2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 【歩けないメディア】人事を尽くして天命を待つ | トップページ | 【歩くメディア】どうして、こうなっちゃってるのか?国民よ、考えろ!(偉そうなこと言って<(_ _)>) »

2012年12月17日 (月)

【歩くメディア】選挙が終わって・・・。それでも"3%が気づき、行動を共にすれば、社会は変えられる"(3%ってちょっと骨だけどね…(T_T))

今朝はどんより曇り空。cloud
お天道さまも、日本の国民に落胆しているのだろう。
心が晴れない。

小選挙区制の制度上、自公圧勝、という凄まじい結果になったっという、論評をちらほら見かける。きっと、その通りなのだろう。

政権交代可能にするため導入した制度だったようだが、多くの政党が乱立するような、今回の場合、おぞましい結果を生み出すことが身にしみて分かった。

何でも経験だよね。辛いけど。

さて、大政翼賛会に喜んで参加する国民が大半であることが分かった。
ネットで"国民の生活が第一"に集う小沢派国士支持を続ける国民が、なんと、極小勢力で、超マイノリティーなことか。

でもね、超マイノリティーであろうと、私たちは一人ではない。

諦めたら、奴等の思う壺。

わたしも、もう逃げ出したい気持ちが正直ありますよ。
だって、国民の皆さんは、本当のことを見たくない、聞きたくない、言いたくない、中世からの染みついた、"3種のお猿さん"という気質がこびり付いていますからね。
昔は、そのお猿さんに成り下がることで、命を凌いできたのでしょうけど、もう、そのお猿さんをやっていたんでは、命を凌ぐことは出来ないところまで来ているのに。
まだ、知らぬ、存ぜぬ、を決め込んで、"気づいたらあの世!"っとなるまで、無関心に生きている人の多いこと。でも、いいかげん、やめて貰わなければ・・・。

その為に、"表現"し続けるしかないように思います。

ジェイルに繋がれることになるかもしれない・・・、こんなウルトラ右翼の政権下では。
でも、恐れていてはダメ。
明るく、楽しく、やっていくしかない。

だって、既に狂気の世界、アベコベの"ファンタジー&パロディ狂国日本"に生きているんだから。

もう、笑うしかないところまできているということ。(T_T)

世界を見渡せば、どこの国でも事情は、さして変わらないかも知れない。
宗主国の米帝は、一歩先に、グローバルの嵐が吹き荒れて、もの凄い格差社会に突入しているけど、日本もこの選挙の結果、あっという間に、米帝に追いつき、追い抜きそうだ。

米国人の中にも、もちろん、リベラルで命を大切にしたい人々はいる。
その一人であり歴史学者のG・エドワード・グリフィンさんが、大衆操作の"仕組み"について分かりやすく語ってる。
要は、主権者国民の3%が気づき、行動を共にすれば、社会は変えられるということ。

ここをクリック!→ 集団主義者の陰謀 字幕・翻訳・投稿者のBumnumbun様 そして、この動画を紹介してくださっている"世の中おかしい・・・"さん、ありがとうございます<(_ _)>

32

日本は今でも、独立していない。米帝の占領下にある。
そして、戦争経済を主導する勢力は、そもそも国家という概念などない、国など持たない、ボーダーレスの人間(?)たちが仕掛けているということを念頭に、少し、頭を柔らかくして、耳を傾けてください。

右翼左翼とは、権力者の大衆操作の"仕組み"そのものこの、まだ続いている、ずっと続きそうな"戦後レジーム"の概念こそが、くせモノなのですから・・・。

0:00:19 自己紹介
0:01:12 集団主義思想
0:03:13 右翼左翼の枠組みの真相
0:08:28 ティーパーティー運動
0:13:46 民主党と共和党の同意点
0:17:15 ロン・ポールの旋風
0:20:29 選挙と投票の意義
0:23:49 プロの政治家
0:26:24 右翼と左翼の化かし合い
0:30:52 超裕福家系の政治戦法
0:32:56 脅威・不安解消という落とし穴
0:34:30 免税財団の行っていること
0:37:29 アメリカ政府の仕組みと機能
0:43:07 大統領が独裁的になったのはいつ頃?
0:43:49 ヒラリー・クリントンのビデオ
0:45:43 国民の意識の高まりを支配者は恐れている?
0:47:35 世界統一政府への歩み
0:54:49 自由開放運動の思想と課題
0:59:51 八百長プロレスの政治とマスコミ
1:01:48 グレン・ベック
1:02:47 FOXニュース
1:05:06 憎悪の政治
1:07:57 独占資本家と全体主義の歴史
1:13:22 銀行救済
1:17:37 ティーパーティーの今後
1:19:05 ケムトレイルの映画「一体何を撒いているの?

ということで、3%の国民の掘り起こしに頑張りたいと思います。
これからも、よろしくお願いいたします。

          <(_ _)>

(はぁ〜、疲れますな!think
33



« 【歩けないメディア】人事を尽くして天命を待つ | トップページ | 【歩くメディア】どうして、こうなっちゃってるのか?国民よ、考えろ!(偉そうなこと言って<(_ _)>) »

ペット」カテゴリの記事

主権者国民連合」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/56338080

この記事へのトラックバック一覧です: 【歩くメディア】選挙が終わって・・・。それでも"3%が気づき、行動を共にすれば、社会は変えられる"(3%ってちょっと骨だけどね…(T_T)):

« 【歩けないメディア】人事を尽くして天命を待つ | トップページ | 【歩くメディア】どうして、こうなっちゃってるのか?国民よ、考えろ!(偉そうなこと言って<(_ _)>) »

広告

  • google
  • amazon