれは卑怯なんだよね。緊急事態 ならいざ知らず、そうでない場合はやっぱ自問自答して自分で解決すべきことなんだよ。だって自分の命なんだからさ。ウチの常連さんなんかは、みんな身体自治組だよね。自分の身体は自分で守る、という養生の鉄則をよくわかってる。身体を手入れすることが健康でいられる秘訣であるとみんな悟ってる。M子さんは その筆頭(笑)」

「褒め活かし?何も出ないわよ(笑)確かに日本の医療を取り巻く現状はお寒いわね。誰かに判断を依存するんじゃなくて、 自分が望む方法を自分で選択して自己の身心を養生していく。そういう自律思想が日本の医療界には欠落しているわね。知らしむべからず由らしむべし、でメ ディアが知らすことは全部インチキじゃあさ、迷中の迷、どまん中よね」

「まよいの泥沼にはまった現代の医療を救うのはやっぱ養生法の探求しかないっしょ!」

「あっ、軽く自画自賛じゃない、先生?」

「たまにはいいでしょ、こういう気楽な対話も」

「本講義、いささか軽佻でありましたがこれにて?」

「お開きでやんす(笑)」
:・:・:・:・ 転載終了 ・:・:・:・:・

明治維新を経過し、20世紀を通り越して、311で4基の原発が爆ぜ、目が覚めつつある日本。
文明がもたらしてくれた喜ぶべき遺産を、私は、素直にありがたいと思う反面、あまりにも大きな負の遺産に押しつぶされそうである。
本当に、地球人類史の岐路が、まさしく、今であると思う。

           <(_ _)>

(ふぅ〜、重いっす(T_T))
この二人の間に挟まって眠りたいcat
5

« 【歩くメディア】狂わされる日本。NHKを信じるな!現代医療は治さず殺さず金儲け (T_T) | トップページ | 【歩くメディア(歩けていませんが… T_T)】改憲だ、護憲だって言ったって。 »

ペット」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/56709392

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩くメディア】"日本は敗戦を経ても本質は変わっていない"…(T_T):

« 【歩くメディア】狂わされる日本。NHKを信じるな!現代医療は治さず殺さず金儲け (T_T) | トップページ | 【歩くメディア(歩けていませんが… T_T)】改憲だ、護憲だって言ったって。 »

広告

  • google
  • amazon