2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク2

twitter

Twitter

« 草の根活動。 自ら立ち共に生きる人間社会に生きたい! | トップページ | 豆乳ヨーグルト、おいしいよ! »

2012年10月22日 (月)

ナショナリズムなど幻想! 本当の敵を注意深く直視せよ!

人間世界も20世紀を通り越し、ここまで来ると、おぼろげながら、国家的なるモノの正体が感覚的に分かってくる。

「国」という境界を引いて、人々を区別し、その「国」なる箱に押し込めて、その箱があればこそ、自分の存在があるのだと理解させてきた。

この世に生まれ出てきたところが、たまたまその人間の「国」になるのであって、私にしてみれば、気がついたら、「日本国」という箱に入っていたのである。

学校で日の丸を掲げる、掲げない、愛国か、愛国でない、かと懲りずにいつまでも大人たちが騒いでいる。

ありのままの事実を教えましょうよ、子供たちに。

天皇をイキガミサマとあがめ、こんな小さな島国を「大日本帝国」だなどと国民を騙して、のぼせ上がらせ、中国大陸に駆り出した、戦争マフィアにいいように利用された「大日本帝国」の権力者たち。

どんな事情があろうと、結果、中国や朝鮮半島の人々を巻き込んで、多くの人間の命を犠牲にした、小さな島国「大日本帝国」は、本当に大きい「米帝」に人体実験よろしく原爆を2つも落とされ、壊滅した。

これが、67年前の日本。

そこで、何を学んだの?

世界の人々の大多数は、慎ましくも、争いのない、穏やかな暮らしを望んでいると思う。

祖国とは、自分を育んでくれた両親、近所の人、幼稚園の先生、おばあちゃんやおじさんに纏わる故郷であって、首都の真ん中に慇懃にそびえ立つ霞ヶ関のビルから「日の丸」をちらつかせた国家権力では決して、絶対にないのである。

国がすること。
本来なら、国益=国民の命と財産を護るために、奉仕するパブリックサーバントだということのようだが、実際は、無辜の人々を不幸にすることばかりに勤しんでいる。

これも、孫崎享氏の「戦後史の正体」を読めばわかるのだけれど、「米帝」に尾っぽをふり、
ゴマをすり、国民の命より自分の命を考えて動く、「日の丸」国家権力が、実のところ、「星条旗」国家権力であるということなのだ。

孫崎享著「戦後史の正体」

日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、その本質が見えてこない。元外務省・国際情報局長という日本のインテリジェンス(諜報)部門のトップで、「日本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブーを破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。

目次
はじめに
序章 なぜ「高校生でも読める」戦後史の本を書くのか
第一章 「終戦」から占領へ
第二章 冷戦の始まり
第三章 講和条約と日米安保条約
第四章 保守合同と安保改定
第五章 自民党と経済成長の時代
第六章 冷戦終結と米国の変容
第七章 9・11とイラク戦争後の世界
あとがき

今こそ、この「小さな島国」の住人が、本当のことに気づき、「星条旗」国家権力が作り出す、ナショナリズムなるモノの正体を見極め、冷静に、賢く、しかし、三種の猿には決してなることなく行動する、「慎ましくも、争いのない、穏やかな暮らしを望む」住人を増やしていくときであると思う。

本当の敵は、「星条旗」国家権力に潜んでいる。

無からお金を生み出す詐欺的金融システムを武器に、世界人口の増減をも思うように出来る、1%にも満たない「国を持たない、もとからナショナリズムなどない」人間たち(?)に、世界民の命を弄ばれるのをやめさせなければならない。

ナショナリズムなどないのだから…。
だからといって、グローバルなど、そもそも99%の世界民の言葉にはない。
新自由主義も、1%の人間(?)たちのコトバ。

リージョナルで自ら立ち共に生きる。そのリージョナルが横に繋がっていく世界。

カラフルに染め抜かれたパッチワークのような地球。

そびえ立つランドマークなどいらない。

人間らしい社会を創り直しましょうよ!

       <(_ _)>

またまた、独断と偏見でした… ふぅ

Photo

ポチッとよろしく!

« 草の根活動。 自ら立ち共に生きる人間社会に生きたい! | トップページ | 豆乳ヨーグルト、おいしいよ! »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544985/55948248

この記事へのトラックバック一覧です: ナショナリズムなど幻想! 本当の敵を注意深く直視せよ!:

« 草の根活動。 自ら立ち共に生きる人間社会に生きたい! | トップページ | 豆乳ヨーグルト、おいしいよ! »

広告

  • google
  • amazon